2017年10月23日 (月)

総出で

2425

投票日で台風接近の昨日。
当社は一家で仕事。

長男と二人体制になったのだが。
それでも間に合わなくなってきたので応援を呼ぶ。
いつもは家人だけだが、土曜日曜と次男まで。

取りあえず25日までには大量ロットを何とかしたい。
その後は月末納期や来月早々納品が待っている。

長男が入って2ヶ月。
今月もゆっくり教えようと思っていたものの。
大量ロットが入り、教える時間がなくなった。

これはこれで仕方ないところ。
雑仕事もしっかり覚えて欲しい。

シルクスクリーン印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

合間に特急

2424

大量ロットの不織布バッグとiPhoneケース。
どちらかに専念した方が効率は良いのだが。
袋入れなどの事情により両方を同時進行。

その合間に通常依頼されている件を手掛け。
さらに特急依頼まで。

今週月曜日に問い合わせがあったウェルカムボード。
18日に届く予定が昨日になった。
昼前に届いたアクリル板へ、午後一番に印刷。
そのまま温風乾燥させ、夕方6時には発送。

小さなポーチは来週1300個を手掛ける予定。
その前にサンプルを作って発送。
バッグとiPhoneケースが終わったら直ちに取り掛かる。

その他にも週明け納品希望が数件。
今日も明日も休み無し。

問い合わせは常時お受けしております。
小ロットなら特急依頼も可能。
下記へ連絡を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

20年振り

2402

20年程前は建築サインの印刷で忙しかった。
長男はまだ10代の頃で、ちょくちょく落版をさせていた。

その頃使用していた版は660×760と760×860サイズ。
概ね2週間で30版ほどを、1版500円で落反させたものだ。

その後はバブル崩壊と共に借金を背負い。
その元凶であった建築サインも来なくなる。
息子に頼むまでもないことになってしまった。

落版自体その頃と何も変わっていない。
改めて教えることもなく、すんなり任せる。

話は変わるが、その20年ほど前の嫌な記憶を。
また思い出させるような事が先週あった。

独立して10年ほど経った頃。
当時の仕事は7割ほどを1社から請けていた。

依頼主も下請けという認識だっただろう。
パワハラ的な扱いを受ける事は良くあった。

その頃は嫌でも仕方なく請けるしかない。
そこを蹴ったら最早食っていけないからだ。
なので、絶対にミスは犯すまいという心構えでいた。

そこが倒産し借金を背負い、新たな依頼を求め必死に。
その後の10年は思い出したくないことも多い。

その思い出したくない事の一つに。
頼んでいる側だと偉ぶるパワハラがある。
乱暴な口ぶりや嫌がらせ的な事。

仕事が少ない上に借金を抱える身。
嫌な奴だからと、断る事など出来るはずもない。

我慢しながらも、いつかはこっちから切ってやる。
と、心に誓い、兎に角ミスは起こさないよう心掛けていた。

それから今まで、当社から断ったことは数件ある。
理由は様々だが、共通しているのは概ね。
やはり頼んでいる側が強いという意識だろう。

この前の件は、見積時と注文時の数が違ったこと。
当方の確認ミスで、不足分は直ちに印刷し翌日に納品。
その点、重大な迷惑をかけた訳ではない。

なのに、依頼側の担当は電話でパワハラ的な言動。
面識のない若い担当だが、口振りは随分偉そうだった。

実はそこから直接依頼されていた訳ではない。
当方に依頼した方は、メールなど出来ない環境。
やむを得ず、連絡だけは件の担当と直接やり取りをしていた。

だから、そもそも当方に直接文句を言ってくる筋合いではないのだ。
当方は収まるまで低姿勢でいたが、収まるや直接の依頼者に。
今後その関係者の分は全て断ると伝える。

そうしたら翌日、その担当から謝罪の電話。
しかし、話すまでもないと断り、直ちに電話を切った。

長い話しになっちゃいました。
嫌な依頼主とは、我慢してまで続けないように。
心当たりのある方は努力しましょう。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロット名入れなど問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

息子は休ませるが

2404

息子には土日と祝日は休んで良いと言っている。
小ロットの急ぎなら私が手掛ける。

私は独立してから休日など全く関係なく働いてきた。
おかげで家族関係に問題が生じたこともある。
なので息子には、休みは家族と過ごして欲しい。

この3連休も休んで良いと言っていたが。
土曜日はいつも通り来て。
仕事をするかと言ったらやると言う。

今のところそれほど混んではいない。
今日から取り掛かるつもりでいたのを二人で土曜日に。
私一人の方がやりやすいのは昨日私が。

画像は6種類2色印刷各20枚ほど。
1色目は土曜日息子を早めに帰し、その後で。
2色目は昨日午前中に。

休める時は休んでおけばいい。
休めなくなるほど忙しくなれば。
それはそれで喜んでやることになるだろう。

今週は後半から忙しくなりそうだ。
それでも土日は休ませてあげたいが。
たぶん、やると言うんだろうな。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロット名入れなどお請けしております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

雑用は息子に任せ

2392

サンプルや極小ロットなど急ぎ依頼はいつもある。
息子に教えながら進めるのは時間も掛かる。

早く覚えて欲しい気はあるが、ここは急ぎを優先。
息子には雑用などを任せ、私がささっと手掛ける。

昨日は息子と二人で300枚ずつの米袋印刷を3件。
その合間に1個〜数個という極小ロットを5件。

息子が参加して、まずは雑用から。
開梱から印刷後の検品、包装、そして梱包などなど。

こういう雑用を息子に任せる事になり。
小ロットの急ぎには、更に速く対応出来るようになった。

昨日手掛けた極小ロット5件は全て昨日搬入。
内4件は昨日の昼と夕方に発送。

昼に発送した件など、更に追加が出ると連絡があった。
それと一緒の納品で良いような話しなのだが。

発注書には到着後最短と明記してあるのだから。
それなら最短なんて書かなきゃ良いのに。笑

合間合間に速く速く、所用で出るついでに発送まで。
昨日はちょっと速過ぎたかな。

極小ロットは超速激速納品。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

9月も終わり

今月は前半が少なかった。
おかげで、息子に実践で教えることが出来た。

後半は大分動きが出て、一人ではかなり大変だっただろう。
開梱や梱包などの雑用は息子に任せて私は印刷。
雑用をしてもらえるだけでも作業効率は随分上がる。

今までは家人の都合に合わせなければならず。
自分でしなければならなくなる事はかなりあった。
それを息子が出来るから、印刷出来る時間は多くなる。

速い納品の当社だが、受注が増えるとさすがにそうは行かない。
2週間ほど待たせてしまうことも時折あった。
これから小ロットなら、3日程度での納品は間違いない。

息子が参加する予定は3月だった。
それが勤め先に依頼されて延期。
年内までという話しもあったが、それでは遅い。
何とか9月には参加して欲しい。

当方の計画では。
9月と10月はそれほど忙しくならないと思い。
2ヶ月間でそれなりに慣れ。
11月から増えるだろう受注に対応する。

息子はこの1ヶ月で大分慣れてきた。
数の多いパッド印刷も一人で印刷刷る事が出来。
私は隣で面倒な印刷をする。

来月も続けたらかなり慣れてくるだろう。
後はもっと受注を増やすだけ。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷の名入れ。
小ロットは超速激速納品。
大ロットでも他社より速い納品。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

マディーニ

2341

息子の屋号はマディーニ。

フランス語で丁寧という意味だ。
なんちゃって! 笑

東北では“まで”という言葉がある。
“まで”な仕事とは、心を込めた丁寧な仕事。
漢字にしたら“真手”とでも表すだろうか。

息子には、心を込めた丁寧な仕事をして欲しい。
までな仕事をする、までな人になって欲しい。
そういう願いから“までに”をもじってマディーニとした。

画像はクリアブック裏表紙の内側にロゴ印刷。
自ら印刷したのを検品しながら梱包。

“まで”に検品してます。
私が取り手で、しっかり見ていたのから問題は無い。

はず。笑

まあ、許容範囲を数カ所見つけてましたけど。

マディーニ、今後とも宜しくお願いします。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

後継者だが

2354

息子が入って1ヶ月経った。

息子は後継者だが、シーガルハウスを継がせる訳ではない。
本人の希望ではなく、私がそうさせるのだ。

元々シーガルハウスの名に思い入れなどない。
テキトーに付けた社名なのだ。笑

息子に継がせる気になったのは。

取りあえずこの仕事で食って行けそうだから。
会社員で使われている身よりは良いだろう。
という思いから、やってみるかと誘ったのだ。

ただし。

親が始めた仕事だから。
自分はそれを忠実に継いで行く。

などと考えてほしくはない。

取りあえずこの仕事は継がせるが。
将来の展望は自分で切り開け。
シルク印刷やパッド印刷にこだわるな。

という事で、息子は息子の屋号を持たせる。
最初から自営という事で、仕事に責任を持って欲しい。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

急ぎでやむなく

2352

連休明けの今日納品という案件。

最初の話しではA2サイズの一部にA4程度の印刷。
データは金曜日に渡し、19日の午前に納品。

連休中の仕事になるものの。
当社は休日仕事など当たり前。
何の問題もなく余裕すらある。

ところが。

まず、データが来ない。
日曜日になってA2サイズになると言う。

これはちょっと。

A2サイズは仲間が担当し、当社では行っていない。
出来ないことはないが、その内容次第。

故障した露光機も今は使えるので製版は出来る。
ただ、フィルム出力で連続したパターンでは問題になる。

という事を考えていたら。
半分に分け、A3サイズが2パターンでも良いと言う。
これなら問題は無い。

一応A2サイズの版を用意。
データが届くのを待っていたが、夕方にも届かず。
昨日朝になってやっと作業開始。

データを出力して製版。
普通は30分もあれば十分だが、その前に一仕事。
データはデザイナーが起こしたもので、印刷用には不完全。

それから1時間以上かけて修正。
製版が終わったのは2時間後。

印刷はPP製のフィルムが2枚。
午前中に印刷を終え午後は乾燥。
夕方に発送し、ホッと一息。

A2サイズは仲間が担当します。
基本的に超速は無理がありますが。
どうしても欲しいという場合は相談に応じます。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

8月も終わり

長〜〜い夏休みか。
と言いたくなるような先月から2ヶ月。

仕事は途切れず続いているものの受注量は平均より少ない。
一人ならあくせくせずにゆったりした気分で出来ていただろう。

21日から息子と二人になり、仕事時間は大分短縮されている。
おかげで半日印刷したらもう終わり。
後の半日は片付けなどで、大分すっきりとしてきた。

1年の内でこういう閑な時はあるもの。
今年はずっと忙しくしてきたが、ここにきて閑になった。
二人体制にしていきなり閑か。笑

今までは閑になっても片付けなどあまりしなかった。
やるとしても目に見えるところの掃除ぐらい。
狭い仕事場なのに、結果としては不要なものがいっぱい。

いつか使えるだろうと残してあるのだが。
息子は構わずゴミ袋へ入れる。
それでも不要品はまだまだあるので、断舎利はしばらく続く。

さてと、先月から、定期的に来ているのが来ない。
おそらく、9月は一斉に動くかなと思っている。

一人体制にどっと来られたら、1〜2週間待たせることもあった。
それが二人体制になったから、常に速く出来るだろう。

超速激速納品可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧