2017年10月17日 (火)

また版を

2412

先週からずっと雨が降り続き湿度が高い。
こんな時は版を洗う時に注意が必要だ。

初心者の息子にはまだそんな感覚など分からない。
一応注意はしているだろうけど。
細かい文字の膜が剥がれてしまった。

膜を剥がしたのはこれで2回目。
こういう事は経験を積むしかない。
失敗を経験してこそ上達するものなのだから。

膜が剥がれたので印刷は中止。
細かいメッシュなので塗り置きはしていない。

息子には別な仕事をさせて製版に取り掛かる。
自社で製版出来るから、特急で30分ほど。
また印刷を始め、今度は版も無事。

今後も何度かあるだろう。
まあそれも経験だな。

シルクスクリーン印刷。
小ロットは超速激速納品が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

二度目は滲む

2368

ザラザラした素材に微細な文字を印刷。

ザラザラは細かい穴。
1回目の印刷は綺麗に再現出来るが、2回目からは滲む。

1回目の印刷で落ち切らなかった穴部分のインク。
それが2回目に出てしまうから滲む。
通常の印刷ではどうしようもない。

解決法は常に1回目の状態で刷る。
毎回版を拭くという事ではない。
紙を敷いて空刷りをし、常に1回目の状態で刷る。

完成画像を依頼者様に送ったところ。
ここまで綺麗に出来るとは思っていなかったそうだ。

確かに、1回目の状態で刷るとしても。
綺麗にはっきり刷るのは難しい素材だった。

難しい素材などへの名入れ印刷。
先ずは下記へ問い合わせを。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

慣れてきたかな

2355

スイッチボックスへの印刷は月に3回ほど来る。

1ヶ月前に息子が入り。
この仕事は最初から刷らせている。

昨日は4回目。

やはり同じ仕事を続けると慣れは早い。
ぎこちなさもなくなり、スムーズに刷れるようになった。

スムーズに行けば品質も良くなる。
何度か中断はしたが、刷り直しもスムーズに。

細かな記号は掠れやすい。
そこをしっかり気にしながら進めている。

納得出来ないのは刷り直し。
許容範囲ではあるが、ここは刷り直した方が為になる。

私は最初のセットで少し手伝い。
後は殆ど任せ、時折チェックしただけ。

この仕事は取り手がいても大して速く進まない。
当社は小ロット案件が多く、取り手は居なくても良い。
二人で別々なことを手掛けた方が生産性は上がる。

今はまだ到底出来ないが。
1年後にはそうなりたい。

当社は小ロットから数千ロットまで可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

ロットが多いと

2340_2

クリアブック1500冊へ名入れ依頼。

ブック類は表か裏表紙に印刷が普通。
この件は珍しく裏表紙の内側に印刷だ。

PP素材は失敗しても拭き直しが出来る。
ロット数も多く、初心者の訓練にはピッタリ。

今回はずっと掛かりきりという訳にはいかず。
500冊ずつ3日間で印刷。

それでも、1500回も刷れば大分上手くなってくる。
スキージーの引きや返しの具合などなど。
かなり手際が良くなってきている。

やはり、技術を身につけるには実践だ。
ある程度の量があれば申し分ない。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
名入れは小ロットから大ロットでも。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

貰い物の印刷機

2332

この手刷り印刷機は貰い物。
数年前に貰ったのだが、枠の取り付けなど少々面倒。
なので使わずそのままにしていた。

息子と印刷機のメンテナンスをした際。
これも一緒にメンテナンス。
バキュームは使えないかと思っていたがしっかり動いた。

手刷り印刷機だって買うとそれなりに高い。
バキューム付きなどかなり高額だ。

息子もそれなりに出来るようになれば。
印刷機も2台は必要になる。

使い勝手などとは言っていられない。
使いこなすようにならないと。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷名入れ。
100以下小ロット〜数千ロット可能です。
しかも超速激速納品も可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

A3サイズの印刷

2326

小物ばかり刷らせていたが、少し大きなサイズも。
今後は最大サイズになるであろうA3サイズの看板。

スキージーのゴムがかなり曲がっている。
力が入っているなあ。笑

やはり、インクの乗りはボテ気味。
力を抜き気味にしろと言えば刷れない部分も。
ここは経験を積むしかない。

勿論私だって最初はこんなものだったんだろう。
何度も何度も、出来の悪いのは経験している。

それが綺麗に刷れるようになり。
適切な力加減になっているのだろう。

一つ一つの動作を見ていると面白い。
これからどこまで上手くなってくれるか楽しみだ。

看板類、A3サイズまでは当社で。
A2サイズ以上は仲間が担当しております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

初心者を見て

2325

息子には出来るだけ印刷をさせる。
慣れるには実際の仕事が一番だから。

美術学校などでシルク印刷の経験はある。
などと言う人もいるが、現実の印刷は出来る訳が無い。
それはもう全く違う世界だと言っても良いだろう。

息子も少し慣れてきたが、動きなどは当然ながら初心者。
様々な印刷で、それぞれの印刷時間は1〜2時間程度。

違う案件では刷り方も違う。
注意すべき点もまた様々違ってくる。
取り組む度に違うから、しっかり出来るのはまだまだ先。

今まで私は人に教えた事が殆ど無い。
訪問者にちょっとだけ刷らせてみた事はあるが。
しっかりと指導するなんて初めての事だ。

そこで気がついた事も。

まずは私の刷り方をそのまま教えている。
動きに少々ぎこちなさはあるものの。
スキージーが印刷面を通るのはほぼ同じ。

しかし、仕上がりが微妙に違う。
それはプロ目線でも言われなきゃ判らない程度。

その違いは何か。
スキージーを動かす速度や角度、力の入れ加減。
インクの硬さの変化などだろうと感じている。

ここはもう経験を積むしか無い。
尤も、ただ積むだけでは意味が無く。
その違いを常に意識し続けなくてはならない。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

Tシャツ印刷機

2331

手刷りのTシャツ印刷機を購入したのは6月頃。
直に使えば便利な案件もあったが。
これに慣れるまでの時間は無く、そのうちにと今まで。

今週はやっとセットをしてみた。
3万円で少し釣が来る価格だから、やはり安っぽい。
それでも色々と工夫を凝らせば十分使える。

Tシャツの印刷機ではあるが、Tシャツを刷るつもりは無い。
だから付属の白い木製の台は必要ないだろう。
この台を取り替え、トートバッグなど刷るつもり。

次はこれを置く台座が必要。
高さを調節出来る台座を息子に作らせよう。

トートバッグ印刷、単色のみですが大量ロットも可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

一人で印刷

2321

印刷は刷り手と取り手で二人なら速い。
でも、そうとも言えない場合もある。

この件は50枚という小ロット。
周囲の余白が2㎜のほぼ全面印刷。
取り手からすると非常に取り辛い。
こんな場合、時間は一人で行ってもさほど変わらない。

これは息子に一人で印刷させる。
勿論熟練コーチが指導。

ベタ抜きで細かい文字は滲みやすい。
刷る手はぎこちないから、やはり不良は出る。
コーチは傍で拭き直ししながら指導。
時間はコーチの3倍ぐらい掛かったが、しっかり刷り終えた。

同じ注文は果たしていつ来るか。
常に受注しているなら直ぐ慣れるのだが。

小ロット案件、超速激速納品可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

メンテナンス

2317

この手刷り印刷機を手に入れて25年か。
その間殆どメンテナンスはしていない。
ちょこっと油を差す程度だったな。

息子が入って2週間。
まだそれほど忙しくはない。

印刷を覚えるより、ほぼ毎日掃除と片付け。
丁度良い機会だと、印刷機の手入れをさせる。

息子は機械関係の仕事も経験している。
いざ任せると、私より上手で丁寧だ。

息子は大学へ進まず、社会へ出て20年近く経つ。
それなりの経験はしてきているのだな。

細かい指示などしなくても。
あれ、これ、と言うだけで通じている。

印刷機の他に温風乾燥機とドライラック。
これらも全てメンテナンス。
いつ忙しくなっても大丈夫だ。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットから大ロットの名入れなど。
超速激速納品可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧