2015年1月 4日 (日)

やるほどに

Dsc05539

昨日はサンプル用のボールペンへ箔転写。
金だけでなく色箔も使ってみた。

基本的には簡単な原理で、誰でも手掛けることは出来る。
素人目にはピカピカの箔印刷には見えるだろう。

しかし、プロとして安定した品質を維持するのは難しいようだ。
暫くは研究しながらサンプルを作り、その評価を訊くことにする。

さてと、正月だから気分はゆったりと箔などで遊んでいたが。
今日から遊んではいられない。

決算書が出来てくるし、明日から始める印刷の準備もある。
実質的には今日から仕事開始だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

難しい

Dsc05536

元旦の昨日。
マイボトルを作ろうかと箔プリントで遊ぶ。

プリント法は転写メーカーのやり方。
小さな面積は割と上手く行っているが、大きくなると難しい。

そりゃそうかも知れない。
そのメーカーでは大きな面積にも対応出来る別キットがある。

ただ、その方法とは違うやり方でも出来そうな気がする。
それはまた今度試すことにして、暫くは小物に徹しよう。

今日はボールペンなどに箔プリントをする。
小物グッズを扱っているお客様へのサンプルだ。

※ 箔プリントは研究中で、現段階ではお請けしておりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

2014年も終わり

1231

今年は前半があまり良くなかった。
後半は盛り返し、一年での結果はやや良というところ。

猛烈に忙しいという事は特になく、仲間と無難にこなせた。
欲を言えばもう少しあっても良いかな。

様々なことがあったこの一年。
皆様ありがとうございました。
良い年越しを。

おっとっと。
画像は陶器とグラスに箔プリントです。
昨日、資材担当者が訪ねてきたので一緒にプリントしました。
密着はバッチリです。

グラスは彼にもプレゼントし、これから耐久テストしてもらいます。
マグカップも実際に使用してテストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

転写サンプルも

33
パッド印刷サンプルを納品する際、転写のサンプルも作る。
お客様のロゴ文字全てに色を付ける。

パッド印刷では非現実的。
このような形にこそ転写は向いている。

忙しい中でも、1個や2個ならささっと出来る。
はずだったが、思いの外手間が掛かった。

これは素人目線で見ていないから。
何処までが許容範囲か?
仕事として請ける場合は、効率も考慮しなければならない。
3回ほどやり直し、何とか見せられるサンプルが完成。

確かに、素人でも起業できる可能性はある。
が、それを続けられるかは極めて難しいかも。

当社の場合、技術面は経験していく内に向上するはず。
そして顧客層から見ても、受注の可能性は高い。

と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

暇がない

530
日曜日に工房へ遊びに来た長男。
グッズに娘の名前を転写して喜んでいる。
いずれ自分の仕事になるだろう。

-----------------------------------------------------

いつも月初めは忙しくないもの。
今月は転写のサンプルを作り、お客様に配るつもりでいた。
だが、転写のセットを購入してからずっと忙しい。

購入してから驚いたが、転写なら最適というような相談が多い。
以前からもあったはずなのだが、あまり覚えていない。
おそらく、それは無理と流していたからだろう。

シルク印刷でも、パッド印刷でも、インクジェットでも不可能な領域。
不可能ではないが、現実的ではないという領域。
その領域はまた、求める方も大方無理と考えているだろう。

そこに、こんなのが出来るんだ!
と、言わせるようなサンプルを届けてあげたいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

身近な機器に

1
転写をしてみようという気になったのはFさんの紹介。
実はこのFさん、紹介してくれたのに、自分では試した事がない。
そこで一緒に、当社のラミネータに名入れを実演。

2
このような曲面の位置に、まずシルク印刷はダメ。
パッド印刷なら可能だが、固定や多色刷りは現実的ではない。
ダイレクトプリントも、こんなのが入る機種があるか。

という事で、このような機器に名入れは転写が理想的。
24時間後に爪で引っ掻いても概ね問題なし。

概ねというのは、故意に強く引っ掻くとさすがに欠ける。
が、相当の力で引っ掻いた結果だ。
現実的にはこれしか方法がないから、これで十分だろう。

今ある転写セットで自信を持てるのはアクリル製品。
ABS樹脂も問題ないらしいが、まだ試していない。
他の素材はやや難があるというのが現実なようだ。

このラミネータの表面素材は何だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

転写セット

51
今回試した転写のセット。
これにレーザープリンターかカラーコピー機が必要。

販売元はここ
興味のある方は隅から隅までしっかり見ると良い。

様々な種類があるけど、消耗品は一般客に販売しないという。
30万のセットを購入(事前研修も)した方にのみ販売するそうだ。

しかし、良く知らずして30万の投資・・・
当社などかなり利用価値はあるが、いきなり30万は・・・

52
でも、こんな安いセットもあり、これだとアクリルなどに対応。
限られた事しかできないものの、入門者には良い。
この金額なら、遊び感覚でも良いだろうと購入してみたのだ。

ただし、このセットを買ったからと言って、他の消耗品は買えない。
このセットの消耗品しか買えないそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

転写の密着強度は

5221
アクリルなどへの転写を調べてみると、あまりヒットしない。
多くは布とガラスや陶器への転写。

今回当社が行った以外で見たのは水貼り転写。
爪で引っ掻くと傷がつき、やはり強度が問題とあった。

さて、この方法では。
転写後、ドライヤーをあてて引っ掻いてみると。
結構簡単に傷がつく。
この販売メーカー、展示会ではこれで賛同されないらしい。

実は、密着強度が上がるのは24時間後なのだそうだ。
展示会では目の前で転写されたのを判断してしまうか。

さて、当社の24時間後テストでは。
軽く引っ掻いただけでは全く問題なし。
故意に強く引っ掻くと少し剥がれる程度。
何処まで求めるかはそれぞれだが、ノベルティなら問題ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

新しい事も

5211
ボールペンのような曲面にはシルク印刷は出来ない。
パッド印刷の方が適しているが、フルカラーは難しい。
ところが最近は、この分野にもインクジェットが進出しているそうだ。

5212
この印刷はペンの円周180度に印刷されている。

5213
180度ではパッド印刷もインクジェットも不可能。

どんな方法で?
素人でも簡単にできるという転写だ。

10日ほど前に手に入れ、直ぐに試そうとしたが忙しくなった。
昨日、やっと時間が出来たので試してみた結果がこの画像。

パッドもインクジェットも印刷が不可能な例。
取りあえず、身近にあったボールペンにその例を実証。
おそらく、他にも用途はあると思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)