2017年5月30日 (火)

ボトルが決まって

2156

大きめの印刷サイズをテストして可能だった。
そして決定したのは2色100本。

テストは同サイズで1色だったから。
本番は小さめが2種類になった。

印刷自体は小さめの方が良いのだが。
円筒形に2色となればまた厄介。

それでも位置合わせは問題無い。
かっちり正確とは行かないが、見た目は全く問題無い。

このお客様からの納期はいつも余裕がある。
ところが今回は1週間程度。
他の月末納品と、今週末納品もあってかなりしんどい。

今のところトラブルもなく順調。
木曜日ぐらいがピークか。

小ロットパッド印刷お請けしております。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

版が残っていた

2144

ボールペンへのロゴ印刷はリピート。

ここのお客様からはリピートが殆ど無い。
同じ商品ではあっても、印刷内容がいつも違う。
という事でフィルムや版は残しておかない。

ところが今回は珍しくリピートが来た。
しかも、データをかなり修正した代物。

ヤバイ!!!
データは残っているか?
慌てて探したが、そのデータも残っていない。

これは困った。
一度手掛けているとは言え、かなり苦労して修正した。
勿論細かい事は覚えていないし、思い出す事も難しいかも。

版だって残っているはずがない。
と思いつつ一応探してみたら。
何と、印刷機の下にあるではないか。

おかげで印刷はスムーズに終わる。
無かったら数時間もかかるところだった。

元々のデータは細かすぎ。
似て非なる内容に作り替えなければ印刷出来なかった。

因みにデータを修正する事は良くある。
線の太さを変えるのが一番多く、内容自体まで修正する事もある。
ノベルティなど、見た目に判らなければいいのだ。

ノベルティ商品への名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

ボトルに大きめ

2136

ボトルに印刷するのは基本的に回転印刷だろう。

ワンポイントなど小さなサイズは請けていたけど。
大きめのサイズは請けていなかった。

今回はまたメーカーだと間に合わないから。
何とか出来ないかという相談。

ちょっと無理があるサイズだったが。
将来的な事を考えて試してみる事にした。

結果は問題無い。
ただ、少し歪む。

この歪みを極力なくすような技術を求めている。

データをそのまま出力し版を作る。
パッドで印刷しても歪んでいないというように。
研究中。

この件は来月の注文になりそう。
しかも2色で。

パッド印刷の名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

ピックは不揃い

2112

木質のピック。

前回の依頼ではインクが密着しなかった。
たぶん、オイル仕上げが施されていたのだろう。
今回は脱脂したということで引き受けた。

まず先にテストをしてみると密着はバッチリ。
密着は問題無いが、この形が全て不揃い。
おそらく、手作業で作られているのだろう。

左は親指が当たる面で、ロゴはこの面に印刷。
凹み方は微妙に違うようだが、印刷は問題無い。

問題は形の不揃い。
顔に例えたら頰の部分が、幅と膨らみ加減が皆微妙に違う。
アタリはあまり役に立たず眼検討の印。

右の方は人差し指を添える裏の部分。
この彫り込みもまた皆微妙に違う。
なので、これに合わせた治具を作っても意味がない。
両面テープで固定するだけ。

ロットは200個。
印刷は問題無く終了。

ギターのピックにロゴ印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

GWも終わり

2111

2日から印刷はしないと思っていた。
そかし、2日の午後になって数件の依頼が入る。
全て連休明けの納品を希望。

仕方ないですね。
断る事なんて出来ません。

その内の1件はノベルティ商品への名入れサンプルが数点。
今後受注する事になるであろう商品。
これはもう何が何でも最優先で行わなきゃ。

それ等は全て治具が必要で。
中でも1点はパッド印刷でかなり難しい。
治具を作る事で2日。

とは言うものの、連休なので半日は趣味。
実質的には6時間程か。

治具を作っては印刷し。
手直ししてはまた印刷。

他の依頼分は土曜日で終わり。
そして昨日は休日なのに数件の依頼。
結局また、事務仕事は出来なかった。

ノベルティ商品への名入れ印刷は小ロットが可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

曲げアクリル

2069

装飾用のアクリルは曲げ具合が全てバラバラ。
手作業で曲げているから仕方ないのか。

曲げ加工をしているのも職人だろう。
業種が違うのでその辺は良く分からないものの。
同じ職人として思うには、もう少し揃えられないものなのか。

その不揃いにパッド印刷でロゴを印刷する。
当然のことながら、形状によって歪みが違う事になる。

と、印刷する側としてはそんな事を思う。
でも、この辺のところはそれほど気にしていないようだ。
それなりに見えていればいいのだろう。

尤も、歪みがあっても見た目では全く分からない。
そんなロゴだから問題は無いが。
少しの歪みでも分かるようなロゴでは問題だ。
曲げアクリルはその点を要注意。

因みにロットは500個ほど。

パッド印刷小ロット。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

ピアスにロゴ印刷

2026

20㎜のピアスのサイドに10㎜のロゴをパッド印刷。
当社には珍しい1000個を超えるロット。

問題はピアスの固定。
ピンノ位置がきっちりセンターに入っていないのが多い。
取り付け部分が飛び出ているのもあった。

一応治具は作っていたものの。
あまり効果的とは言えなかった。

こういうのは見た目重視。
1㎜位ズレたとしても、ちょっと見では判断出来ない。
工業的な、ピッタリ同じ位置を求めても意味がない。

それよりも滲みなどの方が重要。
ロゴが綺麗に印刷されていなければならない。

パッド印刷の小ロット〜中ロット。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

位置を揃え

1996

メーカーロゴがあるボトルに名入れ印刷。
印刷したサイズはメーカーロゴと同じ25㎜。

印刷も厄介だったが、位置出しも厄介。
やはりメーカーロゴとズレてはみっともない。
ピッタリ同じ位置になるよう工夫する。

今年はこういうボトルに何回か印刷している。
数の割に嵩張るのもまた厄介だがこれは30個と小ロット。
数百個もあったらかなり大変だ。

小ロット名入れ印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

余談

昨日の午前は問い合わせや見積が次々と。
当社は、問い合わせや連絡メールを見れば直ぐに返信する。
おかげで予定した仕事は何も出来ず。

その甲斐あってか、早速決まったのもあれば。
決まれば今月早い時期に納品予定だとか。

4月始まって直ぐに慌ただしさだけは大忙し。
まあ、取らぬ何とかであまり期待してはいない。
半分決まればいいところだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

パッド印刷も多く

2001

今年になってからパッド印刷の依頼が多くなった。
技術的にまだまだ進歩は必要だが。
それでもそれなりに印刷は出来ている。

パッド印刷を手掛けてもうすぐ6年。
全く未知の世界だったが、シルク印刷の経験は役に立つ。
技術を他社から習うこともなく全て試行錯誤。

最初に始めたのはボールペンへの名入れ。
取引先それぞれの社名を入れて宣伝。

その印刷も初めはやはり難しい。
インクの調整や文字の歪みなど。
シルク印刷の合間を見てはあれこれと試す。

今はもう苦労すると言うほどのことはないが。
仕上がりは素人眼に問題無い程度。
印刷屋の目から見れば未だ低レベル。
もっともっと多く手掛けなくては技術も上がらない。

パッド印刷小ロット名入れお請けしてます。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

勘違い

1979

この前サンプルで印刷したアクリル成形品。
なんと裏表を間違えてしまった。

支給素材と一緒に、印刷位置見本まであったのに。
どうした訳か間違えるとは。

当方は毎日のように急ぎの件が来る。
この件も搬入されるや直ちに印刷し即日発送。

この日は他にも数件が急ぎで、それ等は全て同時進行。
勿論仕様書などはしっかり見ているが。
ついうっかりしてしまった訳だ。

それでも完成時には再確認をするのだが。
たまにそれを怠る時があり、この時はやはりそれ。

再確認で間違いを発見。
慌てて刷り直しということは時たまある。
それは殆ど刷り直しが出来る場合。

刷り直しが出来ない場合は。
そういう時はやはり慎重になっていて。
しっかり何度も確認はする。

ミスは極力犯さないように。
と、常々思ってはいるが、完璧という訳にはいかない。

サンプル印刷超速!
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧