2019年9月 3日 (火)

今週はパッド印刷から

4026
  
息子は先週、殆ど選挙関係の小物シルク印刷。
今週はボールペンから始まり、次はギターのピック。
そしてアクセサリー関係が待っている。
  
さらにデータ待ちが1件あり。
こちらは2色でかなり難しい印刷になる。
納期は概ね1〜2週間後。
  
他にも、息子に任せている選挙関連がまだあり。
これも納期は17〜20日頃でかなり余裕はある。
  
とは言え、この他に来る件もあるだろうから。
てきぱきと進めておかなけきゃ。
  
私の方は面倒な印刷が多い。
熱収縮チューブや厳しい掛け合わせの印刷。
そしてサンプル印刷もあるし、当然ながら急ぎも入るだろう。
近所の加工屋さんからは何件か決まっているとの連絡もあった。
  
久々に忙しくなりそうな嬉しい予感。
毎日をしっかり努め、休日もしっかり確保して臨みたい。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

版は残して

3872
  
ボールペンへの名入れ印刷。
 
ノベルティ商品は1回限りが多いけど。
中にはリピートで何度か来る事もある。
例え1回限りであろうと、版は一応保管してある。
  
まあ、版は精々名刺サイズ。
名刺ブックで保管が出来てしまうのだから。
  
画像の件はリピート。
他にも1件同じボールペンでリピート。
  
リピートは版代が出ない。
版は短時間で出来てしまうけど。
やはりそれなりに手間と金は掛かる。
保管しておけばその手間が省け節約にもなる。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

シルク印刷のつもりが

3845
  
時計の裏、電池蓋300個に印刷。
  
現物を確認せず、シルク印刷で版を作っておいた。
いざ印刷と商品を出してみたら、蓋は緩やかな曲面。
  
シルク印刷でも出来ないことはない緩さではあるが。
ここはやはりパッド印刷で行うべき。
息子は他の印刷をしながら版を作る。
  
印刷面は微妙なざらつき。
パッド印刷でしっかり出るかと心配したが。
思った以上に綺麗に印刷出来た。
  
因みに予備は無し。
   
シルク印刷、パット印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

慣れたようで

3800
  
特殊な形をしたバングルにロゴをパット印刷。
  
形は全て不揃い、おまけに凹凸もある。
ロゴはどうしても歪んでしまうことがある。
それをどの程度で良しと判断するか。
  
この案件も何回か手掛け、さすがに息子も慣れてきた様子。
今回は小ロットという事もあって、ささっと終わってしまった。
  
そうそう、悩んでも良くはならないのだから。
これ以上良くはならないと判断して次に行く。
  
月が変わって1週目。
今週はまずまず入っているが、余裕はまだ十分ある。
お待ちしております。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

小ロット名入れを速く

3788
  
フェライトコアという電気系統の器具にロゴ印刷。
電気系統には疎いので良く知らないけど。
当社にとっては熱収縮チューブも似たような物。
  
今回は20個という極小ロット。
何度も手掛けているので難しいことはない。
合間にでもささっと出来るので、届いた日に印刷。
そして翌日には発送。
  
このごろパット印刷だけに専念出来るほどの量はない。
それでもちょこちょこと小ロットは入っているが。
やはり多めのロットが次々と入って欲しいところ。
  
でも、パット印刷が無い時はシルク印刷を。
息子には出来るだけ多く働いて貰いたいから。
最近は少し難しいのも手掛けさせている。
  
パット印刷、シルクスクリーン印刷。
小ロット激速納品が可能です。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

シルク印刷からパット印刷へ

3785
  
ホッチキスへの名入れ印刷。
 
2年半ほど前、このホッチキスへの名入れが大量にあった。
印刷部分は微妙な曲面で、一般的にはシルク印刷で不可。
  
当時は私一人でパット印刷もしていたが、やはりシルク印刷の方が得意。
微妙な曲面であってもシルク印刷で何とかしてしまった。
それ以来、時折入る注文にも全てシルク印刷で対応している。
  
でも、やはりパット印刷の方が適している。
シルク印刷ではデータ内容によって大分苦労があるからだ。
  
そこで慣れてきた息子にパット印刷で任せてみた。
シルク印刷では微妙な曲面に技術と工夫が必要。
だが、パット印刷ではそのような苦労はない。
これからこのホッチキスへはパット印刷で対応する。
  
シルク印刷、パット印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

両面は珍しい

3783_1
  
ボールペンは随分名入れしているが、両面は滅多にない。
ロットは1000本で当社としては多い。
  
先週はボールペンへの名入れ見積が数件。
1件はほぼ決まりのようだが他は微妙。
何しろ10本とか20本という極小ロット。
安くしているつもりだが、多分ダメだろうな。
  
他にパット印刷でデザインが決まらないのがある。
やっと決まりそうになったら2色で非常に細かい文字。
どんなに頑張ろうと当社では無理だし、他社だって請けてくれるか?
それでも先方のデザイナーは拘っていると言う。
  
おまけに商品が変わって凹み部分に印刷だと言う。
それはもう尚更無理になり、ほぼお手上げ状態。
まあ、出来ないものは出来ないからしょうがない。
  
パット印刷、問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

ペンも急ぎ

3779
  
1000本のペンへで両面への名入れ印刷をしているところに。
急ぎで別のペン250本へ名入れ。
ちょうど片面が終わったところにそのペンが入荷。
  
この件はリピートで版は残してある。
直ちに印刷して問題無く終わる。
パット印刷担当の息子もスムーズに進めば楽しそう。
  
先週末からパット印刷の問い合わせが数件。
4月も5月も、確か無かったと思うから少し驚き。
まあ、同じような案件が続くのは度々あること。
  
シルク印刷では熱収縮チューブへの名入れ印刷が3件連続で入ってきた。
チューブなんてのは続くものじゃないんだけどね。
  
パット印刷お急ぎ便可能です。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

ボールペン1000本

3775
  
先月のパット印刷は依頼が少なくしかも小ロット。
1000本は専門業者なら小ロットだろうけど。
当社では大ロットの方で、しかも今回は軸の両面に印刷。
  
小ロットを数多く手掛けるのも良いけど。
やはりある程度纏まってある方が望ましい。
  
とは言っても。
数など関係なくじゃんじゃん来て欲しいものだ。
  
シルクスクリーン印刷、パット印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

補正に手間取る

3742
 
球体商品へ3列の文字を名入れ。
  
1行ならデータを補正しなくても歪まずに印刷出来る。
でも平行の3列では何処かに歪みが出てしまう。
  
補正は印刷しながら変えていく。
今回は5回ほど版を作った。
  
同じ商品ばかり手掛けているなら、それなりの補正値はあるだろう。
当社は毎回違う商品を扱っているから補正値など残していない。
まあ、基本としてある程度の補正値は覚えておくけど。
  
以前はピンポン球に良く名入れしていた。
最近は球体への名入れがあまりなくて、息子も初めてだったようだ。
これはこれで良い勉強になっただろう。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

より以前の記事一覧