2018年4月 6日 (金)

激速に対応

2788

先月末、かなりの量を納品したマグネット。
その時も急ぎで頭出しに対応した。

今回もまた小量を先に欲しいとの事。
マグネットの入荷は昼近く、引き取りは5時の予定。

昼食を後にして取りあえずの分を印刷。
そして温風乾燥4時間半。
問題無く引き渡し。

当社はこういう激速納品を普通に行っている。
さすがに突然持ち込まれては対応出来ないこともあるが。
事前に予定しておけば十分対応できる。

ただし、小ロットに限ります。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

一言添えて欲しい

2679

この前納めた駐車場看板。
なんと、内容が変わっていた。

この看板は定期的に注文が来る。
その度にデータは添付されてくる。
数種類あるので一応確認用に添付されたものだ。

今回も添付されていたが。
メールの文言に内容変更は記されていなかった。
なのでいつも通り印刷して納品。

納品後、担当者からデータを確認して欲しいと電話が来た。
話すと、添付データのタイトルには改定と記してあると言う。
確かにそう記されてある。

インクジェット出力ならその都度送られたデータで行うだろう。
シルク印刷は版を保管し、それでリピートを印刷する。
毎回版を作る訳ではないのだから。

メールの文言には看板のタイトルが記されていた。
当方はそれでデータを見ること無しに取り掛かったという事。
その後上司と話し、それなりに再印刷する事で解決。

担当者は若そうで、世間的なことをあまり知らないようだ。
上司からも色々と言われただろう。
反省もしているようだし、将来は笑い話になるよう成長して欲しい。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
名入れの相談・問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

看板受注は縮小

2596

数年前から請けている駐車場看板。
4色印刷で、重ね部分は失敗出来ない。

一応予備はあるが、面倒なところは私。
息子には拭き直しが出来る簡単な部分を。

300㎜×600㎜でロットは100枚。
屋外用だからMS8で印刷。

当社では今、大きなサイズを請けていない。
請けているのは300㎜×450㎜程度まで。
それ以上は仲間を紹介している。

少し前、古くからのお客様から問い合わせがあった。
450㎜×900㎜で広いベタがあると言う。

今、製版機は使えているので製版は出来る。
今月はそれほど忙しくない。
電話で話ながら少し迷ったが、結局断らせていただいた。

2年位前からこの方針で新規は請けていない。
ここで請けてしまうと、また依頼されることは考えられる。
お客様はこういう大きなサイズの看板が多いからだ。

因みに仲間へ頼む事も出来るのだが。
このサイズの素材を送るとか何とかの予算はないだろう。

小物名入れは率先して請けております。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

忙しくないのに

2280

A3サイズの看板2種類各100枚2色印刷。

1色目が終わったのが夕方4時過ぎ。
5時とか6時に帰るなら、2色目を終わらせるのは無理。

今はそれほど忙しくない。
納期は5日後で、翌日に印刷しても全く問題無い。

なのに。
ついつい2色目に手を掛けてしまう。

乾燥は送風で3時間ほどあれば2色目が出来る。
きっちり積み重ねるとくっつくことがあるので。
1枚ずつ抜いては印刷してまたそこに置く。

貧乏性もあるが、1日で出来るものなら終わらせたい。
7時過ぎには2種類各100枚が完了。

看板関係はA3サイズまでお請けしております。
それ以上のサイズは仲間が担当します。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

角Rは自分で

1988

集合住宅向けの安否確認マグネット。

急ぎの依頼だったが、肝心のマグネットが間に合わない。
角をRに抜いた状態で仕入れると時間が掛かるそうだ。

そこでお客様は自らRを加工するとのこと。
単に切っただけのマグネットを当社へ支給。

速い場合は1日でも印刷出来る当社だが。
さすがに両面を1日では無理がある。

マグネットが届く日にまず片面印刷を予定し。
翌日にまた片面を印刷して乾燥し、3日目には発送。

予備は1枚もなかったが。
お客様は失敗しないで切れたのか。

このようなマグネットは使われない方が望ましい。
忘れた頃にやってくる大地震。

そろそろまた・・・
用心しても仕方ないことなのだが。
心構えだけでも。

両面マグネット印刷、小ロット対応可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

新規の看板は

1724

当社ではA3サイズまでお請けしております。
それ以上は仲間が請けますので当社へ問い合わせを。

この前はA2より少し大きいサイズの問い合わせがあった。
それなら仲間にというところだが、ロットが1000枚で急ぎ。

仲間の仕事場は狭く、ドライラックは2台しかない。
これでは仲間も請けられない。
残念ではあるがお断りせざるを得ないところ。

当社では、A1サイズでも印刷出来る環境はある。
しかし、今後の需要など考慮した上で。
大きなサイズは請けないと決めている。

今後は小物への名入れを主流にと望んでいる。
今はA3まで請けていても、将来的にはそれも止めるだろう。

看板や大きなサイズは仲間が請けます。
が、小ロットに限ります。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

まとめたら

1625

アルミ複合板へ黄色・緑・黒の3色印刷。
屋外看板なのでインクはMS8。

発注は2週間前で、納期は発注した日になっていた。
書き間違えだろうけど、2週間経っても音沙汰無い。
いつもは急ぎが殆どなのに。

注文は10枚。
定期的にあるのだが、注文数はいつも少ない。

30枚とか50枚ぐらいまとめたらどうかといつも言うが。
出なくなるかも知れないとのこと。

そんな事を言いながらもう数年。
年に3〜4回ぐらいと続いている。

アルミ複合板への印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

早く納品

1543

4色印刷の看板200枚。

4色ではあるが、細かい部分もあり4工程では無理がある。
きっちり印刷するには7工程で印刷する。
看板なので、そこまでする必要もないのだが。

請けた時は連休後の納品になると伝えてある。
もっと早く望まれていたが、少し余裕を持つのは必要だ。

今回は他にトラブルもなく。
特急依頼も想定より少なかった。
先に延ばせる件は先にして、早く納品することが出来る。

今朝は一番に梱包。
間もなく引き取りに来られる予定。

多色刷りの問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

持ち上げられ

8867

アルミ複合板の看板は3色印刷っで12枚。
450㎜×600㎜の真ん中に100㎜程の幅。
3色の看板印刷ではあるが、手間はさほど掛からない。

納期は明後日だったが、一昨日に急ぎで欲しいと言ってきた。
今日納品するには昨日印刷しなければならない。
月末納期の分でいっぱいのなのに。

当然ダメと断ったのだが。
あれこれと当方の技術を持ち上げて話す。
御社の技術に勝る業者はない。
と、他社でも言っているとかなんとか。

こういう事は素直に受けないのだが。
自分らの都合話よりはマシ。
しょうがねーなーと言いながら承諾。

昨日、さらにもう1件急ぎが入る。
帰りは少々遅くなったが月末納品分は全て完了。

やれやれと、ここで一息ホッとするところだが。
次は月曜発送分が控えている。

お急ぎ希望の小ロットシルク印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

一人タイムトライアル

8742

このマグネット印刷を請けてから10年、いや15年は経つか。
年に何度か1000枚ロットで請けていた。

今回は2年振りぐらいの受注。
版は前回印刷直後に破れ、そのまま作らず。
データは既に無く、ポジフィルムを探すのに一苦労した。

この印刷単価は極めて安い。
請けた時は仕事が少なくて困っていた時期。

この単価で請けてくれるなら他業者から当社へ。
という事で引き受けた経緯がある。
その時を思えば文句も言えない。笑

しかし、単価も安く面白くない仕事。
1000枚も刷り続けるのだから気が乗らない。
出来るだけ早く終わらせようと、一人だけで刷り時間を競う。

同業者の皆さんは1時間どれほど印刷してるでしょうか。

今回は1000枚印刷3時間。
途中でインクを足したり、ラックの交換などあるから。
実質2時間半で印刷しただろう。

1時間400枚は昔使用した半自動印刷機並の数だが。
半自動機は差し手と取り手が居る。
一人でこの数は半自動機以上なのだ。

などと一人ほくそ笑むのだが。
最近の半自動機は進化しているのだろうか。

ロット数の多い案件も可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧