2019年6月 7日 (金)

チューブが続く

3778
  
熱収縮チューブが連続3件。
月一ペースのリピートが2件と新規が1件。
  
リピートはどちらも先月の依頼が無かった。
やっと正常に戻ってきたのか単なる巡り合わせなのか。
  
新規は問い合わせからチューブの見本を確認。
そのチューブに合わせてデータを作る。
問い合わせから10日程で最初の納品。
  
熱収縮チューブは個別で使用するサイズが30〜50㎜が多い。
入れ数などを考慮して200㎜〜250㎜に裁断して貰う。
概ね100本のロットで印刷色も替えられる。
  
6月になって1週間。
それほど忙しくはないがそれなりに受注はあった。
まだまだ忙しくなって欲しいところ。
  
シルクスクリーン印刷、パット印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

今日でも良いのに

3691
      
土曜日は一日孫と遊ぶ。
日曜日は趣味の菜園を手掛けるつもりだったが気が乗らない。
仕事が忙しくないとやる気も出て来ないものなのだ。
   
で、急ぐ事もないのについ仕事。
これもまた熱収縮チューブの新規案件。
この件はかなり難しく、取りあえず試し印刷でもしてみるか。
と、手を掛けたら全部印刷してしまった。
     
今日からロットの多い件を始める予定だったが延びている。
他の件も入っているが17日から。
昨日は日曜なのに注文が入ったのも17日に届く。
大分遅いけど17日からはかなり忙しくなりそうだ。
   
GWも依頼があれば営業します。
問い合わせは下記へ。
   
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

問い合わせは多いけど

3689
   
熱収縮チューブにサンプル印刷。
   
問い合わせはちょくちょくある。
でも、それだけというのが多い。
   
今回の依頼者様とは話が進みサンプルを作る事になった。
チューブは割と平らな方だけど巻き癖が酷い。
これはこれでやり辛い面もあるが、丸いよりはマシ。
   
忙しい時のサンプル制作は正直面倒に思う事もある。
しかし、こういう事を素早くしておくのが営業というもの。
   
前日の夕方にデータを確認し、チューブに入れる内容を提案。
そして版を作り、翌日には印刷。
   
熱収縮チューブへのロゴ印刷。
問い合わせは下記へ。
   
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

手間取って

3563
 
この熱収縮チューブはシルクスクリーン印刷。
 
丸みのある熱収縮チューブは毎回何かしらあり。
スムーズに終わったことがない。
 
他の丸いタイプに比べたらまだ良い方。
それでも、なかなか簡単にはいかない。
 
今回は捻れが多い。
その捻れが原因だろうと思われる滲み。
 
素人眼には言われなきゃ判らない程度だけど。
これが気になってやり直してしまう。
 
幸いにもチューブは溶剤に強く。
拭き直してまた刷れる。
 
これが拭き直し出来ない素材なら。
最初から手を出していない。
 
熱収縮チューブへの名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

パッドも忙しく

3561
 
4,7㎜Φの熱収縮チューブにロゴ印刷。
シルク印刷では到底無理で、これにはパッド印刷。
 
急ぎの依頼メールが入り。
取りあえず急ぐ分を昨日急遽印刷し、夕方には発送。
残りは今日印刷し、明日発送。
 
パッド印刷は他に妙な形へのサンプル。
超有名キャラクターの印刷など。
色々と急ぎで入っている。
 
依頼は週末に来るのが多い。
今日明日はどんな依頼が来るか楽しみだ。
 
パッド印刷の名入れ。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

細いチューブに

3162
 
Φ4,5㎜のチューブにロゴ印刷。
 
細いチューブも色々手掛けるようになってきた。
シルク印刷では到底無理でパッド印刷の出番。
 
担当の息子は最初の頃手間取っていたが。
最近は慣れてきている。
 
それでもそれなりに色々とコツがあり。
ささっとは終わらず、割と手間が掛かる。
 
だからと言ってそれを単価に上乗せは出来ない。
チューブ1個あたり、それなりの単価にしないと。
 
ならばもっと長くしたいところだが。
パッド印刷ではそれほど長くも出来ない。
今のところ60㎜〜70㎜が一番やりやすい。
 
熱収縮チューブへのロゴ印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

チューブはポツポツと

2996
 
熱収縮チューブの問い合わせは月に2件ぐらい。
成約は5割くらいで、決まる率は割と高い。
 
先月から今月は少し多く、3件が成約し。
2件は成約する見込み。
 
画像の件は200本を新規受注。
同じデータでチューブの太さが2種類。
 
200㎜のチューブにロゴを4個印刷。
50㎜にカットして使用するそうだ。 
 
熱収縮チューブにロゴ印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

これも細いチューブ

2963
 
Φ6㎜の丸いチューブ。
 
こちらは200㎜。
50㎜で使用するチューブが4個入っている。
 
この太さならシルク印刷で出来る。
特殊な道具(と言ってるだけだが)を使い。
こんな丸いチューブでもシルク印刷では可能だ。
 
この件は新規の問い合わせ。
実際に見て貰おうとサンプルを作る。
 
非常に細かい文字や柄の入るロゴだったが。
データをシルク用に調整して版を作る。
 
結果は非常に喜んでいただき。
近々量産の依頼が来る予定。
 
サンプルを見たいというお客様。
使用するチューブを送って下さい。
無料で印刷します。
 
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

極細チューブにも

2967
 
Φ3.2㎜の熱収縮チューブ。
 
シルク印刷では出来る訳がない。
ここはパッド印刷の出番。
 
画像は60㎜にカットされたチューブ。
個別では20㎜のチューブにロゴは10㎜程。
 
もっと長くすれば良いと思われるだろうが。
実際に印刷するなら、この程度がやりやすい。
 
依頼は黒チューブに金・銀・白の印刷。
合計300本ほど。
 
熱収縮チューブへのロゴ印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

丸みがきつい

2922
 
熱収縮チューブへのロゴ印刷。
 
やや平らなチューブはそれほど難しくない。
しかし、今回はばらつきが多い。
殆ど円形というチューブもあり、太さも一定していない。
 
かなりやりにくい上に受注は200本。
これなら100本でも多いけど、そこは何とかしなきゃ。
いつもより時間は掛かったが何とか終わる。
 
今月は何故か熱収縮チューブが多い。
サンプル提出もあるし、問い合わせ中もある。
全国からもっと来て欲しいものだが。
 
熱収縮チューブへの名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧