2021年9月15日 (水)

10年ぶりぐらいか

6084
  
また依頼が来てビックリ。
  
10年ほど前はちょくちょく依頼があった。
同じようなアルミ製品だったかなという記憶はあるが。
資料はとっくに処分してあるので分からない。
  
その後はこの仕事が途絶えていたのか。
そうとは考えにくいな。
別業者に頼んでいたかもしれないけど。
それは依頼者様の都合だからどうでも良い事。
  
見積額はその時と同じだと思うけど。
返答した2日後には届いた。
  
この製品には向きがあって、間違えないよう一工夫。
下部の一部が非対称なのでそれを利用する。
反対だときっちり嵌まらないように。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

サイズは違うが

6046
  
印刷するロゴは同じ。
右下からの基準で位置も同じ。
一度のセットで、2枚連続して印刷できる。
  
右下からの位置がそれぞれ違えば2枚は別物。
それぞれ別にセットするので2件の印刷になる。
2枚連続で印刷できる方が大分割安。
  
そんな事は印刷業者なら当たり前だが。
一般の方には分からない。
依頼者様はそれを知って得した気分と言っていた。笑
  
さて、昨日と今朝は色々と依頼が入ってきた。
ほぼ決定しているという見積りも数件。
さらに衆議院選挙の件も進行できるようになり。
今月はかなり忙しくなりそうだ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

こういうのが増えてくれたら

5958
  
粉体塗装の筐体へ印刷するのはかなり面倒。
おまけに文字が細かく色数も多い。
直方体ではない台形のサイド面にも印刷する。
さらにロットが少なく、通常5個~10個で多くても30個。
  
1工程毎に軽く焼き付けしながら進めるのだが。
1種類だけの注文では待ち時間ができる。
その間は違う仕事も同時進行するがその間が結構合わない。
  
それが2種類だと1工程ずつ交互に行う。
形は同じなら治具も同じで位置合わせが楽。
共通の色もあったりするのでテンポが良い。
  
極小ロットで工程が多く、面倒ではあるが好みの仕事。
でも、この商品がヒットして大量受注なんて事になれば。
あまり好みじゃなくなるかもな。
いや、それでもそうなってほしいところ。  
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

好みの作業

5794
  
筐体に新規のデザインが2種類各5個の依頼。
  
天面が2色と4色、サイド面は共通で2色。
赤色は乾燥を挟んだ2回刷りなので、6工程と7工程。
  
急いで欲しい要望に月末でもある。
普通に印刷して丸1日は掛かるのだが、ここは即日発送にしたい。  
  
朝データが届き、それからデータを色分けして製版。
共通部分を入れると10工程と、新規の調色2色の印刷開始。
  
各色を刷るごとに軽く熱をかけて乾燥、合間に色づくり。
夕方の集荷に間に合わせるため、昼休みもなく作業し続ける。
おかげで3時には完成し、4時の集荷に間に合う。
  
大変な作業ではあるが、こういうのがまた自分好み。
やり終えた気分がまたたまらないが。
やはり疲れを感じるようになったな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

360度の回転印刷

5791
  
依頼されている製品にはグルリと印刷されている。
そこで同じような直径9㎜のアルミパイプに試し印刷。
  
真ん中の隙間は2㎜、左から刷り始めて右側が終点。
終点は2㎜の隙間に止めるのが難しいところ。
パイプの直径から計算して始点と終点の位置出し。
平行もピタリと決まって思わず笑いがこみ上げる。
  
印刷部分は計算すると335度。
まあ、360度の回転印刷と言って良いだろう。
現実では180度ぐらいまで出来れば十分かな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年5月24日 (月)

まだこれは

5730
  
今月は仕事が少ないので印刷は息子任せ。
私は営業とデータの処理や製版、雑用など。
印刷の出番は難しい依頼の時。
  
このアルミ筐体は難しい。
サイド面は台形なので直角ではない。
表面は粉体塗装と言うのかザラつきがある。
  
そこにかなり細かい文字や厳しい掛け合わせ。
きれいに仕上げるには経験が物を言う。
  
依頼は5個。
天面が4色、サイドが2面で2色。
低音で焼き付けながら6工程を半日で仕上げる。
  
今月は実質今週のみ。
ノベルティがやや動き出した感はあるものの。
他の動きはまだ今一つ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

作り直したほうが

5404
  
20年近く前から手掛けているスイッチボックス。
データを作ったのはIllustratorを始めたばかりの頃。
そのデータが見つからない。
  
ポジフィルムはずっと保管してある。
版を作り直す時はそのポジフィルムを使用していた。
  
データは少し修正したい部分がある。
修正しようと思いつつもずいぶん長いこと経っているが。
暇が出来てきたのでやっと手掛けることにした。
  
かなり時間は掛かったけど元データが見つかった。
ただし、それはそのまま使えない。
元データから何度か微調整しているからだ。
  
それを調べて微調整したけど。
探すのから微調整までの時間と手間。
これなら最初から作らせたほうが良かったな。笑
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

また鏡

5607
  
先月依頼のあった鏡の印刷。
出来が良かったと新たに注文が入った。
  
印刷は何ら問題ないが、依頼者様は素人さん。
データなどでちょっと時間が掛かってしまう。
  
それでも同じような内容で二度目だから割とすんなり。
鏡にはSG740で密着する。
  
タブレットスタンドは先週中に印刷が終わり。
ブリスターに戻す作業も今日で終わる。
明日発送で予定より1日早い。
  
先週末はあまり受注がなかった。
今週もそれほど忙しくはないかな。
それでも息子が毎日取り掛かる分はある。
  
私の方はこんな時だから版を纏めておこうかな。
ちょくちょく来る件を同じ版に入れておけば便利だから。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

納品したらまた

5578
  
久し振りに依頼が来たスイッチパネル。
いつも来ればすぐに手掛ける。
今回も届いた日に印刷して翌日朝には納品。
  
と、その日の午後にまた入ってきた。
同じ形だが塗装が違うだけ。
塗装屋の都合で少し遅くなっているらしい。
  
同じ版で同じ色。
翌日に来ると分かっていれば延ばしたのに。
同じことは今まで何回もあるなあ。
  
さて、今日から4月だが今のところ予定は少ない。
印刷は息子に任せ、事務仕事でもするか。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

小ロットでも

5594
  
この前ロット数が少ないと書いた筐体への印刷。
今回も30個だが3種類ある。
  
3種類とも両サイド面が共通の印刷なので。
両サイド面は90個のロットと同じ。
これはだいぶ手間が省ける。
  
月末納品はこれが最後。
今日は天面に1色と2色で4工程印刷し。
焼付を施して夕方には発送する。
  
当地は桜がほぼ満開。
コロナの感染者は1週間以上出ていない。
  
桜は出かけた時に車から見る程度。
コロナ感染者は出ていなくてもしっかり用心する。
でもなんとなく気分は良い。
  
今朝は少し遅くなったが今日もしっかり頑張ろう。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧