2019年7月12日 (金)

焼き付け直ぐに包装

3842
  
アルミ製のスプーン200本にロゴ印刷。
  
特に急いでいる訳でもないけど。
印刷しながら3回に分けて焼き付け。
印刷後は直ぐに包装してしまった。
  
今週は少し量の多い2色印刷を予定していた。
でもその件は25日過ぎでも十分間に合う。
空いている時に手掛けるつもりでいたが。
なんやかやと毎日ちょこちょこ入って来るのを優先。
  
今週も忙しいほどじゃなかったけど、それなりの仕事はあった。
明日からの3連休は無理してすることもない。
もし、今日急ぎなど入ってきたら連休中に行うが。
天気も良く無さそうだし、事務仕事ぐらいしようかと思っている。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

偶然発見

3843
  
音響製品のプレート。
  
製版用にデータを変換していたところ。
一部分で文字のズレを発見。
  
このような仕様は以前から手掛けているので良く分かる。
+は穴を開ける目印で、文字はその回りに均等に並ぶ。
  
その文字列が一部ズレていたのを偶然見つけた。
これは本当に偶然で、いつも見つけられることなどあり得ない。
 
何故見つけられたかというと。
ポジフィルム出力で、K100%だけでは黒味が足りない。
K100%M100%に変換する必要がある。
  
このデータは複雑の作られていて。
1回の操作では変換出来ず、何工程もあって面倒。
  
そこで共通の部分はコピペする。
その過程でズレに気付いたのだ。
  
依頼者様に報告すると。
全く気が付かなかったと驚かれていた。
  
ついでだから次回よりK100%M100%でとお願いする。
そうなると気が付くこともなくなるけど。笑
  
音響製品のパネル印刷。
1枚でもお請けしております。
  
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

承認は遅くても

3811
  
盾になる真鍮板に印刷。
  
これは日曜日に印刷するつもりでいた案件。
内容の一部が変更になり、データの承認を待っていた。
  
まあ、日曜日であるし、相手先の都合もあることだろう。
OKが出たのは私が帰った後。
なので昨日朝一番に取り掛かる。
  
版も塗ってあることで、1時間後には印刷が完了。
それからオーブンで焼き付け夕方に発送。
  
因みに盾の依頼者は二人の大物俳優。
プライベートでのゴルフコンペらしい。
  
金属類へのシルク印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

オーブンは活躍

3770
  
特殊な装置だという製品。
その筐体の3面に印刷は5工程ある。
  
毎回10個〜30個という小ロットで、1色ごとの印刷時間は短い。
むしろ印刷時間よりセットアップの方で時間が掛かる。
  
その間に70〜80度で15分ほどオーブンに入れる。
こうすることで乾燥の待ち時間が無く、続けて印刷出来る。
  
さすがに工程も多いので即日という訳にはいかない事もある。
それでも2〜3日中に予定を組んで一気に仕上げ発送する。
  
このオーブンでは間に合わない。
などという大ロットを待っている。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

オーブンで激速納品

3767
   
小物で1点だけのリピート注文は良くある。
版は保管してるのでいつでも取り掛かることが出来る。
  
例え、大ロットの印刷中でも別な印刷機で。
私の他に息子も出来るので、数日かかるなどあり得ない。
数日どころか基本的には即日発送。
たまたま用事があったり、届くのが遅い場合は翌日発送。
  
また、1点だけでなく。
小ロットなら普通にこういう対応をしている。
  
それに役立っているのがコンベクションオーブン。
そのまま入るのは良いけど、中にはちょっと大きいのもある。
そんな場合は半分ずつ入れることもある。
  
もう大サイズの看板など請けていないから。
大抵はこのオーブンで何とかなっている。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

急ぎは終わり

3734
  
昨日届いた筐体30個。
何度も手掛けているから慣れたもの。
 
まず天面を印刷し、オーブン70度で乾燥30分。
その間に版を洗い側面をセットし、次の印刷物を確認したり。
そうしている間に乾燥が済み、側面を印刷して夕方に即日発送。
その後、急ぎになったバッグを1件印刷して今週の予定は終わり。
  
週末に依頼が入ることは結構ある。
木曜金曜と入っては来たけど小ロットが数件。
筐体以外は特に急ぐ必要もないので来週中。
  
次の予定はかなりの難題。
納品指定は27日で、3日前から取り掛かることが出来る状態。
時間は十分あるので、なかなか取り掛かる気が起きない。
でもあまり先延ばしにも出来ないから次は取り掛かる。
   
面倒な件は土日に一人で取り掛かるのが良い。
一人で仕事をするのは苦にならない。
むしろ、今でも一人の方が気が楽なんだけど。
  
でも、そうしていると長男は休んでも気に掛かるだろう。
全く気に掛けないようじゃ人間としてどうかとも思うし。笑
親子だから気を使わずに、などとは言っていられないよなあ。  
 
今日は荷物も届く予定。
午前中は荷物を待ちながら版を準備し。
月曜はしっかり気を入れて取り掛かろう。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

リピートの急ぎ

3703
  
定期的に来る制御盤。
今週は5回ほどに分けて入る予定。
  
先ずは月曜日に第一弾が60個。
搬入が夕方だったので昨日の昼前に印刷。
昼休み中に熱乾燥をして午後に納品。
  
GW前は入ってもリピート物件だろうと思っていた。
やはり、この制御盤やカード類など。
いずれも小ロットながら多種類ある。
  
特に忙しくなるほどではないけど。
それなりの仕事にはなっている。
   
今月はずっと仕事量が少なかったが。
やっと先週からいつものような仕事量になった。
  
それなのに10連休か。
困ったもんだねぇ。。。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
お急ぎの相談は下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

毎日直ぐ出来る

3683
   
今週は動きが少なく、入れば直ぐに取り掛かる。
入ってくるのは小ロットばかりだから。
一日どころか1時間という事もある。
   
画像の件は筐体の3面に印刷。
表は4色、両側面にそれぞれ1色。
   
5個と極小ロットだが。
さすがに1時間という訳にはいかない。
   
1色ごとに乾燥させながら、その間に別件を印刷。
いつもならそういうやり方だが、合間にやることがない。
資料の整理とか片付けとか、適当な用を足すとかしながら。
小一日掛かるところでも半日で出来てしまう。
   
他にも入るのは多くて100程度。
1〜2時間もあれば終わってしまう。
   
昨日はノベルティの問い合わせが2件。
急ぎで出来るかとの質問で、令和に改元した関連なのか。
でも、あちこち聞いているように受け取れる文面。
たぶん、来ないだろうという予想95%。笑
   
ノベルティなど小ロットのお急ぎ案件。
問い合わせは下記へ。
   
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

効率良く

Imgp3621
 
今週は小ロットの急ぎが次々と来ている。
こんな時はいかに効率よく進めるかだ。
 
急ぎとは言え、大抵2〜3日の余裕はある。
全て納期順で行ったら結構無駄な時間が出来る。
 
例えば同じ色とか、同じサイズの版とか。
段取りが速くできるような件を纏める。
 
画像はアルミ製品で、印刷後に熱処理を施す。
納品日は一日違うけど、同じ日に印刷した方が良い。
 
今日は大ロットの発送。
次は1000枚3色や、4色600枚が来週納品だ。
それを今週から手掛けるつもりでいたが。
今日も出来ずに明日からになる。
 
週末も土曜日は出た方が良さそうだ。
日曜日は休むつもり。
 
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

白く

3538
 
アルミ塗装板に製品名と社名を印刷。
依頼は1枚のみ。
 
白を濃く印刷するには2回刷るという手もある。
1回刷ってから手で触っても大丈夫な程度まで乾燥。
そしてその上にもう1回刷る。
 
この場合はその間に版を動かせないこと。
同じ版に違う件も入れておけば出来ないことはないが。
ズレる事もあるからお奨めはしない。
 
と言うより、乾燥の時間は大したことない。
ドライヤーでささっと温風をあてるだけでも良い。
 
ただ、あまり熱くすると板が膨張し。
印刷が微妙に合わなくなるから注意。
しっかり冷めてからにしよう。
 
また、コンクタイプの白を使う手もある。
ただ、コンクは仕上がりが粉っぽい。
長期間ではホコリなどで変色しやすいと思う。
なので当社ではあまり使わない。
 
金属銘板への印刷。
問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧