2018年4月16日 (月)

位置は自在

2812

先月に請けたラミネートバッグへの名入れ。
今回は同じ依頼者から大きめのバッグへ。

名入れは袋の横へ縦に印刷。
メーカーではこのような位置に請けてくれない。
大概は真ん中辺りと決まっている。

もし請けてくれるとしても。
かなり高額になるのではないか。

指定の色はDIC85。
OP22、レモンイエローとオレンジで調色。

前回と同じ色だが、インクは少ししか残らなかったので捨てた。
調色は簡単だが、また来ても良いように保管。
でも、こうすると来ないんだよな。笑

ロットは100枚。
通常1週間程度の納品。
お急ぎにはしっかり対応しております。

ラミネートバッグ類の小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

不織布バッグも増えつつ

2805

不織布の印刷は積極的に請けていなかった。
一人でも勿論印刷は出来るのだが。
割と多いロットの問い合わせが多かったから。

それが二人体制になったので積極的に営業。
今はまだそれほど多くはないが、それなりに受注している。

版のメッシュは120。
それまでは殆ど使ったことがない粗さ。

乳剤の塗りもいつも通りだと少し厚め。
露光時間も最初は掴めなかった。

それも何度かこなす内に慣れてくるものだ。
黒地に白印刷もきっちりと白が出る。

今回のロットは100枚が2種類。
そして200枚が1種類。
不織布バッグではかなり少ないロットだろう。

不織布バッグへの印刷。
小ロットが可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

同じ袋でも

2780

2㎏の米袋200枚に両面印刷。

画像は表側だが、先に裏面を印刷する。
表より裏の方が失敗は少ないのだが。
今回は最初から滲みが出た。

何が原因か探ると、今回の袋は少し膨らみがある。
いつもの袋ではこういう膨らみが気になったことはない。

そこでちょっと裏技を。
それからは滲みもなくスムーズに。

因みに依頼から3日後発送。

米袋の小ロット印刷特急納品可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

ラミネートバッグに印刷

Imgp2761_2

白のラミネートバッグ100枚。

印刷位置は横端15㎜と下から20㎜で縦長。
メーカーに、こういう位置に頼んでも請けてくれない。
可能な位置は真ん中なのだから。

この印刷も、Tシャツ用印刷機なら適している。
と、印刷経験者なら普通に思うだろう。

いやいやこれが実はそうでもなかった。
正確な位置決めがかなり面倒なのだ。

ロットが1000ともなれば適しているだろうが。
100枚位なら今まで通りの方が断然速い。

それはそうと。
メーカーからすると変則的な位置。
当社は様々な位置に印刷した経験がある。

端から端まで印刷した事もある。
紐と紐の間とか、マチの中に印刷した事もある。
当然単価は高くなるが、一般では出来ないことが出来る。

ただ、端から端までとかマチの中へは、今は請けていない。
どうしてもという場合は相談にのるが。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

やっと使う

Imgp2762

Tシャツ用の印刷機はバッグなどの為に買っておいた。
買ったのは確か昨年の5月頃だったか。
その内その内と思っていたのだが、随分時間が経っている。

その間にもトートバッグや紙袋の依頼は何件もあった。
それでも使わなかったのは、今まで通りで出来たから。

それがやっと都合の良い印刷依頼が来た。
ここで使わねばもう使う事はないかも。笑

この印刷機は、いつも使用しているのとは勝手が違う。
製版にも入れる位置など考えなきゃ行けない。

元々Tシャツ印刷用に作られているのだから。
違う目的で使うのだから色々工夫もしなきゃならない。

あれこれしながらも2時間ほどで使えるようにセット。
いざ使えばそれなりに使える。
何でも使い方次第だな。

紙袋、トートバッグ、米袋などへ小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

一人で確認しながら

2761

3合用米袋へ印刷。
ロットは2種類各300枚で、二人で手掛けると速い。

でもここは一人で刷って貰う。
刷った袋をその度毎に確認しながら印刷する。
仕上がりの微妙な違いを見分け、刷り方など工夫出来る。

二人だと単に刷るだけなので。
刷り方などによる違いなど解らないから。

とは言っても直ぐには解るはずもない。
何度も何度も経験を重ねていかねば。

米袋への小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

米袋印刷を特急で

2706

急ぎで欲しいと言う米袋は両面印刷200枚を2種類。

一般的な米袋印刷は表面のみ。
印刷の翌日には発送出来る。
両面の場合は乾燥を完全にする為、片面1日で2日掛ける。

一昨日に裏面を印刷し、昨日は表面。
そして今日発送する。
依頼者様は迅速な対応に喜んでおられる。

さて、米袋は他の印刷とちょっと違う刷り方。
普通の印刷では滲みが出やすいから。

特にこの袋の場合。
マチで盛り上がった部分に細かい文字が入る。
そこを綺麗に刷る為にはちょっとしたコツがある。

普通に刷る時でも様々なコツなどあり。
息子はそれぞれ会得する事など直ぐには出来ない。

この袋もかなり手間取ってはいた。
それでも失敗はせずに200枚を刷り上げた。

米袋へ小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

米袋が続く

2689

10㎏用米袋へロゴ印刷。
ロットは100枚。

本来は一度に300枚位請けるのが適当な数。
でも依頼者側は小ロットの方が都合が良いだろう。

それを踏まえ、100枚でも200枚でも300枚時の単価で請ける。
逆に1000枚、2000枚の時はさすがに下げるが。
そんな大量ロットは滅多にない。笑

この米袋を納品後、直ぐに別件の依頼。
こっちは表と裏の両面印刷で、5㎏用10㎏用が各200枚。

来週早々に手掛けるつもりだったが、急いで欲しいと言う。
他の件を調整し、昨日は裏側を印刷。
今日は表側を印刷して明日発送する予定。

先週は新規の取引で当社を訪問された方が居た。
小ロットを請ける業者を随分探されたそうだ。
年に何回か、小ロットずつになるがお願いすると言う。

来週はアモーレの米袋を印刷予定。
さらに袋を長期間預かっている件もあり。
それがそろそろお願いすると言ってきた。

年度末3月の始まり。
今月はどんな動きになるか。
去年と同じぐらいあっても、二人なら楽々出来るだろう。

間に合わないようになったら。
是非当社へ相談を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

傘袋へロゴ印刷

2612

傘への印刷は一部のお客様以外請けていない。
撥水加工され、それに対するインクを持っていない。
おまけに広げて乾燥させるので、広い場所が必要だから。

SG740でもそれなりに密着はする。
しかし、強く揉めばインク層は崩れる。

傘袋も同じ素材で撥水加工はされているだろう。
でも、わざわざ強く揉むような人は居るのだろうか。
ノベルティということもあり、傘袋への印刷なら請けている。

この袋は少し高価な傘なのか。
袋は二枚重ねで固定が難しい。

それなりの治具を作れば良いのだが。
たまに来る小ロット案件ばかりだから。
わざわざ作る事もなく、経験と技術で手掛けてしまう。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
当社は様々な商品へ名入れを行っております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

そのまま

2620

不織布のトートバッグに印刷。
100枚ずつ違う色で200枚ロット。

バッグや袋への印刷は中に板を入れて印刷する。
殆どは入れて刷るが、入れずに刷ることもある。

皺のない綺麗なバッグで、印刷サイズが小さく。
マチに掛からない位置なら大抵可能だ。

ただ、バキュームで吸っているとは言え。
しっかりと台に固定される訳はない。

バキュームは動きにくくしているだけのこと。
刷れば版にべったりとくっついてしまう。

それを何とか工夫し、板を出し入れする手間を省く。
印刷時間と労力は全然違ってくるのだから。

どういう方法で?
それはまたその内に。

不織布バッグへの名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧