2018年2月15日 (木)

傘袋へロゴ印刷

2612

傘への印刷は一部のお客様以外請けていない。
撥水加工され、それに対するインクを持っていない。
おまけに広げて乾燥させるので、広い場所が必要だから。

SG740でもそれなりに密着はする。
しかし、強く揉めばインク層は崩れる。

傘袋も同じ素材で撥水加工はされているだろう。
でも、わざわざ強く揉むような人は居るのだろうか。
ノベルティということもあり、傘袋への印刷なら請けている。

この袋は少し高価な傘なのか。
袋は二枚重ねで固定が難しい。

それなりの治具を作れば良いのだが。
たまに来る小ロット案件ばかりだから。
わざわざ作る事もなく、経験と技術で手掛けてしまう。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
当社は様々な商品へ名入れを行っております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

そのまま

2620

不織布のトートバッグに印刷。
100枚ずつ違う色で200枚ロット。

バッグや袋への印刷は中に板を入れて印刷する。
殆どは入れて刷るが、入れずに刷ることもある。

皺のない綺麗なバッグで、印刷サイズが小さく。
マチに掛からない位置なら大抵可能だ。

ただ、バキュームで吸っているとは言え。
しっかりと台に固定される訳はない。

バキュームは動きにくくしているだけのこと。
刷れば版にべったりとくっついてしまう。

それを何とか工夫し、板を出し入れする手間を省く。
印刷時間と労力は全然違ってくるのだから。

どういう方法で?
それはまたその内に。

不織布バッグへの名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

細かすぎる文字は

2594

新規依頼の米袋印刷。

暮れの問い合わせからバタバタと決まり。
休み中にも印刷出来るところだったが。
データの担当者が休みに入って年明けに。

2㎏の袋、クラフト紙と白の2種類各100枚。
表は違うが裏は共通。

裏の文字は非常に細かい。
それでも白の紙にはしっかり印刷出来る。

だが、クラフト紙の表面はザラザラ。
さすがに文字は潰れ気味になってしまう。

残念なところだが、これはもう仕方ない。
それなりに判別できるから。
それで良しとして貰わなくては。

当社としては少し不満足ではあるが。
依頼者様は綺麗に仕上がっていると言っていた。

近々また依頼があるという事。
お待ちしております。

米袋への小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

凸面に細かい文字

2534_2

市販の米袋は、マチの端があたる表面は膨らんでいる。
シルクスクリーン印刷ではここを避けて刷るのが一般的。
それでも縦線なら滲まずに刷る事が出来る。

問題は細かい文字や横線など。
シルクスクリーン印刷に関わっている者なら。
殆どが滲んで当たり前と言うだろう。

でも当社はそこを何とかしてしまう。
画像のホームページとメールのアドレスの部分だ。

完成品の米袋へ印刷するのは難しい。
綺麗にとなれば更に難しく。
出来る印刷業者は極めて少ないようだ。

今年は例年より多くの方から問い合わせを頂いた。
今月もまた数件あって、取引出来そうな感じ。

問い合わせてくる方は良く言います。
小ロットを請ける印刷業者を探すのに苦労したと。

おそらくこれからも独自の米袋は需要があるだろう。
独自の販売を企画する農家は増えるだろうから。

米袋、100枚単位の小ロット印刷が可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

米袋にQRコード

2527

米袋に細かい文字を印刷するのは難しい。
滲んで潰れる事も多いからだ。

それなのにQRコードまで印刷とは。
おまけにかなり小さく、この件では9㎜。

しっかり読み取れるのか懸念したものの。
抜き取り検査では全く問題無し。

この米袋はQRコードだけでなく。
デザインそのものもかなりの細かさ。
おそらく数年前だったら上手く刷れなかったかも。

この依頼者様からは今回が初めて。
先月にサンプルを提出し、一部手直しして本番。

袋は300枚ずつ預かっているが。
取りあえず、1㎏・2㎏・5㎏・10㎏を各100枚の両面印刷。
残りは次回の注文まで当社で保管。

米袋小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

在庫切れの遅れで

2481

2合用の米袋500枚へ両面印刷。

注文があったのは2週間ほど前。
数日で袋は届く予定だったが届かない。
なんとメーカーで在庫切れの為1週間ほど遅れるとか。

依頼者様は少しでも早く欲しいと言う。
もちろん、当社はいつでも可能な限り応える。

そして届いたのは金曜日。
金曜日に届くと連絡はあったので予定しておいた。
先ずは裏面を印刷し、温風乾燥。

翌日は表面の印刷。
土曜は休みの息子にも出て貰い午前中に印刷。
そして昨日は私も休みだが、梱包発送のみ行う。

超速激速納品依頼可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

予備が多いと

2474

農業法人山燕庵様から、1㎏の米袋300枚に印刷依頼。

息子には米袋の印刷を早く慣れて貰いたい。
失敗出来ない素材なので、予備分は当社で購入。
安心して印刷出来るようにしている。

やはりその安心感が良い印刷になる。
今回のロット300枚で印刷の失敗は無い。

なのに、取り手の私がお粗末で2枚の失敗。
取り手は慣れていない仕事ですから。笑

週末にはまた別件の米袋印刷がある。
注文は先週からあったが、袋はメーカーで在庫切れ。
それが金曜か土曜に入る。

当然急がれているので、入ったら直ちに印刷。
急がれているので土日に印刷する事になるだろう。
両面なので土曜日曜と印刷になるかも。

米袋小ロット印刷。
いつも急ぎで納品しております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

不織布バッグに2色印刷

2464

不織布バッグを本格的に手掛けて2件目。
今度は2色という依頼。

Tシャツ印刷機なら一度セットしたら数色もズレ無く刷れる。
対して当社の印刷機では1色ずつしか刷れない。

この手のバッグはしっかり出来ていない事が多い。
1色目と2色目でズレが発生する確率は高い。

そこを何とかするのが技術。
それなりの手筈を考えていたが。
支給されたバッグは以外にしっかりした作り。

これなら殆どズレる心配はない。
2色どころか何色でも可能だ。

不織布、紙バッグへの小ロット名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

こちらも新規の米袋

Imgp2454

米袋としては奇抜なデザイン。
お見せ出来ないのがとても残念。

この件の依頼は先月。
選挙とスーパー台風が通り過ぎた翌日の事。

依頼者様はある米業者に頼んでいたそうだ。
その米業者はスーパー台風で浸水。
米袋印刷の手配など出来る状態ではなくなった。

そこで必死に探され当ブログにたどり着いた。
そういう事情を電話で聞き、もう安心して良いと伝える。

今週は展示会があるとか。
取りあえず小さな袋を200枚。
次は5㎏用を考えているそうだ。

米袋の小ロット印刷。
通常は1週間程度の短納期。
超速激速納品も可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

急いでサンプル

2453_2

販売するのは1月からなのに。
9月から袋は1500枚も搬入されている。

先月にデザインの位置を提案。
そしてそろそろサンプルを作る事にしていた。
すると、今週の商談会に間に合わせたい事になった。

依頼者は新潟県魚沼市の方。
コシヒカリでは超有名。

連休中に印刷して発送。
商談会には十分間に合う。

いっぱい売れますように。

米袋の小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧