« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月30日 (火)

11月も終わり

今月はそれほど忙しくもなく、売上もまずまず。
医療用チューブ以外は安心してできる仕事ばかり。
  
その医療用チューブは強いストレスを感じる印刷だった。
2回手掛けたが、上手く行ったものの喜びを感じない。
当社で出来ることは出来るが将来的にどうなのか。
この話はこの先追々続けて行くだろう。
  
家人が膝の手術で入退院もあった。
その間の大量包装などは発注しないよう頼んでいたが。
それはあまり関係ないようだった。
  
ただ、退院したのに家人が手掛けていた包装が終わる。
あまり歓迎する仕事ではなかったのだが。
手先を使うのでボケ防止には役立つだろうと思っていた。
まあ、また違う仕事が入ってくるだろうけど。
  
季節はもう冬。
朝はグッと冷え込むようになった。
寒暖の差を考えて健康を維持しなくては。
これから大分忙しくなりそうだから。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

基本を教える

Imgp6271
  
先月に当社を訪問されたお客様が今度は現場の方と再訪問。
ゴッコプロで作った版を使い印刷は試していると言う。
  
しかし、なかなか上手く行かないようだ。
やはりシルク印刷を経験していないと上手くは行かないだろう。
そこで、シルク印刷の基本を見てもらう。
  
今回の版は写真のような網点。
網点はプロでも好む人は少ないと思う。
色々と面倒なことが多く、布以外では尚更面倒だ。
  
当社に持ってくる前に試していたと言うが。
持参した水性インクで私が刷ってみると。
ああ、ぜんぜん違うと言う。
  
刷っていたスキージーは柔らかめのアクリル板のような板。
それを使って私が刷るとまあまあ印刷はできる。
だけどそれでは遊び道具の一つでしか無い。
  
専用のゴムスキージーを使うとか。
インクの載せ方とか、版を浮かせる隙間とか。
基本中の基本を見てもらいました。
  
ちなみに画像はゴールドのインクで黒の印刷?
いえいえ、写真を撮るためたまたま置いただけです。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

これはパッド印刷

6242
  
ランタンの側面に名入れ。
  
回転印刷が文字ははっきり濃く印刷できるけど。
両端が僅かに大きいのでそれは出来ない。
回転印刷に慣れてきた息子は残念そう。
  
ランタンと言えばキャンプか災害用。
最近また大地震が来るとかいう話もちらほら。
キャンプには行かないけど災害用に用意しておかなきゃ。
  
当地では富士山の噴火という話もある。
もし噴火したら、当地には数十センチの灰が積もるとか。
逃げるに逃げられないだろうし、備蓄でもしておくか。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

微妙な伸縮

6267
  
小さな米袋へ2色印刷。
白ベタの上に黒で罫線など印刷する。
  
その線の細いこと。
白ベタに被せるのだからそれはそれは大変。
  
200枚の注文なので午前中に白ベタを。
そして午後、黒を印刷しようとしたら。
なんと、袋が縮んで細い罫線からはみ出る部分も。
  
まあ、米袋にありえないような細かいデザイン。
白ベタは黒線の半分で塗り足してあるが。
その線は極めて細く合わせるのはかなり厳しい。
  
なんでまたこんな面倒なのを引き受けたか。
それは以前にもこんな難しいのが出来たから。
それでなんとかなるだろうと思っていたけど。
紙の伸縮という事を忘れていた。
  
それで黒印刷は一旦中止。
再度ドライラックに載せて翌朝下ろす。
昼は暖房で湿度が下がるから、夜間に伸びるように。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月24日 (水)

袋のサイズは色々

6241
  
テープ付きOPP袋とチャック袋。
各100枚ずつ袋のサイズが違う。
印刷も縦があり横があるけど版と印刷色は同じ。
  
版が同じなら袋のサイズは違っても同じ扱い。
7種類あったけど、700枚での単価で請けている。
  
また、版が同じなら印刷色が変わっても同じ単価。
ただし、それぞれ100枚以上の事。
  
先月から今月にかけて袋類がいつもよりちょっと多い。
問い合わせも何件かあったので進展して欲しい。
更には展示会にも出してもらえるし、期待したいところだ。
  
ただ、透明素材というのは印刷後。
ドライラックに載せる時に見えにくい。
さらに温風で動きやすいのが難点。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月22日 (月)

展示会用

6252
  
医療用チューブを問い合わせてきたのはある印刷会社。
同じシルクスクリーン印刷だが主に工業系との事。
  
そのT社様は定期的に展示会へ出店しているそうだ。
それがまた24日からあると言う。
  
それならパイプへの印刷を展示してもらおう。
という事で急遽その社名をパイプに印刷。
  
パイプは近所のホームセンターで購入。
水道用の塩ビパイプとアルミパイプ。
500mmほどに切断して回転印刷。
  
工業系ならパイプ類への印刷に目を留める方が居るかも。
たとえ今直ぐにと探していなくても。
頭の隅にでも覚えていてくれさえしたら。
いずれ印刷を提案して現実になるかも。
  
ついでにチャック袋とOPP袋への印刷も。
もしかすると、少量の製品を入れる袋へ印刷したい。
などと考えてくれる方もいるかも知れない。
  
そうだ、まだあるなあ。
T社様は電気機器のパネルなら扱っているだろうけど。
熱収縮チューブやヒューズなどの関連部品は無いだろう。
それはまた次回に頼むとするか。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

すんなりとは行かず

6249
  
昨日は午後から医療用チューブを手掛けた。
前回で何とかコツを掴んだつもりでいたけど。
またまたすんなり行かず4回目で良い結果。
  
まあ、何でもそうだけど。
経験がない事は1回や2回で身につく訳がない。
何度も手掛けながら少しずつ進歩していくものだ。
  
今回も気付いた事が何点かある。
一つは治具をしっかりした作りにすること。
かなり負荷がかかるので簡易的では壊れそう。
 
もう一つはもう少し研究してからになるかな。
取り敢えずはこれで良しだろうけど。
プロをも唸らせるぐらいな品質にしたい。
  
今日はパイプへのサンプル印刷。
一般に流通するパイプの方がこの印刷では簡単。
回転印刷機では出来ない長さの印刷だ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月18日 (木)

版を張替え

6232
  
ナイロン紗で660mm☓760mmの版は殆ど使っていない。
このまま残しておいてもしょうがない。
最近はしていないが小さな版へ張替えをする。
  
破れた小さい版が運良く2枚ピッタリ入る。
その版の糊を落としてゴム系接着剤を塗り1日放置。
これで6枚の版を張り替えた。
  
以前はもっと大きい版を扱っていたので。
今回の大きなサイズに貼り替えたものだったな。
  
版の一部が破れた場合など。
その版を落版して使える部分を張り替える。
張りは少々弱くなるがそれなりの用途で使う。
  
今日はまた医療用チューブを手掛ける。
本来の使用目的と関係ないところに注文はつけさせない。
ついでに長いパイプへのサンプル印刷も行う。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月17日 (水)

デザイン変更

6230
  
新潟は南魚沼の農家さんから依頼の米袋印刷。
裏面の一部表記が変更になり。
ついでなのか全体のデザインも変更。
  
全ての種類が変更で、版代は幾らかと問われたが。
年間通してかなりの量を請けているから。
版代ぐらいはサービスにしなきゃ。
  
米袋と言えば新規で1件。
それがとても厳しい合わせの2色印刷。
昨日はそのデータを調整し、今日印刷してみる。
残念ながら1回限りみたいだけど。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

これ以上は付き合えない

昨日の続き。
  
これで文句はないだろうと納品したチューブだけど。
まるで美術品の贋作探しのような話になってきた。
  
それはもう、その製品の目的とは関係ないところ。
これまでの印刷と全く同等品を求めているということ。
その同等品というレベルがまるで贋作探しの様相なのだ。
    
あの商品は医療用チューブ。
これまで行っている業者の印刷と全く同じを求めている。
それはもう、驚くべき微妙さの違いで。
商品の目的とは別次元の問題。

と、こうして書いているけどますます腹が立ってきた。
このブログを見ている方に伝えたいことはいっぱいあるけど。
腹が立って話をまとめられない。
  
意味のないことに拘る奴等とは付き合っていられん。
弱りつつある気力とエネルギーは別なことに使おう。
そう決断し、担当者に断りのメールを送ったところまでは昨夜。  
 
今出社してメールボックスを開けたら担当者から。
品質はこの前ので問題ないので、どうかもう少し続けて欲しいと。
  
理解してくれたのなら続けてもいいけど。
本当に理解しているのかなあ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月15日 (月)

やっと会得した

6231
  
直径10mm☓1mのチューブに180度の間隔で2面印刷。
  
試し印刷は既に何度も行っている。
今回は最終テストを兼ねた本番。
  
ポジフィルムと製版は業者に依頼。
やはりフィルムも製版も専門業者は質が高い。
簡易的な設備で作る当社では限界を感じてしまう。
  
そしていざ取り掛かってみると。
課題の細かい部分はさすがに良い仕上がりとなったが。
全体が均一に印刷されない。
 
このチューブは拭き取りが可能だからまだ良い。
失敗する毎に条件を変える事11回目。
  
やっとこれで良しという結果が出た。
その後、今回依頼分6本は全て失敗無し。
  
これを依頼者様が確認するのは今日の午後。
前回指摘された細かい注文には応えられたであろう。
印刷の質はこれ以上上げろと言っても無理。
  
ただ、私的にはまだ80点。
次は0.5mmほどではあるが正確さを確定させること。
更には何度も手掛けていかなきゃ出来ないことだが。
出来るだけ手が掛からないよう工夫すること。
  
と、改善すべき点はいくつかあるが、技術的にはほぼ完成。
ここに至るまで半年近くテストを重ねている。
46年印刷に関わっているが、こんな事は例がない。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

予備は必要なんだよなあ

6178
  
この商品はABS樹脂だと言うが持つと滑りやすい。
100個の印刷注文で届いたのは100個。
印刷のミスより、印刷後の移動でミスが出るかも。
  
と、気をつけてはいたが滑って印刷面に触れてしまった。
ABS樹脂は溶けてしまうので拭き直しが出来ない。
しまったと思ったが、触れた部分は極僅か。
その点は経験で何とか修正。
  
この依頼者様は以前から予備が無い。
まあ、滅多に失敗することなど無かったのだが。
高齢になったことと、息子も手掛けるようになったので。
最近になって予備は必要と口やかましく伝えている。
  
おかげで予備を入れるようになってきたものの。
何も言わないと予備無しで来てしまう。
”シーガルさんは失敗しないから”
と言ってもらってたけどそれはもう過去の話。
  
さて、このところそれほど忙しくない。
土曜と日曜は休んでも良いが難関のチューブ印刷がある。
難しいのは休日に手掛けるのが一番。
上手く行けば半日で済むが果たしてどうか。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月11日 (木)

包装担当は

6226
  
膝の手術で3週間の入院。
手術は無事に終え、今10日過ぎたところ。
後10日ほどリハビリに励んで退院の予定。
  
この3週間は大量の包装を入れないように頼んでいる。
小ロットなどは次男が本業の合間に手掛け。
今のところ追われるような事態にはなっていない。
  
という事で今私は独り者生活。
高齢になり、もはや外へ飲みに行く気も起きないし。
1年半の節酒ですっかり飲めない体になったようだ。
  
料理は以前から作る方なので問題なし。
あれこれ食う方で注文つける人がいないからむしろ楽。
掃除洗濯も真面目にやっている。
  
もし近い将来、独り身になったとしても。
息子らの世話にはならないように生きなきゃ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

蓋は歪

6188
  
PP製の容器は失敗しても拭き直す事が出来る。
だから簡単とも言えるが現実はそうでもない。
こういう製品は真っ平らとは限らないからだ。
  
この容器も最初は順調だったが。
蓋が微妙に凹んでいるのが出てきた。
こういう商品には良くある事。
  
中にはどうしようもないのもあるが。
今回のは微妙な程度で2回目は大丈夫。
ただ、微妙とは言え初心者には難しい。
ちょっとした道具とテクニックが必要だから。
  
さてと、話は変わって。
先月は集計してみると依頼主が偏っていた。
請求書の発行数はいつもの4割だけどそれなりの売上。
  
選挙もあったけどそれだけではない。
他の数社がいつもより大分多かった。
 
逆に言えば6割の顧客はお休みだったわけで。
それが今月になってボチボチと入っている。
いつもこんな風に上手く動けば良いが。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

OPP袋も色々

6219
  
このOPP袋への印刷は年に1〜2度依頼がある。
ロットは毎回300枚と小ロット。
インクはSG740と硬化剤で密着する。
  
ついでにサンプルを作ろうと手持ちのOPP袋に印刷。
ところがその袋に同じインクでも着きがよくない。
  
これまで色々なOPP袋を手掛けてしっかり着いていた。
とは言ってもまだ数種類だから。
他にも着きの悪いのはあるだろう。
  
そこで別のインクもテストをしてみたところ。
PPTと60Aはしっかり着いた。
今後はこっちに変える事にしよう。
  
チャック袋やテープ付きOPP袋への名入れ印刷。
小ロットを率先してお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月 8日 (月)

新手法で受注は3回目

6210
  
回転印刷機を使わない回転シルク印刷。
今回3回目の受注はステンレス製保温カップ。
  
非常に細かい文字と柄があり、330メッシュの版を使用。
これまでの2回は普通の文字サイズなので230メッシュ。
細かいので不安感はあったが問題なく再現。
  
これまでの3回は全て息子に任せている。
1回目と2回目はかなりぎこちなかったが。
今回はかなりスムーズに動いていた。
  
カップは塗装で拭き直しが出来る。
その安心感があったかも知れないけどね。
  
このカップはロット30個。
回転させる治具だけで、特別な仕掛けなどない。
回転印刷機では径のサイズに合わせた治具が必要とか。
この印刷ではサイズが多少変わっても治具は同じ。
  
今週は大分予定が入っている。
土曜日曜と息子は休ませたが、私は仕事の準備など。
仕事半日私用半日が一番合っている。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月 5日 (金)

まだ練習不足だけど

6209
  
直径10mm、長さ1mのチューブに印刷。
既に何度か試し、概ね上手く行っている。
ところが、今度は細かいところに注文を付けてきた。
  
このチューブは今まで何処で印刷していたかというと。
もう数十年(?)手掛けている高齢の職人がいるらしい。
高齢であるから今後を考えると、不安を覚えるのは当然のこと。
そこでこのような印刷が出来る業者を探していたとか。
  
まず話を聞き、その技法に驚いた。
驚きはしたが、なるほどと頷けることも。
こりゃ面白いと試しているうちに。
何と、新商品から当方に頼みたいと言っている。
  
こんな面倒な仕事をいきなり請けるには少々早い。
たとえ1本は上手く行ったとしても量産ではどうか。
自信を持って進めるには、細かい所の解決と練習が必要。
  
この前の日曜日と祝日もあれこれ考えながら試している。
明日と明後日は休みだが治具の手直しをするつもり。
  
新商品は今月中にも当方へ頼みたいらしい。
その前の来週末には最終テストを兼ねて取り組む予定。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

曲者でも単価は安く

6190
  
小さめのアルミ蒸着チャック袋。
これはもうそのままでは平らにならない。
チャック袋類では曲者中の曲者。
  
板を敷いて取り組むのだが。
板の周りはバキューム吸引が必要。
印刷範囲は板の中に収まるサイズ。
  
この印刷デザインはサイズがギリギリ。
もう少し小さいのが望ましい。
  
ロットは当社としてはちょっと多い1000枚。
普通のチャック袋より手間はかかるが単価は同じ。
チャック袋は単価を安くしてお請けしております。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月 2日 (火)

オペークペン

6176
  
という、ポジフィルム修正ペンがあった。
幾らか忘れたけど結構高かった。
ペン先は乾燥しやすく、細かい部分は難しい。
  
それが今は100円ショップで買ったペン。
ちょっと大きなベタはダメだが、ピンホールなどには十分。
便利な世の中になったもんだ。
  
もう昔と呼べるほど以前のこと。
ポジフィルムは自分で現像していた。
その頃は修正が多かったなあ。
  
今はプリンターでの出力。
大きなベタ面ではホコリなどで修正が必要だけど。
文字などは殆ど修正の必要がない。
これもまた便利になったもんだ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

アルミ蒸着袋は難しい

6202
  
アルミ蒸着袋は癖のあるのが多い。
癖は皺で平らにならない事がほとんど。
  
この袋はある程度平らになるので扱いやすい。
でも、袋なので完全な平らにはならない。
  
クラフト紙の袋も完全な平らにはならないが。
それより少しマシなのだが欠点もある。
  
クラフト紙はインクを吸い込むが蒸着袋は吸い込まない。
吸い込まない分滲みやすいのだ。
  
この件は新規案件でまずサンプル印刷。
その時は細かい文字に滲みが発生。
その点はもう仕方ないので説明して了承してもらう。
  
そして本番になったところ。
本番用の袋はサンプルより癖が少ない。
さらに印刷の手間を加えて滲みのない仕上がりに。
コスト的に少し難は出たがいい仕上がりだから満足。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »