« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月30日 (水)

6月も終わり

先月に比べたら今月は忙しかった。
それでも満足する売上には届かず。
  
ただ、随分と間が空いた数社から入ってきた。
可能性の高い見積もりも結構多くあったりして。
何となく良い兆しのように感じる。
それがただの期待感だけでなければ良いのだが。
  
昨日は今日で廃業する加工屋さんへ行ってきた。
コロナ関係のアクリル加工でずっと忙しかったのが。
結果的にそれで躰を悪くしたかも知れない。
仕事は今日で終わり、7月8月で工場を畳むとのこと。
  
私の方は幸いにも息子が後継する。
ただし、独り立ちできるにはまだ数年掛かるだろう。
それまでしっかり躰を維持しなくては。
  
副反応の痛みはほぼ回復。
無理に動かせば痛むところもあるが通常動作は問題なし。
  
でも今日は今月の纏めと請求書の発行などデスクワーク。
印刷は明日から始めよう。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

接種前に

5882
  
今請けている中では一番難しいカーボン製品への印刷。
先週末、久し振りにどっと入ってきた。
  
普通なら月曜から水曜までじっくりと取り掛かり。
引き取りに来られる金曜にはゆうゆう間に合わう。
  
という予定になるのだが。
昨日の月曜は私のワクチン接種日。
  
もし、副反応が出て重い場合のことを考えると。
これだけは息子に任せられないから早く仕上げておきたい。
と、土曜日曜、昨日で全て終わらせておいた。
  
これで一安心と昨日夕方、掛かりつけの医院でワクチン接種。
何の問題もなく接種を終えて帰宅、酒は飲まずに晩御飯。
何の異常もないまま6時間後に寝ようとしたら何となく腕が重い。
そして10時間後の夜間に起きたら肩から腕にかけて動かすと痛み。
  
15時間後の今も肩から腕にかけて動かせば痛いが。
ハンドル操作とパソコンを打つのは痛みを感じない。
発熱や倦怠感は昨夜から感じていないので。
今日は印刷を休んで雑用とデスクワークだな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月28日 (月)

土日は仕事

5878
  
金曜日に久々のカーボン製品が入ってきた。
それが今までにない大量で納期は今週末。
他の件はそれほど多くないので余裕なのだが。
  
実は私、今日の夕方にワクチン接種の予定。
副反応の話を色々聞いているので。
もしものことを考え事前に終わらせておくことにした。
  
この件はまだ息子にさせたことはない。
そろそろと考えていたのだが今回はこんな時。
1週間前に半分でも来ていれば良いのに。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

サンプル印刷

Imgp5872
  
熱収縮チューブへのサンプル印刷。
依頼者様からは既にかなりの種類を頂いている。
いずれも小ロットではあるがちょくちょく注文が来る。
  
そしてまた新規のサンプル依頼。
上手く行けばかなり出るかもと言うからこれは期待。
直ぐに版を作り印刷して発送。
  
このところサンプル印刷が多い。
全て量産になれば万々歳なんだけど。
そうそう上手くは行かないのが世の常。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

これは難しい

Imgp5867
  
昨日は円錐形のカップにテスト印刷。
  
上手く回転するような治具は作ったが。
インクの乗りが悪かったり滲んだり。
残念ながら上手く行かなかった。
  
これは上下の口径の違いが問題なのだろう。
回転はしても上下の動きが違うからか。
簡単には解決しそうもないので一旦中止。
  
購入したカップには既に印刷されている。
その印刷をよく見ると。
  
右の2種類はフルカラーで周りに薄っすら痕のような。
転写の類なのか。
左の白文字は触った感触で回転シルク印刷だろう。
ただ、上部はきれいな印刷だが下部は滲みなど酷い。
  
回転印刷機は良く見たこともないので分からないが。
おそらくこれが難しいところかも知れない。
見積もりした案件が決まっちゃったらパッド印刷だな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

取っ手のあるカップに

5865
  
回転印刷機を使わない手法で円筒形は上手く行った。
次にボールへも試したらこれも上手く行っている。
まだ色々試したいと思っているのだが。
嬉しいことに少し忙しくなってきている。
  
そんなところに取っ手のあるマグカップへの見積もり。
そして円錐形のボトルにも。
まだ見積もり段階だから決まったわけじゃない。
でも、たとえ決まらなくても試しておきたい。
  
まず試したのは取っ手付きのカップ。
見積もりしたようなカップより難しい形しか手に入らず。
これで上手く行けば実際にはもっと簡単になるはず。
今後のためにもこっちのほうが良い。
  
結果はかなり上手く行った。
ただ、本番のカップで取っ手と柄の位置関係が問題になるかも。
その時はパッド印刷でやるけどね。
  
今日は合間を見て円錐形へ試してみる。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月22日 (火)

全部塞ぐか

5852
  
アルポリ看板を息子が印刷。
印刷台のバキューム部分は全部を塞がない。
対して私はどんな印刷物でも几帳面に全部塞ぐ。
  
アルポリやアクリル、塩ビ板など硬い板であれば。
ある程度バキュームで吸わせるだけで良い。
それは解っているのに私は全部塞ぐ。
  
その訳は印刷を始めた40数年前に遡る。
当時は3Mの塩ビシートへの印刷で。
全面ベタ印刷は珍しくなかった。
  
全面ベタ印刷ではシート部分以外は全部塞ぐ。
しっかり台に吸着させないと版にくっつくからだ。
  
その後独立してからアクリルや塩ビ、金属板など。
板状ではあるが反りのあるのが多かった。
その反りを矯正するためにバキュームでしっかり吸わせる。
なので余す所なくしっかり塞ぐのが身についている。
  
そう言えば今はそんな反りのある板など見なくなった。
カッティングシート類も年に数回ほどしか印刷しない。
息子はバキュームを全部塞がないのが普通のやり方なんだな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

大量パッド印刷が終わり

5853
  
パッド印刷は大量のヒューズに1週間費やす。
その後はノベルティのボールペン。
  
さらにまたボールペンがあると言っていたが。
割と多い数だけど校正がまだの様子。
  
パッド印刷は先月から少ない状況が続いていた。
この調子で続いてくれたらと願うところ。
残念ながらそんな都合良くは進まないだろうな。
  
パッド印刷の問い合わせは少ない。
今年に入ってから数件しかなく、成約は確か1件。
今のところヒューズとノベルティがメイン。
もっと様々な商品に名入れは出来るのに。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

これが動かないと

5849
  
ノベルティ商品の不織布バッグ。
  
ノベルティ関係はこれまでにない不調。
この前印刷したのはいつだっけ。
と考えさせられるような間の空き方。
世の中の動きが悪いのだから仕方がない。
  
今月は幸いにもノベルティ以外で毎日仕事があり。
このバッグは500枚ロットで、普通は一日で済ませるが。
急ぎが数件入り、中断中断で3日掛かってしまった。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

半年振り

5836
  
アクセサリー用の小物アクリル。
久し振りだと思ったらなんと半年振り。
チョコチョコとではあるがほぼ毎月あったのに。
  
アクセサリー類は以前何社からか請けていたが。
今はこの依頼者様のみ。
  
様々な形状で平面もあれば曲面もある。
ロットは大抵少なく種類が多い。
  
アクリルはレーザーで抜き周りを磨く。
角が面取りされてかなり丸くなるのだが。
データはそれを考慮せずにピッタリまでというのもある。
そういうのは仕上がった形に合わせてデータを修正する。
  
結構手間が多く小ロットばかりだから。
あまり割が良いわけではないけど。
実はそういうのが好みで、楽しい仕事でもある。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

仕様が変わって

5843
  
塩ビの成形品は今回からサイズが変更。
今までの治具は使えず、新たに作ることになった。
  
これまでは取り敢えず的に作った治具で。
印刷するにも少しテクニックが必要。
息子に任せたらおそらく不良が結構出るだろう。
  
そこでしっかりした治具を作成。
これを使えばそれほど難しくなく印刷できるはず。
今回からこの印刷を任せようと予定していたが。
パッド印刷が入ってきて次回からになった。
  
この依頼を請けるようになって5年経つ。
依頼者様は当社のブログを見て問い合わせ。
  
当時このような製品への印刷例はなかったが。
様々な製品に小ロットで対応するのだから。
こういう製品へも出来るだろうと見込んだのだろう。
  
それまでは別の業者が印刷していた。
それを別業者に依頼しなければならなくなった理由。
それは業者さんと意思疎通が困難になってきたそうで。
高齢で痴呆症が始まったのではないかと言う。
  
近所の加工屋さんは健康上の理由で今月廃業。
夫婦二人だけで後継者はいない。
この製品を印刷していた方も、もう廃業しているんだろうな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

まずまずの流れ

5828
  
動きの悪い中で革しおりはそれなりに入っている。
小ロットが殆どではあるが、月に何度かは依頼がある。
  
納期はいつも余裕があり。
特に急がれることは稀にあるけど大したことはない。
当社としては即日印刷など普通のことだから。
  
昨日は問い合わせや相談事、そして見積り依頼など。
忙しくなるような期待感が湧いて来たところに残念な連絡。
  
近所のアクリル加工屋さんが今月末で廃業するとのこと。
コロナ不況ではなく健康上の問題。
歳は私より少し上で後継者はいない。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

2版を1版で

5830
  
2色印刷のマグネット50枚。
  
2色なら2版に分けて作るところを。
2版作る手間を省き、1版に2色分を入れてしまう。
  
不要な部分をテープで貼る手間はあるが。
版を取り替えず、位置決めは1回で済む。
  
この場合はテープで留めやすいデザインだけど。
2色が全体に散っている場合は2版作ったほうが良い。
  
さてと、定期的にあったのがここしばらく入って来ない。
それが先週末にはバタバタと数件入ってきた。
いつもの動きに戻ってきたと期待したい。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

急ぎには分納を

5837
  
小さなヒューズは昨日入って直ぐパッド印刷が始まった。
10種類ほどあってそれぞれ数が多く、一部は急ぎ。
  
息子は昨日、難しい別件に挑戦するところだったが。
それはまた次回にということで、まずヒューズに取り掛かる。
  
一番先に欲しいというのは昨日で終わっている。
その次に欲しいというのが数種類あり。
全て終わるのは少し時間がかかる。
  
そこで分納はどうかと提案してみた。
今日それを出来る分だけ印刷し、土曜日一緒に発送できる。
それならお願いしますという返事で、今日はその分を印刷。
  
当社は急ぎで取り敢えずの頭出しにも対応している。
大量ロットで一日中ずっと同じことの繰り返しは飽きるから。
生産量は落ちても1~2時間程度で変わるのが気分的に良い。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

本番サイズのテスト

5831
  
内寸1100㎜の版に例のテスト印刷用を製版。
テストするパイプは1000㎜で印刷部分が800㎜。
  
当社では現在こういうサイズを請けていない。
版が残っているのは以前から継続しているのがあるから。
ちょうど余っている部分があったので都合が良い。
  
直径9㎜のパイプに50㎜間隔でグルリと印刷する。
500㎜では上手く行ったが、本番サイズはどうなるか。
治具があれば楽になるが、それを作るには大分時間がかかる。
今回は本番サイズが可能かどうかのテストのみ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

早く来ないかな

5775
  
熱収縮チューブの依頼が200本。
依頼者様からは他にヒューズやワッシャーがある。
毎月どれかはあるのだが、ここ2ヶ月ほどは少しだけ。
  
何処も動きは悪いようで、取引先は皆同じようなもの。
動いたかに見えたノベルティもまだまだの様子。
そう言えば新規の問い合わせも少ないな。
  
チューブの依頼者様に訊いたところ。
今月はヒューズが、来月はワッシャーを予定しているそうだ。
いつもかなりのロットなのだが、今度はどのぐらい来るか。
早く来てほしいと心待ちにしている。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

掛け合わせの基本はトンボ

5798
  
クリップファイルに3色のロゴ印刷。
それぞれの色の位置合わせが難しい。
  
こんな時はそれぞれの色にトンボを付け。
試し刷りの板を数枚用意して取り掛かる。
  
息子はこういうちょっと面倒な作業は未経験。
手順を説明しただけで任せたが。
それでも特に問題もなく完成。
  
そう言えばこんな多色刷りの依頼が少なくなった。
0.1㎜で合わせるような掛け合わせなど。
トンボ合わせが必要なデザインなど年に数えるほど。
  
2色や3色の掛け合わせは良くあるけど。
ほとんどトンボまで入れて合わせる必要はない。
技術が向上しているからと言えなくもないが。
これはちょっと、という難しいのは少なくなったと思う。
  
今回の件でも私自身はトンボなど必要ない。
息子には一応基本を教えてあげたところ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

そろそろ終わりか

5822
  
都議会選挙用のマグネット印刷。
早い依頼は先月からあり、先週末にも数種類入ってきた。
 
A3より少し大きく、当社で今請けている最大サイズ。
これを一日印刷するとなればかなり体力を使う。
私にはもうきつく、精々小ロット1~2件ぐらいだな。
  
このマグネットは全て息子任せ。
乳剤を塗って製版することを最近教えたばかりだが。
塗りが少々経験不足ではあるものの、ほぼ無難に出来ている。
  
夏以降になれば衆議院選挙が必ずある。
今回は都内の分だけど、衆議院選挙は神奈川の分もある。
それはかなり大変な事になるだろう。
  
以前、参議院選挙を請けたことがある。
その時はまだ一人の時なので製版から印刷まで。
あの時はもう、それはそれはかなり大変だったのだが。
  
今度は私が製版を担当し、息子は毎日印刷することになる。
データ制作も当社で行うことになったので。
それほど無理はないかと思うが、その時の日程次第。
急な解散になって欲しくはない。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

回転印刷の量産テスト

Imgp5807
  
円筒形への印刷はパッド印刷機か回転印刷機で。
というのが我々シルク印刷業界では常識であるけれど。
パッド印刷機や回転印刷機を使わずとも回転印刷は出来る。
  
1個ずつ色々テストしたところではほとんど問題なし。
ただ、量産の場合はそれなりの治具が必要。
ということで簡単な治具を作り、刷り方を少し変えて量産テスト。
  
量産と言っても同じボトルがいっぱい余っているわけじゃない。
1個のボトルに溶剤に強いシートを貼り、拭き落としながら繰り返す。
  
一々面倒だけど、この拭き落とす間もまた大事。
休む間もなく連続して刷らなきゃならないようじゃちょっと困る。
小ロット専門ではゆっくり刷っていても問題ない程度が良いから。
  
ついでに色を変えてのテストも行う。
濃色地に対して明色の隠蔽度もテストしてみると。
普通のシルク印刷より濃く出て驚く。
もしかして、回転印刷機よりも濃いのではないかな。
  
この結果は予想以上。
これでまずは円筒形を堂々と請けられる。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

塩ビパイプに目盛り印刷

5805
  
過去に何度かこういう印刷の問い合わせはあった。
  
特別な機械がなくても回転印刷はできるから。
塩ビのパイプに50cmの目盛り印刷をしてみた。
  
結果はまずまずで、普通の印刷に比べたら60点ぐらいだけど。
この塩ビパイプに印刷されてある文字に比べたら300点だ。
ただ、美的な面など求めないだろうから実用的には問題ないだろう。
  
ここまでは何の治具も使わないで印刷している。
治具を工夫し、刷り方も少し変えたらもっと良くなるはず。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

好みの作業

5794
  
筐体に新規のデザインが2種類各5個の依頼。
  
天面が2色と4色、サイド面は共通で2色。
赤色は乾燥を挟んだ2回刷りなので、6工程と7工程。
  
急いで欲しい要望に月末でもある。
普通に印刷して丸1日は掛かるのだが、ここは即日発送にしたい。  
  
朝データが届き、それからデータを色分けして製版。
共通部分を入れると10工程と、新規の調色2色の印刷開始。
  
各色を刷るごとに軽く熱をかけて乾燥、合間に色づくり。
夕方の集荷に間に合わせるため、昼休みもなく作業し続ける。
おかげで3時には完成し、4時の集荷に間に合う。
  
大変な作業ではあるが、こういうのがまた自分好み。
やり終えた気分がまたたまらないが。
やはり疲れを感じるようになったな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

360度の回転印刷

5791
  
依頼されている製品にはグルリと印刷されている。
そこで同じような直径9㎜のアルミパイプに試し印刷。
  
真ん中の隙間は2㎜、左から刷り始めて右側が終点。
終点は2㎜の隙間に止めるのが難しいところ。
パイプの直径から計算して始点と終点の位置出し。
平行もピタリと決まって思わず笑いがこみ上げる。
  
印刷部分は計算すると335度。
まあ、360度の回転印刷と言って良いだろう。
現実では180度ぐらいまで出来れば十分かな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »