« 白で印刷したが | トップページ | 塩ビのチャック袋なら »

2020年4月22日 (水)

始めたきっかけ

4611
  
確か以前にも書いた事があるけど。
こんな丸いチューブに印刷なんて。
印刷屋なら誰でも断って当たり前。
  
何年前になる事だろうか。
オーディオパネルの印刷を請けた時。
チューブにも印刷出来ないかと問われた。
  
物は試しにとやってみたが、勿論直ぐには出来なかった。
きっちり平らに出来ないのだから滲みが出て当然。
それでも暫く工夫して行く内に何とか出来る用になった。
  
それをブログに載せるとポツポツ注文が入るようになる。
ところが、チューブ自体様々な種類があり。
それぞれ独特な癖があり、違うタイプを請ける度に悩む。
  
今はそれほど悩むようなタイプは来ない。
と言うより、やはりダメなものはダメと断り。
違うタイプを用意して貰う。
  
取引先は徐々に増えて10数社ぐらいあるか。
残念な事は需要がそれほど無いようで。
依頼者様の8割は年に1〜2度でロット100程度。
  
まあ、あまり良い仕事と思えないから。
この程度で良いかなとも思う。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでもお請けしております。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.

|

« 白で印刷したが | トップページ | 塩ビのチャック袋なら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白で印刷したが | トップページ | 塩ビのチャック袋なら »