« メッセージカードを任せる | トップページ | ノベルティが入ってきた »

2018年11月 3日 (土)

箔の研究

3203
 
箔は同じように見えてもその接着剤が様々ある。
それぞれ素材の用途に応じて選ばなければならない。
 
さらに温度なども関連し、単に押せば着くというものではない。
というのが解ってきたところ。
 
箔プリントは何と言っても豪華さ。
シルク印刷もパッド印刷も適わないし。
インクジェットのフルカラーだって適わない。
 
100個程度の小ロットなど、需要はかなりあると思う。
しかし、現実は気軽に頼めないようだ。
 
まあ、そこを手動機で何とかしたいところ。
大ロットはそれなりの業者に任せ。
それなりの業者が敬遠し、当然割高になる極小ロット。
それをシルク印刷やパッド印刷並にしたいところだ。
 
箔プリントはまだですが。
シルク印刷、パッド印刷の問い合わせは下記へ。
 
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

|

« メッセージカードを任せる | トップページ | ノベルティが入ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104917/67339353

この記事へのトラックバック一覧です: 箔の研究:

« メッセージカードを任せる | トップページ | ノベルティが入ってきた »