« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

3月も終わり

年度末であったが、忙しくない1ヶ月だった。

今月分は29日で終了し、昨日は早々と1ヶ月の纏め。
やはり売り上げは少なく、ここ5年間で一番少ない。

それでも一人ならそこそこ忙しい量。
息子もそこそこ出来るようになった。
二人なので仕事は速く空き時間が多い。

二人体制になったからと言って。
仕事量が直ぐに増える訳ではない。
徐々に増えるよう努力するだけ。

息子の売り上げ分は補償している。
少ない売り上げでは私の取り分が少なくなるが。
浪費する趣味もないから十分生きて行ける。

折角だからこういう時は趣味でも楽しまなきゃ。
一人の時は趣味を十分楽しめなかったのだから。

今年は早くから菜園の手入れをしている。
珍しい野菜を植え、お客様に味わって貰う。
これも一つの営業だから。

因みに、差し上げる方は。
売上高の多いお客様が優先です。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロット、超短納期が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

軟質塩ビの剥がれ

2670

透明のカードケース50個に印刷。
素材は軟質塩ビ。

軟質塩ビへ印刷すると剥がれる。
柔らかくする可塑剤が表面に浮いているからだそうだ。

この現象は以前から知っているので。
事前にアルコールなどで拭き取ってから印刷している。

画像はこの記事の為にわざわざ拭かずに印刷。
セロテープで剥がれるのを実証。
残ったのもテープで綺麗に全部剥がせる。

市販商品への名入れ印刷。
小ロット、特急納品が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

同じ袋でも

2780

2㎏の米袋200枚に両面印刷。

画像は表側だが、先に裏面を印刷する。
表より裏の方が失敗は少ないのだが。
今回は最初から滲みが出た。

何が原因か探ると、今回の袋は少し膨らみがある。
いつもの袋ではこういう膨らみが気になったことはない。

そこでちょっと裏技を。
それからは滲みもなくスムーズに。

因みに依頼から3日後発送。

米袋の小ロット印刷特急納品可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

傘袋にロゴ印刷

2777

袋でも傘袋に印刷するのはかなり特殊。

印刷台からはみ出すように垂木を固定。
版もまたはみ出すように取り付ける。

垂木は両面テープで固定しているだけなので。
スキージーを強く押しつけると外れる恐れがある。

ロットは100個と少なく、頑丈に作る程ではない。
外れないよう刷りのテクニックでカバーだ。

さて、年度末ではあるがそれほど忙しくない。
当地の桜は今、そして週末に掛けてが見頃。

気分的には余裕を持てない貧乏性でも。
花見の時ぐらいは仕事を考えずに過ごしたい。

市販商品への名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

スキージーの角度

2776

450㎜の印刷。

最初から最後まで同じ角度でスキージーを引く。
初心者はちょっと難しい。

私は座って印刷している。
だが、息子は座ると上手く行かない。

パッド印刷だけじゃなく、シルク印刷も行っているが。
普段は小物ばかりで、こういう長い印刷は殆どしていない。

ロットは1500。
ずっと立ったままで印刷。
終わる頃にはそれなりに上手くなっていた。

シルク印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

熱収縮チューブの問い合わせ

2759

今月は熱収縮チューブへの問い合わせが目立つ。
暫く無かったのだが、何件も続くのが不思議。

そう言えば2年前ぐらいだったか。
3ヶ月ぐらいの間に10社ほど注文を頂いた。

それからは数社しかないのだから。
あの時は何故あんなにあったのだろう。

さて、チューブにも色々な種類がある。
左の3種類はやや丸みがあり、印刷は少し難しい。
その右、フラットなチューブはやや楽。
右の2種類は厚くて硬く、印刷はほぼ不可。

先ずは使用されているチューブをお知らせ願いたい。
これから選ぶ場合は出来るだけフラットなタイプが望ましい。

熱収縮チューブへのロゴ印刷。
小ロット対応が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

パッドで多色は

2755

これはボールペンへゴールド1色印刷。

パッド印刷でたまに2色とか3色の話しはある。
2色でも3色でも、それぞれ重ならなければ可能で。
重なる場合、印刷自体は可能だが、量産では請けられない。

何故かと言うと。

パッド印刷機はセッティングに時間が掛かる。
2色の場合、2色目に失敗したら。
再度1色目から印刷するのは極めて面倒。

パッド印刷は調子が出るまで少々時間が掛かる。
小ロット印刷では調子が出るまで待っていられない。
多少、不満足な仕上がりは出てしまう。

それは下地が侵されない溶剤で拭き直す。
1色だけなら拭き直して直ぐにまた刷れば良いだけのこと。

ところが2色3色ともなれば。
1色目からまたやり直したらどれだけ時間が掛かるか。
大量の予備でも用意して貰わないと非現実的なのだ。

それでもいつかは請けるようにならねば。
近い将来にでも請けられるように考えている。

小ロットパッド印刷から。
1000や2000ロットも可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

自撮り棒に印刷

2701

画像は判りづらいが自撮り棒だ。
スマホを取り付ける裏にロゴを印刷。

ロットは30個。
印刷するより固定する治具を作る時間が長い。
出来るだけ簡素に作る。

当社は様々な商品に名入れ印刷をしている。
同じ商品のリピートというのは極めて少ない。

メーカーの下請けをしているなら。
いつも同じか似たような商品ばかり。
仕事に慣れるのもそれほど難しくはない。

しかし、そういう業者に全く違う商品を相談しても。
殆どは断られてしまうだろう。

経験が無いから。
というのが大抵の理由らしい。

当社は常に経験のない商品ばかりなのだが。
印刷する部分だけみれば、対して違いはないのだけれど。

因みに自撮り棒は初めて。
私はスマホを持っていないし、自分を撮ることもしない。

ノベルティ等、市販商品への名入れ印刷。
小ロット、特急納品が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

休む予定が

2775

昨日は朝から真冬の寒さと雨。
取引先と趣味で出かける予定は中止。
今日予定していたサンプル印刷を手掛ける。

先週から息子とは別々の仕事をしている。
息子には大量ロットを任せ、私は小ロットをこなす。

大量ロットも二人で取り掛かれば速いが。
物によってはそれほど効果のない場合もある。
やはり二人別々で取り掛かった方が仕事量は多くなる。

息子が取り掛かっているのはトートバッグ。
ドライヤーを当てての2回刷り。
これは一人で取り掛かった方が良い。

Tシャツ印刷機もやっとその役目を迎え。
それなりに活躍中だ。

今月は後10日程。
例年に比べると動きは少ない。

これから駆け込みがあるかも知れないが。
あまり期待出来そうにはない。

まあ、これはこれで仕方が無い。
時間が出来たら手作り露光機のテストをするつもり。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
サンプルなどは超速納品。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

ラミネートバッグに印刷

Imgp2761_2

白のラミネートバッグ100枚。

印刷位置は横端15㎜と下から20㎜で縦長。
メーカーに、こういう位置に頼んでも請けてくれない。
可能な位置は真ん中なのだから。

この印刷も、Tシャツ用印刷機なら適している。
と、印刷経験者なら普通に思うだろう。

いやいやこれが実はそうでもなかった。
正確な位置決めがかなり面倒なのだ。

ロットが1000ともなれば適しているだろうが。
100枚位なら今まで通りの方が断然速い。

それはそうと。
メーカーからすると変則的な位置。
当社は様々な位置に印刷した経験がある。

端から端まで印刷した事もある。
紐と紐の間とか、マチの中に印刷した事もある。
当然単価は高くなるが、一般では出来ないことが出来る。

ただ、端から端までとかマチの中へは、今は請けていない。
どうしてもという場合は相談にのるが。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

やっと使う

Imgp2762

Tシャツ用の印刷機はバッグなどの為に買っておいた。
買ったのは確か昨年の5月頃だったか。
その内その内と思っていたのだが、随分時間が経っている。

その間にもトートバッグや紙袋の依頼は何件もあった。
それでも使わなかったのは、今まで通りで出来たから。

それがやっと都合の良い印刷依頼が来た。
ここで使わねばもう使う事はないかも。笑

この印刷機は、いつも使用しているのとは勝手が違う。
製版にも入れる位置など考えなきゃ行けない。

元々Tシャツ印刷用に作られているのだから。
違う目的で使うのだから色々工夫もしなきゃならない。

あれこれしながらも2時間ほどで使えるようにセット。
いざ使えばそれなりに使える。
何でも使い方次第だな。

紙袋、トートバッグ、米袋などへ小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

シルクでもパッドでも

2757

防犯ブザー200個に名入れ印刷。

印刷部分は平面で普通はシルク印刷。
このところシルク印刷の小ロットで面倒なのが多い。
息子に教えながら二人で取り掛かるのは効率が悪い。

なのでシルク印刷で可能な案件もパッドで行う。
シルク印刷より印刷時間は掛かるが勉強にもなるし。
やはり小ロットでは二人別々に取り掛かる方が多くできる。

平面なら歪みの心配もない。
パッドとインクに問題無ければスムーズに終わる。

市販商品への名入れ印刷。
小ロット特急納品が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

一人で確認しながら

2761

3合用米袋へ印刷。
ロットは2種類各300枚で、二人で手掛けると速い。

でもここは一人で刷って貰う。
刷った袋をその度毎に確認しながら印刷する。
仕上がりの微妙な違いを見分け、刷り方など工夫出来る。

二人だと単に刷るだけなので。
刷り方などによる違いなど解らないから。

とは言っても直ぐには解るはずもない。
何度も何度も経験を重ねていかねば。

米袋への小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

苦労は何度でも

2752

ボールペン1000本へ名入れ印刷。

ロゴは抜きで非常に細い線がある。
データを見た段階では潰れるに決まっている。

それでも取りあえず版を作って試す。
私一人の時ならそんな事までしていられないが。
二人だとそういう時間を作る事が出来る。

それにしてもこの件は何度も版を作り替えた。
データは小さく、線を太くするとバランスが崩れる。
手持ちのプリンターでは微細な調整も難しい。

何とか版は出来たが今度は刷りの不調。
別件のボールペンで上手く行ったパッドを使用するも。
それがまた上手く行かない。

結局パッドもインクも替えて何とか上手く行った。
そこに行き着くまで随分時間は掛かったが。
それからは問題無くスムーズに。

仕上がりの写真を依頼者様に送ったところ。
文句無しと言って下さった。

なのだが、上手く行った要因は良く理解していない。
それでも、こういう事を繰り返す内に解ってくるものなのだ。

パッド印刷の名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

これで見積か

Imgp2735

左はFAXで送られた見積依頼書。
右は完成した安否確認のマグネット。

まず、この依頼書だけで判断すると。
上部はベタ抜きで、下部の黒線は図面上の枠線と判断する。
2色と記されていたが、それぞれの色はどれなのか?

こんなんじゃ分からんから、データがあるならデータをくれ!!!
と、要求したらデータが来た。
なんと、データがあるのにFAXとの内容は違う。

見積はあくまで見積。
本番で内容が違えばその金額も変わるはず。

しかし、殆どの場合は多少違えど見積もり通り。
中には見積したんだから見積もり通りと言い張る依頼者もいる。

この件はマグネット500枚。
周り全部がベタと半分ベタとでは作業性がかなり違う。
FAXのみで判断は禁物。

そう言えば最近大きな地震は起きていない。
そろそろあるかなあ。
このマグネットシートが活躍することはないように。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットでも数千ロットでも、何処より速く納品可能。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

もう少し大きいのが

2738

ノベルティ用ランタンにロゴを印刷。
ロットは400個。

箱と袋から出し、印刷して翌日梱包。
このぐらいのロットなら息子の一日仕事。
売り上げから見ても一日分で丁度良い。

いずれは家人を呼び、息子は印刷専念。
そういう事になって欲しいが今はそれほど仕事がない。

二人の体制になったからと言っても。
直ぐに仕事量は倍になる訳でもない。
今は出来ることを全て、自分の手で行うのがまた勉強にもなる。

さてと、パッド印刷に慣れてきた息子。
今のなんでもくんが小さいと言う。

確かに、ちょっと大きな商品になると苦労する。
相当の工夫が必要で断らざるを得ないこともあった。

なんでもくんには大きいタイプもある。
いずれはそのタイプも導入したいと思っているが。
今はしっかり技術を身につけて欲しいところ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

少し改良

2751

ブラックライトの器具はグロー球が少し出てた。
それを引っ込めて器具をびったりと並べる。
さらにガラスギリギリまで上げる。

これで露光時間は15分。
微細なフィルムを焼いてみたらかなり良く出た。
更にテストする必要はあるが、ランプ自体は問題無いと思う。

問題になるのは密着だろう。
それと乳剤の塗り方や乾燥など、完全な準備が必要。

ここは初心者ではおそらく無理。
かなりの知識と経験が無ければ出来ないだろう。

ネットでケミカルランプを購入し、届くのは2〜3日中。
次のテストは密着を確認しながらだ。

前回も言っているが、普通の製版なら全く問題無い。
フィルムを外注に出さねばならないほどの細い線。
そんな事にこだわっているから。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

露光機を作る

2746

今使用している露光機は昨年故障。
修理を依頼していたら、修理の前に何故か良くなった。
だが、いずれはまた故障するだろう。

それに、露光機と真空焼き枠で場所を取っている。
もう大きな版は作らないと決めている。
露光機は小さい方が都合が良い。

独立した時はケミカルランプで自作した。
それでも十分使えたのだから、今だって使えるだろう。
と、また自作することを決意。

丁度上手い具合にブラックライトが器具付きであった。
取りあえず5台購入し、閑になったら作ると早1ヶ月ほど。
年度末なのに今はそれほど忙しくない。

ここで試しておかないとまたいつになるか。
作ると言っても板で囲い、底板を貼って器具を置き。
その上にガラスを乗せただけの簡単な作り。
作ろうと思えばいつでも出来るような代物。

まずは通常通りに乳剤を塗る。
露光時間は取りあえず10分にしたが、ちょっと足りない。
20分にしたら具合が良いようだ。

ただ、少し仕上がりが気になる。
当社は微細な印刷を良く手掛ける。
特に細かいフィルムで試すが、少々不満がある。

これはブラックライトとケミカルランプの違いなのか。
はたまたそれは無理というレベルのものなのか。
次はケミカルランプを購入して試してみよう。

因みに一般的には十分使える。
当社は微細にこだわりすぎだから。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

ブリキにプリント

2675

ブリキ素材のペンシルケースに蛍光色でプリント。

ブリキ素材に蛍光色はあまり発色が良くない。
それなりには見えるが、指定された色見本とは違いがある。
それを踏まえていただいての受注。

ブリキ素材なら拭き直しが出来る。
失敗を恐れず印刷出来るから初心者向き。

なのだが、これは透明樹脂でコーティングしてあった。
印刷直後で1回切り、さっと拭くならやり直しは可能。
ある程度乾燥したらもう出来ない。

記されている素材用のインクで着かない。
という例は多いが、こういう例もあるので注意が必要。

市販商品への名入れ印刷。
小ロット、特急納品が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

デニム生地に

2669

デニムポーチに細かい柄や文字の印刷。

布は仲間が担当しているが。
ロットが少ない場合や特急の時は当社で行う。

濃色地に明色印刷は手間が掛かる。
ドライヤーをあてて刷ることを3回繰り返す。

デザインは非常に細かかった。
最初の案ではさすがにダメ出しし、大きめにするよう提案。
何とか出来るサイズにして貰って手掛けた。

2660_2

こちらは別件だが同じようなデニムのポーチ。
こっちは更に細かかったが、出来る範囲でと引き受けた。
これも同じようにドライヤーをあてながら3回刷り重ねる。

上の方は40個、下は10個という極小ロット。

Tシャツなどの布製品は仲間が担当。
今回のようなケースはまず相談を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

帆布に細かいベタ抜き

2692

画像はさほど難しくない印刷。
同じ依頼者様から別件も頼まれていた。
残念ながら非公開なので画像はこれだけ。

帆布にも粗いのから細かいのまで色々とあるようだ。
この前の依頼は、粗い帆布へ細い線の抜き。

試しに端切れへ印刷してみると。
ベタを完全に黒く刷ると線は潰れてしまう。
線を出せばベタが掠れてしまう。

そのデータでは全く無理なところ。
そこでイメージを壊さないよう線を太くする。
それでも、何とか線があるという感じ。

依頼者様からは帆布の印刷を良く頼まれる。
それは画像のようなタイプだから今まで問題は無い。
今回は勉強になったそうだ。

因みに、粗い生地にベタ印刷では。
印刷面積が大きくなればなるほど。
生地の底までインクは届きにくくなる。
きっちりベタを刷ったら抜きは大概潰れてしまう。

これは粗い紙でも同じ。
出来るだけ小面積で印刷する方が望ましい。

公開出来ない件も細い抜きを再現する為。
半分ずつ2回に分けて印刷した。

帆布への印刷は進んでお請けしておりませんが。
どうしてもという方は下記へ相談を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

長さが足りず

2691

シルク印刷のつもりでいた案件で。
商品を手にしたら突起物がある。
パッド印刷で問題無く出来るのだが、問題が一つ。

印刷範囲が長くて対応出来るパッドがな無い!!!
仕方ないから2回に分けて刷ろうかと。

思っていたが、そうだ、このパッドは元々長かった。
長い範囲の印刷が来ないから切ったのだ。

元々同じパッドなのだから、くっつけたらピッタリ。
都合良く印刷部分には少し空きがある。
そこを境目にしたら長いパッド同然。

2699

それで名入れしたのがこの時計。
印刷部分の上に操作ボタンがある。
これが邪魔してシルク印刷では出来ない。

印刷色はゴールド。
150台という小ロット。

ノベルティ商品への名入れ印刷。
小ロット超速納品可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

休むところだったが

2707

先週は忙しかったが金曜日で一段落。
土曜日は午前中に少しだけ手掛けて休み。

のはずが。
近所の取引先から急ぎの依頼で直ぐに欲しいと言う。

2週間ぐらい前にデータは届き、版は作ってある。
印刷物は表示板とそれに貼るマグネット。
午前中に終わり、午後に届けようと温風乾燥。

表示板は塗装鉄板なので温風ストーブ。
午後一番に確認したところ密着が怪しい。

表面を溶剤で拭くと、かすかに弾いている。
これは塗装に問題がありそうだ。

塗装で泡防止の為にシリコン類を混入する。
という話は以前聞いた事があり。
実際にそういう事が数回あった。

塗装屋に訊ねると、そんなものは入れていない!
と言っていたが、それ以来弾くようなことはない。
たぶん、指摘されて入れなくなったのだろう。

他に支給された塗装板でも数回。
やはり弾いて密着が悪い事はあった。

今回の塗装板は暫く溶剤に浸してから印刷。
単品だから良いが、量産品ならお手上げだったな。

シルクスクリーン印刷。
パッド印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

良い道具を

2680

何度か息子に刷らせた駐車場看板。
最初はかなり滲み加減だったが、大分上達した。
それでもまだ私の眼から見ると不満がある。

そこでスキージーのゴムを交換。
反りもなく真っ直ぐな状態に。

今まで使っていたのは大分使い込んでいる。
僅かながら反りもあるし、ゴムもへたり気味。

それでも私はそれなりに使いこなして問題は無い。
しかし、新人には無理があるか。

新たなスキージーで刷らせてみると。
何と、全く何の問題もなく刷れた。

何度も刷っているから、上達していることもあるだろうけど。
新人にはやはりちゃんとした道具を使わせなきゃ。
と、改めて思った次第。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロット超速納品。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

米袋印刷を特急で

2706

急ぎで欲しいと言う米袋は両面印刷200枚を2種類。

一般的な米袋印刷は表面のみ。
印刷の翌日には発送出来る。
両面の場合は乾燥を完全にする為、片面1日で2日掛ける。

一昨日に裏面を印刷し、昨日は表面。
そして今日発送する。
依頼者様は迅速な対応に喜んでおられる。

さて、米袋は他の印刷とちょっと違う刷り方。
普通の印刷では滲みが出やすいから。

特にこの袋の場合。
マチで盛り上がった部分に細かい文字が入る。
そこを綺麗に刷る為にはちょっとしたコツがある。

普通に刷る時でも様々なコツなどあり。
息子はそれぞれ会得する事など直ぐには出来ない。

この袋もかなり手間取ってはいた。
それでも失敗はせずに200枚を刷り上げた。

米袋へ小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

米袋が続く

2689

10㎏用米袋へロゴ印刷。
ロットは100枚。

本来は一度に300枚位請けるのが適当な数。
でも依頼者側は小ロットの方が都合が良いだろう。

それを踏まえ、100枚でも200枚でも300枚時の単価で請ける。
逆に1000枚、2000枚の時はさすがに下げるが。
そんな大量ロットは滅多にない。笑

この米袋を納品後、直ぐに別件の依頼。
こっちは表と裏の両面印刷で、5㎏用10㎏用が各200枚。

来週早々に手掛けるつもりだったが、急いで欲しいと言う。
他の件を調整し、昨日は裏側を印刷。
今日は表側を印刷して明日発送する予定。

先週は新規の取引で当社を訪問された方が居た。
小ロットを請ける業者を随分探されたそうだ。
年に何回か、小ロットずつになるがお願いすると言う。

来週はアモーレの米袋を印刷予定。
さらに袋を長期間預かっている件もあり。
それがそろそろお願いすると言ってきた。

年度末3月の始まり。
今月はどんな動きになるか。
去年と同じぐらいあっても、二人なら楽々出来るだろう。

間に合わないようになったら。
是非当社へ相談を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »