« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

2月も終わり

早いもので今年も2ヶ月が過ぎた。
1月は閑で体調も悪かった。
今月も3連休まで大した動きも無し。

その後は急に忙しくなり、先週末からはかなり忙しい。
日付は今日で月末だが、今週いっぱいが月末模様だ。

前半が閑だったので、今月も赤字か。
と思っていたが、終わってみれば赤字は少し。

忙しさを感じたのは最後の1週間。
平均したら忙しいと感じるほどではない。

それでもそれなりの売り上げがあったのは二人だからだろう。
一人で取り掛かっていたらずっと忙しかったはずだ。

息子が入って半年。
完全には任せられないが、そこそこ一人で出来るようにもなった。

傍にいる必要はあるが、息子と私で別の仕事ができる。
なのでそこそこ仕事はしているのに、忙しさを感じないのだろう。

3月は忙しい。
仕事ではなくて趣味の方。笑

今まで3月は毎年、趣味に対して気持ちだけは忙しかった。
しかし、年度末で忙しく、趣味に時間を割くことなど出来ない。
やっと今年はそこそこ出来るのではないかな。

勿論、二人でも忙しくて趣味はままならず。
というようなことであれば、それはそれで良いのだが。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
名入れの問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

傘カバーの色で

2677_2

また傘カバーへ名入れの依頼。

カバーは3色。
ロゴの色はカバーのファスナーに合わせる。

こういう指定はメーカーに頼めるのか?
たぶん、請けてくれないのでは。

当社はこういう要望への対応が得意だ。
下地は黒だったが、SG740でも十分な発色。

それより意外に面倒だったのは縦長の印刷。
メーカーでは中央へ横長が指定。

そうだろう、それが一番やりやすい。
別件でもその位置で、それほど苦労はしなかった。

対して縦長はかなりやり辛い。
傍目には何処でも同じだと思うだろうが。
これが意外と難しいのだ。

ロットは各色100個。
因みに、小面積しか対応出来ない。

広い面積も、出来ないことはないが。
かなりの治具を作らなきゃならない。

傘カバーへのロゴ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

早くなっても

2685

先週からかなり忙しくなってきた。
請けている分は納期と関係なく、出来るのは早めに。

都合良く何件か、出来るだけ早くして欲しいという依頼。
いずれも余裕のある納期だが繰り上げて欲しいと言う。

当社の仕事は速く、既に出来ているのもあるし。
丁度手掛けようと思っていたのもある。
お願いされなくても出来上がっている状態。

ただ、納品は指定納期に出す。
同じお客様に別物件でも出たら、一緒に納品したいからだ。

運送代も上がってきている昨今。
極小ロットでは、対価に対する運送代が気になる。

当社負担でもお客様負担でも、安くなるに越したことはない。
でも、早い納品を希望されたら直ぐに応えている。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷の名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

一言添えて欲しい

2679

この前納めた駐車場看板。
なんと、内容が変わっていた。

この看板は定期的に注文が来る。
その度にデータは添付されてくる。
数種類あるので一応確認用に添付されたものだ。

今回も添付されていたが。
メールの文言に内容変更は記されていなかった。
なのでいつも通り印刷して納品。

納品後、担当者からデータを確認して欲しいと電話が来た。
話すと、添付データのタイトルには改定と記してあると言う。
確かにそう記されてある。

インクジェット出力ならその都度送られたデータで行うだろう。
シルク印刷は版を保管し、それでリピートを印刷する。
毎回版を作る訳ではないのだから。

メールの文言には看板のタイトルが記されていた。
当方はそれでデータを見ること無しに取り掛かったという事。
その後上司と話し、それなりに再印刷する事で解決。

担当者は若そうで、世間的なことをあまり知らないようだ。
上司からも色々と言われただろう。
反省もしているようだし、将来は笑い話になるよう成長して欲しい。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
名入れの相談・問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

薄い素材にベタ印刷

2655

0.2㎜のフィルムに白ベタ印刷。
フィルムの端からベタ端まで3㎜。

ここで気を付けるのは版離れ。
バキュームの穴位置に要注意。

画像の白ベタは上方向から下に刷る。
バキューム穴を無視して位置決めしたら。
大抵は刷ると同時に版にくっつく。

刷り始めのベタ端はバキューム穴の内側。
そしてフィルムはバキューム穴の外側。
これでくっつくことはない。

それでも版にくっつくというのは。
素材と版の隙間が狭すぎという事が考えられる。

独学でシルク印刷に挑んでいる方には解らないだろう。
でも、こんな面倒な印刷はするかな? 笑

シルクスクリーン印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

極小サイズなら

2644

入浴剤が入ったノベルティ商品。

中身が入っているので、この状態では刷れない。
蓋の部分だけ開き、治具に乗せて印刷する。
印刷後は直ぐに蓋を閉じてドライラックへ。

ロットは1000個、息子に全部刷らせる。
このような極小サイズになればそれほど難しくない。

とは言え初心者、1000個もすればさすがにミスも。
技術的なミスは2個あったか。
他に3個ほどあったのは触ったとか、ゴミが入ったとか。

紙製品は普通やり直しは出来ない。
幸いにもこの紙は溶剤でさっと拭くことが出来る。

ただし、ささっと手際よく拭かなければならない。
5個の不良も結果は全量良品。

初心者にはこういう印刷が望ましい。
しかし、なかなか都合良くは行かず、難しい刷りばかり。

インクはSG740でPANTONE286C。
ホワイト、ブルー、バイオレットで調色。

ノベルティ商品への名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

違う動き

2651

はがきサイズのカード印刷。

これもまた息子は滲み加減になる。
やはり力の入れ加減なのか。

そこでインクの返し方やスキージーを変えてみる。
同じ印刷でも、私とは若干違う刷り方で上手く刷れる。

こういうのも人それぞれなんだろう。
道具などの状況もまた違う訳だから。
そこに見合った技術を磨いていこう。

さてさて、話をちょっと変えて。
このごろ問い合わせが結構増えている。

しかし、何故か的違いのような事が多い。
確かにシルクスクリーン印刷やパッド印刷に関連してはいる。
だが、当社では無理なことばかり。
私で考えられる事をアドバイスし、他を検索することを奨める。

このところ問い合わせは少なかった。
多くなるのは嬉しいが、現実に見合うのが望ましい。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロット名入れの問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

少し上達か

2652

A4サイズのプレートに全面印刷。

前回は大分滲みが目立った。
傍目で見ていても判らないが、余計な力が入っていたのだろう。
今回も少し滲みはあったが、素人眼では問題無い。

動きは大分スムーズになってきた。
それがまた良くなってきている要因でもあるだろう。

印刷技術は指導したとて上達する訳でもない。
自らが向上心を持ち、常に工夫して行かねば。
ただ力を入れて刷れば良いという事ではないのだ。

美術学校で学んだ。
あるいはTシャツを自作した経験がある。
などと言う方がたまにいらっしゃる。

何人かは実際に当社に来られた方も居る。
ここで見るのは、彼らの経験してきたこととは別次元。
知らないことばかりと驚かれる。

そりゃそうだ。
こっちは趣味のシルク印刷じゃないんだから。笑

シルクスクリーン印刷、パッド印刷の名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

最近珍しく

2658

クリアファイルと不織布トートバッグ。

同じ版で出来るようにデータは同じです。
と、依頼者様が気を使って下さった。

でも、不織布トートバッグの版は粗い。
その版でクリアファイルも出来ないことはない。
が、やはりクリアファイルは不織布より細かい方が良い。

クリアファイルへの依頼はいつだったか。
この前がいつだったのか思い出せないくらい。
10年前ぐらいまでは結構依頼があったのに。

いまやフルカラーのクリアファイルは珍しくない。
しかし、小ロットでは非現実的だ。

ロゴと社名だけというシンプルなデザイン。
私的にはこっちの方が好き。

勿論小ロットなら安く出来る。
社名などは控えめでさりげない方が良いと思うけど。

クリアファイル、不織布バッグへの名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

この治具は

Imgp2653

左が樹脂製品で2色印刷。
裏側が少々複雑な造りになっているので。
通常のバキュームでは押さえつけられない。

右が専用の治具で、見た目は板を貼って穴を空けただけ。
なのだが、調整を繰り返し何度も作り替えている。

この件は定期的に注文が来る。
正確な印刷をするために、しっかりした治具を作った。

とてもそんな風には見えないけど。
私的には時間をかけている治具なのだ。

当社は常に違う商品へ名入れを行っている。
しかも小ロットばかり。

1時間の印刷に、治具作りで2時間も3時間も費やせない。
だから治具は常に簡素な作り。
耐久性はその時限りで良いのだ。

さてさて、やっと仕事が動き出した。
このところノベルティばかりだったが。
定期的に入るのが数件、新規も数件入ってきた。

今日は息子も出勤。
午前中は一人でボールペンへ名入れ。
午後は私と一緒に刷り手や取り手。
明日は私一人で極小ロットを数件手掛ける。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
名入れの問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

傘カバーに名入れ

2637

傘の袋は傘とセットの商品だが、これは別物。
傘を濡れたまま畳んで入れるカバーだ。
中の布地が吸水性に優れている商品だな。

表面はポリエステル・ナイロンで、撥水加工されていない。
テストではSG740の硬化剤無しで密着。

これなら印刷は問題無い。
しかし、中はフカフカの布地で、表面素材と着いていない。
二重袋でフカフカということだ。

これはさすがに難しい。
出来るとしても、小さな範囲に限られる。
大きく広い印刷は極めて難しい。

で、名入れメーカーを調べてみたら。
名入れ範囲は中央横に20㎜×80㎜。

まあ、そんなところだろう。
デザインも、名刺並の細かい文字などは不可だな。

今回のロットは300枚。
それなりの治具を作らないと難しいが。
当社は出来るだけ手を掛けず、技術力で行う。

傘カバーへの名入れ印刷。
小ロットも可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

傘袋へロゴ印刷

2612

傘への印刷は一部のお客様以外請けていない。
撥水加工され、それに対するインクを持っていない。
おまけに広げて乾燥させるので、広い場所が必要だから。

SG740でもそれなりに密着はする。
しかし、強く揉めばインク層は崩れる。

傘袋も同じ素材で撥水加工はされているだろう。
でも、わざわざ強く揉むような人は居るのだろうか。
ノベルティということもあり、傘袋への印刷なら請けている。

この袋は少し高価な傘なのか。
袋は二枚重ねで固定が難しい。

それなりの治具を作れば良いのだが。
たまに来る小ロット案件ばかりだから。
わざわざ作る事もなく、経験と技術で手掛けてしまう。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
当社は様々な商品へ名入れを行っております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

そのまま

2620

不織布のトートバッグに印刷。
100枚ずつ違う色で200枚ロット。

バッグや袋への印刷は中に板を入れて印刷する。
殆どは入れて刷るが、入れずに刷ることもある。

皺のない綺麗なバッグで、印刷サイズが小さく。
マチに掛からない位置なら大抵可能だ。

ただ、バキュームで吸っているとは言え。
しっかりと台に固定される訳はない。

バキュームは動きにくくしているだけのこと。
刷れば版にべったりとくっついてしまう。

それを何とか工夫し、板を出し入れする手間を省く。
印刷時間と労力は全然違ってくるのだから。

どういう方法で?
それはまたその内に。

不織布バッグへの名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

いずれは

2635

ライト付きキーホルダーを包装する息子。

開梱や包装など本来は家人に任せたい仕事。
今のところそんなに忙しくないので息子が担当している。
将来は教える立場になるのだから、覚えておくのも当然のこと。

家人は週に4日パート勤めで、定年まで2年ほど。
その後はおそらく、新たな勤め先を探すのも困難だろう。
その時が来たら、家人には包装などで常勤して貰う。

私と息子は主に印刷。
そうなればかなりの仕事が出来る。

昨日まで3連休。
仕事は抱えているが、納期に余裕があるのばかり。
息子には3連休させた。

私は毎日、仕事があってもなくても仕事場に出勤。
土曜や日曜でも、連絡のない荷物が届く事は良くある。

午前中は仕事場に居て雑用やブログを書く。
午後は菜園の手入れや趣味で外出など。

今年の1月は実質10日程も正月休み。
仕事量は少なくて当然でも、それなりにはあった。

一人ならまずまずの量だったが、なにせ二人がかり。
直ぐに終わってしまうから毎日余裕。 苦笑

今月もあまり期待出来そうにないから。
息子にはゆっくり、じっくりと取り組ませよう。

シルク印刷、パッド印刷の名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

動きは良くない

2640

2月になって10日。
先月ほどではないが、まだ動きは少ない。

今週の殆どはノベルティ関係の印刷。
それぞれの納期は来週末から20日頃。
急ぐほどでもない仕事ばかり。

ほぼ毎週末に来る依頼があるのだが。
それは今年になってまだ2回だけ。
毎月来るのもまだ来ていない。

おかげで他の件は直ぐ手掛けられる。
今週も毎日あったが、いずれも届いたら直ちに印刷。
翌日には発送したり納品したり。

そんなに速くしなくても。
と言われる方も居る。 笑

画像はアクリルへ裏刷り。
昨日の夕方アクリルを引き取り、直ちに印刷開始。
4工程の印刷だが、温風をあてながら3時間で終わる。
今日、これから納品だ。

先日、大ロットで20日納期という話しがあった。
当社としては出来る量ではあるが。
連休前、遅くとも連休明けから手掛けたい。

商品の仕入れやデータの確認その他諸々。
この連休があるから多分無理だろう。
と、思っていたらやはり再検討だとか。

急ぎに対応するのが当社の売り。
出来ないことはないが、かなりの無理はあると思う。
残念なような、ちょっぴりホッとしているような。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロットは勿論速く、大ロットでもメーカーより速い。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

これも楽々

2630

ライト付きのキーホルダー500個に名入れ。
ロゴサイズは20㎜程でゴールドの印刷。
印刷部分は曲面だから、シルク印刷は出来ずパッド印刷の出番。

息子が入ってからパッド印刷に力を入れている。
そのおかげか、近頃は多く依頼されるようになってきた。

やはり上達は数多く手掛けてみること。
私が息子に任せる前一年分ぐらいの件数。
息子は数ヶ月で手掛けている感じだ。

この程度なら、私がチェックする必要もない。
製版から治具を作り、印刷も全て任せている。
刷り始めの時に、確認で一応見せてくれるぐらいだ。

印刷後は箱入れと包装で納品。

シルク印刷、パッド印刷。
名入れの問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

付箋に名入れ

2624

印刷面は平らで、通常はシルク印刷。
この時はシルク印刷台が別件で数日使用中。
印刷サイズも小さいから、練習を兼ねてパッドで行う。

平らであれば歪みなど気にすることもない。
治具を作るのもセットも楽々。

手動パッド印刷と手動シルク印刷の違いと言えば。
単純に比較してみると。

版を作るのはパッドが速いが、1版1件だけ。
シルク印刷は纏めて何件も入れられる。

印刷時間はシルク印刷が速い。
インクの膜厚はシルク印刷が厚い。

インクの使用量はシルク印刷が少ない。
乾燥はパッド印刷が速い。

パッド印刷は曲面が可能で、平面も勿論可能。
ただし、小さな面積。

シルク印刷は平面しか出来ないが、大きなサイズが可能。
しかし、平面でも印刷範囲の傍に突起物があると出来ない。

どちらでも可能というのは極めて限られる。
両方持てばそれに越したことはない。

シルク印刷、パッド印刷。
名入れの問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

遅いけど

2629

ハッポート100枚に4色印刷。

午後から印刷を始め。
2色を刷る予定だったが、急ぎが入って1色だけ。

もう帰ろうとしていた時、内容変更の連絡が入る。
その時はその変更部分だけ差し替えと思っていたが。
翌日の朝、データは全体の配置が変わっている。

当社からの意見は1色目はそのまま生かす。
という事だったが、それではやはりバランスが悪い。

既に印刷してしまった板は廃棄。
という事だったが、拭いたらしっかり落ちた。

手間は掛かるが、この方が安上がり。
手間賃を出すと言っているがここは営業でサービス。
いつも仕事を頂いているのだから。

インクは屋外用MS8。
夏なら翌日でも落とすのはかなり面倒。
今の夜は寒いので硬化も遅い。
時間的にも翌日朝だったから割と楽に落ちた。

それにしても、まだ1色だけだったから良かった。
2色目はほぼ全面で、拭き直すよりは廃棄した方が良い。

因みに、板が届いた日に印刷した。
依頼者はまだ取り掛かっているなどとは思っていなかった。

連絡が少々遅い。
とも言えるが、当社が早過ぎかな。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

ボールペンはお任せ

2622

ボールペン500本に名入れ印刷。

ボールペンへ激安名入れとかいう広告など良くある。
確かに安いが、色々と出来ないこともあるようだ。

まず、ボールペン自体が業者の指定。
オリジナルのボールペンへ名入れなどしてくれない。

印刷色はDIC何番とか指定も出来ない。
赤青黒とかいうアバウトな色しか選べない。

納期は2〜3週間。
2〜3日納品など、殆どあり得ない。

当社ではボールペンを持ち込みが基本。
DICでもPANTONEでも色指定は可能。

納期は概ね1週間程度。
お急ぎ希望なら2〜3日納品、即日発送も可能。

ボールペンなど小物への名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

1個は速い

2621

新規のお客様からピックガードへの印刷依頼。
依頼は1枚のみ。

データとピックガードは午前10時頃に届く。
特に問題もなく、直ぐに製版。
印刷は黒一色で、インクの乗りが良いMS8を使用。

印刷後は夕方まで温風乾燥し梱包発送。
翌日にはお客様の手に。

手にされたお客様からお礼のメール。
想像していた以上のクオリティと速さだと。
とても驚かれた様子だ。

特に求められていなくても即日発送することはある。
勿論小ロット全てとは行かないが。
出来ることなら速く速く納品している。

小ロット名入れ超特急納品。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

息子の仕事場

Imgp2617

手動パッド印刷機“なんでもくん”での印刷は息子が担当。
今のところ、この印刷機を置いた作業台が息子専用の仕事場。

ご覧の通り、きっちり整理整頓されている。
ここは親子ではあるが、私と全く違う。

私の場合は簡単な作業台を作り、印刷機をただ置いただけ。
印刷が終わっても、綺麗に片付けをすることなどない。
インクの拭き取りだけしたら、そのまま別な仕事を手掛ける。
なので印刷機の周りは不要な物まであってごちゃごちゃ。

まあ、私はずっと一人だったから。
1件終わる度に、綺麗に片付けなどしていられない。
スキージーやインクの缶など、そのままで次に取り掛かる。
一々片付けてからする程の暇はないのだから。

とは言っても、散らかっている作業台ではミスも出やすい。
やはり片付いている方が、良い仕事が出来るものだ。

息子の屋号はマディーニ。
東北弁で丁寧にという意味がある“までに”をもじっている。
そうなって欲しいと言う願いを込めて私が考えた。

一緒に仕事を始めて知ったのだが。
親から言うのも何だが、息子の仕事振りは結構丁寧だ。
そんな事は全く知らずに、屋号は強制的に与えた。
願いなど込める必要はなかったな。笑

パッド印刷の仕事を出されている方。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

製版に悩む

2616

パッド印刷は息子に任せている。
版を作り、調色も行い、治具作りから印刷まで。
もう殆ど助言も必要無くなっている。

だが、やはりいつも上手く行く訳ではない。
先日は製版が上手く行かなくて困っていた。

時間を変えたり洗い方なども試していたようだが。
何度かやり直しても上手く行かない。

そこで、一緒に最初から取り組んでみた。
一緒と言っても、まずは息子の手際を見ながら。
傍でそれなりの事を言うだけ。

製版を教えたのは一度だけだったか。
手順を一通り教えただけ。
それでも、作り直しをしながらもそれなりに出来ていた。

私自身パッド印刷は十分な経験がない。
頼りない助言者ではあるが、それなりに見える事もある。
今回の問題は洗い方だったかも知れない。
それから2回目に上手く行った。

パッド印刷小ロットは何処の業者よりも速い。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

何でも急ぎに

2618

熱収縮チューブ90本にロゴ印刷。

今現在動いている仕事量は一人分。
隣で息子が行っているパッド印刷の納期は9日。
余裕十分なのだが、遊ばせておく訳には行かない。

他に抱えている数件の納期はいずれも10日過ぎ。
出来る内にしておかなきゃならないのが当社の鉄則。
なのだが、どうもやる気が湧いてこない。

そんな気分もこの辺で変えなきゃならん。
今月は既に数件の予定があるし、決まりそうなのもある。
先の長い納期でも、出来る内に終わらせておかなくては。

とは言え、時間的に余裕があるし、特に難しい印刷でもない。
息子でも出来る印刷だから、出来るだけ息子に刷らせてやりたい。
という事で、仕事はあるけど私は空き状態。

こういう時だから、小ロット依頼なら直ぐ出来る。
息子にこのチューブはまだ難しい。
届くや直ぐに私が印刷してしまい翌日には発送。

これからはこういう動きがいつも出来る事になるだろう。
今までだって速さなら何処にも負けない自負があるけど。

今後はこれが普通になるのだから。
この業界では最速業者と言えるようになるだろう。

急ぎの多い業者様。
先ずは下記へ問い合わせを。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »