« 製版から印刷まで | トップページ | 看板受注は縮小 »

2018年1月25日 (木)

ビンテージ感

2591

デニム地の小さなポーチ100個にロゴ印刷。

そのデザインは非常に細かい。
時間もなく、布印刷の仲間に相談もしていられない。
ここは当社で出来る限り行おう。

と、先ずは版を作るが、150メッシュでは再現が難しい。
かと言ってこれ以上細かいと印刷が難しい。
データも修正し、150メッシュ2度目で何とか製版。

版は出来たが次はインク。
SG410で刷るが、やはり1回では沈んでしまう。
ドライヤーで乾燥させながら2回。
古いGパンの生地で試してみる。

くっきりとした仕上がりには3回必要。
でも、ビンテージ感が欲しいといっているから。
やや沈んだ2回が丁度良い。

おまけに、途中でインクも硬くなり。
仕上がりにバラつきもでるが、その感じがまた良い。

これはたまたま偶然の事。
濃色地に明色印刷は、やはり仲間に頼まなきゃな。

Tシャツや布バッグは仲間が担当します。
当社から紹介しますので、問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

|

« 製版から印刷まで | トップページ | 看板受注は縮小 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビンテージ感:

« 製版から印刷まで | トップページ | 看板受注は縮小 »