« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

8月も終わり

長〜〜い夏休みか。
と言いたくなるような先月から2ヶ月。

仕事は途切れず続いているものの受注量は平均より少ない。
一人ならあくせくせずにゆったりした気分で出来ていただろう。

21日から息子と二人になり、仕事時間は大分短縮されている。
おかげで半日印刷したらもう終わり。
後の半日は片付けなどで、大分すっきりとしてきた。

1年の内でこういう閑な時はあるもの。
今年はずっと忙しくしてきたが、ここにきて閑になった。
二人体制にしていきなり閑か。笑

今までは閑になっても片付けなどあまりしなかった。
やるとしても目に見えるところの掃除ぐらい。
狭い仕事場なのに、結果としては不要なものがいっぱい。

いつか使えるだろうと残してあるのだが。
息子は構わずゴミ袋へ入れる。
それでも不要品はまだまだあるので、断舎利はしばらく続く。

さてと、先月から、定期的に来ているのが来ない。
おそらく、9月は一斉に動くかなと思っている。

一人体制にどっと来られたら、1〜2週間待たせることもあった。
それが二人体制になったから、常に速く出来るだろう。

超速激速納品可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

米を入れて確認

2307_2

米袋の新規依頼は2㎏用を100枚。

依頼者はデータがあるだけで実際に米を入れていない。
これではサイズや位置が分からない。
それを当社に頼むと言う。

そこで2キロの米を入れ。
適当なサイズと位置にコピーを貼り付けメール送信。

米袋にも様々な種類がある。
中には下端が折り目通りに行かないこともある。
実際に米を入れて確認することが大事。

米袋に小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

引き取りから納品まで

2313

紙製のCDケースは2度目の受注。
今回も特急での依頼。

依頼先は車で30分ほどの距離で、引き取りに行ける。
今までは一人なので、近所以外は宅配便。

先週から息子と二人体制になった。
これからはこのぐらいの距離なら、直接引き取り納品する。

この件の搬入は丁度息子が所用の時。
送ってもらったが、納品は挨拶も兼ね二人で。

印刷する日は事前に予定。
ロットは1000枚だが、届いた日の午後に印刷。
二人で印刷なら速い速い。
翌日には納品。

超速激速納品可能。
ロットが多い場合は事前に連絡を。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

安心感

2304

見習いを始めた長男の補助作業は印刷の取り手も。

以前から何度か手伝っているから。
滲みや掠れなどの印刷不良は良く判っている。
私はスキージーを動かす事だけに専念出来るので。
印刷時間はもう速いのなんの。

画像は溶ける樹脂製のノベルティ商品。
500個の受注で予備が2個。
これではさすがに、印刷を試させる訳にはいかない。

長男は今30代後半。
仕事場での時間は次男より少ないものの。
小さいときからずっと見ているし。
これまでの社会経験もあるので。
補助的な作業など、ちょっと言えば解ってくれる。

補助作業は今まで家人に頼んでいたが。
全ての段階でしっかり確認が必要だった。
その点は一度教えるだけで安心して任せられる。

まだ刷りは出来ないから、専ら私が刷る事になるが。
それでも生産性はずっと上がるだろう。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
小ロット超速激速納品。
大ロットにも対応可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

断捨離

442

後継者として見習いを始めた長男。
だが、仕事はそれほど忙しくない。

技術を教えるのは閑なときに練習させるのも良いが。
練習はいくらしてもそれほど身につかない。
仕事をしながらの方が身につきやすい。

息子にあって私に無いもの。
まず気が付いたのは掃除かも知れない。

私だって綺麗な環境で仕事をしたい。
でも、いつも仕事に追われ掃除など後回し。
おまけに物を残しておき、いらない物がいっぱいある。

そこで息子は仕事の合間に掃除と片付け。
不要な物はどんどん捨てるので、かなりすっきりしてきた。

中には愛着がある物でも、使わないならただのゴミ。
愛着よりすっきりした環境で仕事をする方がずっと良い。

孫が言うには。
パパはいつも掃除をしているとか。
そうか、これから掃除は任せた。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

SG410

2311

デニムポーチに白印刷の依頼があった。
濃色地に白印刷はいつも仲間に頼んでいる。

今回は超特急。
仲間は今週いっぱい忙しいと聞いていた。
30個なので、手間はかかるが当社で請ける事に。

当社で濃色地に白印刷は。
何度か乾燥させながら刷り重ねる。
1回では布地に染み込んで白さが出ないからだ。

でも、すんなり請けたのには訳がある。
少し前、ある事情でSG410のインクを手に入れていたからだ。

もう10年以上前、SG410のインクを使用したことがある。
かなり使い辛く、それ以来使っていない。

ある事情でSG410ピュアホワイトを手に入れたのは良いが。
それはまたある事情で使わなくなった。
折角だからそれを使ってみたくなった。

いざ使用してみると。
使い辛さはあるが、以前ほどではない。
インクが進化しているのか、技術が上がっているのか。

白の隠蔽力もかなり良く、1回の印刷でそこそこ行ける。
だが、緩く溶けば隠蔽力は落ち、濃すぎると作業性が悪い。

隠蔽力もあり、作業性も良い。
その溶き具合が技術になるのかな。

まだまだ使い辛さはあるものの、SG410を少し見直した。
これから布地も積極的に請けてみよう。

因みに、問い合わせの翌日にポーチが届く。
即日印刷し、翌日には発送。
超速激速納品です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

イメージの色で

2302

市販のクリップボードに印刷。
ロットは100個。

印刷色の注文は。
赤のボードには青ボードの青み。
青のボードには赤ボードの赤味。

とは言うものの、ボードは透明カラーだ。
ピッタリの色で印刷出来る訳がない。
あくまでそのイメージという事になる。

なら、色作りはそれほど苦労しない。
と思うかも知れないが、実際は結構迷うものだ。

色具合など、人の見方はそれぞれ違うものだ。
あれこれ迷いだしたら切りがない。
適当なところで決めてしまおう。

ノベルティなど市販商品へ小ロット名入れ。
超速激速納品が可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

後継者

2303

長男は先週で退職し、シルク印刷業を始めることになった。
月曜日から来て、まずは袋出しなど二次的な仕事から。

長男を脱サラさせて後継者に。
現実として考えるようになったのは去年から。

しかし、その時点でもまだ売り上げが問題。
私と長男の、2世帯分の給料には少ない。
それでもやはり考えなくてはならない。

私は今年65歳になった。
自身では全くそのつもりもないが、一応高齢者と言われる。

尤も基準が70歳になったとも言われているが。
数字はどうでも良い。
さすがにその様な年頃(笑)になっているのは現実。

100歳まで現役で続けられるならまだ先は長い。
しかし、普通は80歳程度まで出来たら良い方だろう。

まあ、この先10年大丈夫という自信(笑)はある。
だが、発注する側になれば話は別。
発注量が多くなればなるほど不安材料にもなるだろう。

少し遅いとは思うが仕方が無い。
遅れた分はこれから追いつこう。

安心して印刷を任せるには2〜3年。
全て判断出来るまでは5年ほどかかるか。

皆様宜しくお願い致します。

シルクスクリーン印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

同じチューブでも

2294

この熱収縮チューブは何度か手掛けている。
丸みを帯びて実に厄介だが、今回のは更に厄介。

同じ種類ならばあまり違うことはないものだが。
今回のはいつもより丸みが強く、少し硬い感じがする。
さらに表面もザラザラ感が強いような。

印刷はいつもすんなり行かない。
それでも割に合わないような厄介さではない。

ところが今回のは滲みやすく、いつもの2倍の手間。
印刷の技法は全く同じなのに。
やはり、チューブがいつもと違う感じだ。

それでも何とか割に合うような時間で終わる。
ロットは少なく、30本ですからね。

熱収縮チューブへのロゴ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

古い版を落版

2222

この版は10年ほど前に製版している。
製版は当社ではなく別の業者。

この版で印刷していた業者を替えて当社に依頼。
その時に持ち込まれた版だ。

持ち込まれた版は20枚ほどあったか。
5年ほど前から依頼はなくなり、返却要請もない。
もったいないから落反して使用していた。

その最後がこの3版。
2枚は落版出来たが1枚はダメ。

この版で印刷するのは常に小量だった。
清掃も綺麗にしていたから、落反してそのまま使える。
ダメな1版は張り替え。

時折、持ち込み版で依頼されることもある。
使い辛かったり、酷く汚れているのもある。
製版代は勿論ないが、その分印刷代は割増し。笑

シルクスクリーン印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

鈴鹿4耐で

0033

先月印刷したサングラス。
依頼者は鈴鹿4耐に参加したチームだった。

サングラスに直接印刷する業者を探したが。
それは中々見つからなかったとのこと。
当社に問い合わせがあったのはレースの2週間前だったか。

アメリカではガーデンウェディングが珍しくない。
そこでは名前入りのサングラスが用意されるのだそうだ。
なるほど、屋外だからサングラスは必須のグッズなのだな。

日本でもガーデンウェディングはあるだろうけど。
サングラスをかける人は少ないかな。

もっとも、ガーデンウェディングに限らず。
屋外でのイベントは様々ある事だから。
是非そのイベントロゴなど入れて欲しいものだ。

因みにこのサングラスのロットは20個。
左右両面に違うロゴを印刷。

サングラスにプリント。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

2週間も前に

2296

メッセージカードの新作6種類を各100枚ずつ印刷。
それぞれ2色印刷で、インクはSG740硬化剤不使用。

ただ、黒だけは硬化剤を使用している。
黒と言ってもやや強いマット調。
黒のコンクは少しマット調だが、それでは足りずマット剤を混入。

これに硬化剤を使用しないで印刷し。
重ねて長期保管すると裏に移ることがある。
なので黒だけは硬化剤を使用している。

展示会は9月だから急がなくて良いと言われていたが。
出来る内に仕上げておくに越したことはない。
休み期間中に仕上げて昨日発送。

やはりそれは良かったようで。
昨日も数件の生産依頼や見積があった。
来週から忙しくなりそうな感じがする。

出来るものは後回しにせず直ぐに行う。
超速激速納品がモットー。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

夏休み中は

2297

半日仕事で半日は趣味の予定だったが。
天気が悪く、結果的には殆ど印刷と事務仕事。

印刷は定期的に来るカーボン製品やスイッチ盤。
そしてメッセージカードやノベルティ商品など。

それと、休み前には必ず行うと決めていた事務関係。
請求書と入金の確認や領収書の整理。
おまけに片付けまで行い、休んだのは日曜だけ。

11日〜15日は電話やメールも殆どなく。
それだけは長期連休を間時させるが、昨日は一転賑やかに。
16日から営業は結構あったようだ。

今月も後半。
今のところそれほどの予定は入っていない。

ただ、決まりそうなノベルティ関連が1件ある。
それが決まるとかなり大変なことになりそう。

決まれば大変だが流れるのはもったいない。
かなり面倒な事になると思われるが。
今後の為には請けておきたい。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
ノベルティ商品への名入れなど。
小ロットから大ロット、超速激速納品可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

ブログは夏休み

17日から再開します。

皆様楽しい夏休みを。
休まない方は仕事に励んで下さい。

問い合わせは毎日お受けしております。
下記へ連絡を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

明日から一応夏休み

2292

世間では大方明日から16日まで夏休み。

当社はそれと関係なく営業しているが。
おそらく急ぎ依頼などないだろう。
一応夏休みと言っておきます。

画像の件は15日発送の分。
一昨日に校了し、昨日仕上げておいた。
今日は明日発送が2件届き、今日中に仕上げる。

夏休み期間は数件の小ロットと事務仕事をする予定。
小ロットは2件で16日発送、他は20日以降の納期。
休み明けでも良い件まで、ついつい一緒に手掛けてしまうか。

6日間、暑い中わざわざ出かける気はない。
でも、1回ぐらい海へ泳ぎには行くか。

問い合わせには毎日対応致します。
返事に少々時間が掛かる事はありますが。
下記へ連絡を。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

半年後で

2286_2

PE製のチャック袋にロゴ印刷。

この袋は印刷台で吸着しても平らにならない。
必ず何処かに皺が寄る。
それでも滲まずに印刷出来るところが技術か。

それはそうと。
この袋にロゴ印刷を依頼されたのは1月。
2000枚だから出来るだけ安くして欲しいという。
一度に多く頼んで単価を安くと言う魂胆。笑

依頼者が自社製品を入れる為の袋。
全数を一度に納品しなくても良いと言う。

今年の1月は忙しかった。
その時も忙しく、全数納品出来るとなれば10日後ぐらい。
直ぐに使用したいのは100枚もあれば良いと言う。

ならば、安くするから印刷は当社の手が空いた時に。
200枚とか300枚とか、別件の納品時に同梱する。

という事で3回ほど納品している。
残りは600枚で、丁度今受注が少ない。
近々また予定があるから、一緒に全部納品だ。

このような単価の相談も受けております。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

擦り傷注意

2290

透明素材のアイフォンケース100個。
ゴールドでロゴプリント。

何しろ傷が着きやすい。
指で擦っただけでも傷が着くのだから、扱いは慎重に。

ケースは1個ずつ袋入り。
印刷は1個ずつ取り出しながら行う。

何個か取りだして並べて置くのも良いが。
それはその人のやりやすいように。

素材はまた溶剤にも弱い。
刷り直しは出来ないから予備を必ず用意した方が良い。

この件ではロット100個でピッタリしか支給されなかった。
少しは足りなくなっても構わないというから安心。
そうなると失敗はしないものだ。

アイフォンケースへのロゴ印刷。
50個、100個という小ロットも可能。
納品も超速激速。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

急いでいるが

2288

2合用の米袋300枚に両面印刷。

金曜日にメーカーから袋が届く。
特に急ぐと言うことは聞いていなかったが。
今は受注を多く抱えていないので直ぐに取り掛かり。
土曜日午前に反対側を印刷し、月曜発送という予定でいた。

すると土曜日朝に、月曜に欲しいというメール。
本州なら日曜に発送すれば月曜に届く。

しかし、依頼者は北海道。
日曜に発送しても届くのは火曜日。
航空便なら月曜に届くかも知れないが、運送代が高く付く。
さすがにそこまでは望んでいないようだ。

日曜は完全休日の予定いたがこの件を梱包発送。
ついでに月曜の予定だった別件も発送。

超速激速納品の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

1時間もあれば

2281

ボールペン100本に名入れ印刷。

手動印刷機“なんでもくん”は優れものだ。
こういう小ロット名入れ印刷をする度にそう思う。

何と言っても直ぐ印刷が出来る。
自動パッド印刷機などの経験は無いものの。
聞いた話から想像するだけでも違いは解る。

データを出力して製版、そしてセットアップ。
100本の印刷が終わるのに1時間もあれば良い。

ただし、治具は以前使用したものを流用。
調色の必要がなく、それほど難しくない印刷という事になるが。

ノベルティ商品への小ロット名入れなら超速激速。
業界では3週間ぐらいが当たり前のところ。
当社では2日〜3日、忙しい時でも7日程度で納品可能。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

忙しくないのに

2280

A3サイズの看板2種類各100枚2色印刷。

1色目が終わったのが夕方4時過ぎ。
5時とか6時に帰るなら、2色目を終わらせるのは無理。

今はそれほど忙しくない。
納期は5日後で、翌日に印刷しても全く問題無い。

なのに。
ついつい2色目に手を掛けてしまう。

乾燥は送風で3時間ほどあれば2色目が出来る。
きっちり積み重ねるとくっつくことがあるので。
1枚ずつ抜いては印刷してまたそこに置く。

貧乏性もあるが、1日で出来るものなら終わらせたい。
7時過ぎには2種類各100枚が完了。

看板関係はA3サイズまでお請けしております。
それ以上のサイズは仲間が担当します。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

オリジナル米袋が欲しい

2279

取引が始まってまだ2ヶ月ほどなのに。
もう何回目の受注だろうか。
北海道から1㎏の米袋300枚に両面印刷の依頼。

問い合わせも先月は2件あった。
いずれもオリジナルの米袋が欲しいと。

メーカーが販売しているデザインでは物足りない。
他でも使われていることは当然だ。

そこでオリジナルの袋を作りたいのだが。
メーカーでは数千ロットになってしまう。

年間使用は多く見積もって1000枚程度。
現実的には300枚〜500枚位だろうと言う。

なのでその都度100枚とか200枚。
そんな小ロットに対応してくれる業者。
と探して当社に問い合わせ。

当社は100枚でも50枚でも対応可能。
おまけに超速激速納品も可能。
遅くても1週間以内には使用出来る。

心を込めて作ったお米。
販売するときにはそれなりの袋に入れてあげよう。
購入してくれる方々にも伝わるはずだ。

小ロット米袋印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

表か裏か

2278

合皮製のキーホルダー。

良く出来たものでどっちが表なのか判らない。
依頼者が言うには、表はやや膨らんでいるとか。

とは言っているが、はっきりしている訳ではなくて。
両面を比べても良く判らない。

そこで気が付いたのは縫い目だ。
表はミシン目がはっきりしている。

ミシンを手にする人には常識かも知れないけど。
そういう事にこだわらない人には判らないかも。

市販のアクセサリーや小物に印刷可能。
100個以下の小ロットも可能。
超速激速納品も可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

宅配業者によって

2277

届く時間が違う。
朝10時頃に配達する業者もあれば午後になる業者もある。

当社に依頼して特に急ぐ場合はネコの業者がお奨め。
10時〜11時頃までに届く。
営業所も近いので留め置きにしてくれると更に良い。

画像の件の依頼者が利用している業者は別。
いつも午後の配達だが、この日は珍しく11時頃に届く。
サンプルなので急ぎは当然。

少量なので午前中に印刷し、温風にて乾燥。
夕方には発送するので、中1日で手にすることが出来る。
超速激速納品が可能です。

さて、今日から8月。
世間は概ね11日から夏休みだろう。
当社に夏休みはないが、仕事がなければ実質的に休み。

今のところ今週いっぱいの受注はある。
これから毎月来ているのも入るだろうと思うが。
それほど忙しくはならない気がする。

印刷がない場合は事務仕事。
11月分から何も手を付けていない。
今度ばかりは必ずしなければと思っている。

夏休み中も営業はしております。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »