« 嵩張る | トップページ | やはり忙しかった »

2016年9月23日 (金)

難しい位置

1559

ビニールケースにロゴ印刷はロット40個。
SG740で印刷色はシルバー。

ポーチの時は右下辺りが望ましいと書いたが。
こっちは別の理由で真ん中の方が印刷しやすい。

一見平らに見えるのだが。
バキュームで吸い込むと端に歪みが寄ってくる。
この歪みを完全な平らにするにはかなり難しい。

一般的な考え方では中に鉄板でも入れるか。
しかし、そんな事で歪みの皺は取れない。

ならば糊を。
それは良い考えだけれど、中に糊が残ったら。
これを拭き取るのは刷るより時間が掛かる。

では両面テープは。
強い粘着では抜き取る時に結構厄介で、だから真ん中がお奨め。
弱いと皺は平らにならず、これもあまり現実的ではない。
(ビニールは割と厚く、皺はかなり固い)

ではどうする?
当社は歪みの皺があるまま印刷している。

熱収縮チューブは歪みや捻れ、皺も勿論ある。
米袋の場合は浮いた状態。
これらを上手く刷る技術があれば何とか出来る。

とは言え、熱収縮チューブは何度も拭き直しが出来る。
米袋は大概予備が多い。

だが、ビニールは失敗したらもうダメ。
予算的に予備は多く取り寄せられないだろうし。
結構プレッシャーは掛かる。

市販商品への名入れ、小ロットも可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

|

« 嵩張る | トップページ | やはり忙しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104917/64231449

この記事へのトラックバック一覧です: 難しい位置:

« 嵩張る | トップページ | やはり忙しかった »