« 滲まず掠れず | トップページ | グログランテープにゴールド »

2016年3月 9日 (水)

微妙なテクニック

8068

この印刷はまずシルバーでロゴを印刷。
その中の一文字だけ0.2㎜大きくした赤で重ねる。
0.1㎜ズレるとはっきり偏って見苦しい。

素材は1個1個手作りの製品。
アタリをつける位置の部分は形が微妙に違う。

1色目は連続で刷るが。
2色目は1個1個確認しながら刷る。
0.05㎜ぐらいのズレは良くあるからだ。

で、この0.05㎜をどう調整するか。
印刷台を動かすか、アタリの位置を動かすか。

一々そんな事をしていたら時間が掛かりすぎる。
当社では版に圧力を掛ける。

手前にズレていたら版を押しながら刷る。
向こうにズレた場合は版を引きながら。
これはもう微妙な力加減。

また、左右にズレている場合。
スキージーを斜めに引くというテクニックもある。
当社の仕事ではこれが一番満足感を得られる。

難しい案件、相談に応じます。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

余談。

今日また一つ歳が増える。
体力を使わなければならない仕事は下降気味だが。
知識や能力技術はまだまだ発展途上中。

|

« 滲まず掠れず | トップページ | グログランテープにゴールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104917/63312861

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙なテクニック:

« 滲まず掠れず | トップページ | グログランテープにゴールド »