« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

3月も終わり

この年度末は忙しくないと予測。
ところが先月末頃からずっと受注を抱えていた。

当社は1週間以内での納品がモットー。
しかし、大半は1週間〜10日も待たせてしまった。

それ等は特に急ぎを望まれていた訳ではない。
納品予定日は受注時にを伝えてある。
一応全てその納期は守っているが、速く納める当社の看板倒れ。

こういう時には仲間も控えているのだが。
リピート物件や、近隣の取引先の件ばかり。
これでは仲間に頼むことは出来ない。

と、年度末納品は昨日で全て終わり。
本来なら暫くゆっくり出来るのだが。

今日は明日発送の件でいっぱい。
明日から日曜までに、4月3日まで延ばして貰ったのを数件。

その後は難しい掛け合わせの面倒な物件。
これがかなりの量で、出来るだけ早い納品を望まれている。

この週末辺りからは桜の見頃。
ウォーキングを兼ねてしっかり楽しもうと思っていたが。
忙しい内に散ってしまうかも。

シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

色合わせ

8162

カードなどの紙への印刷はSG740のインクを使用している。
硬化剤は使わない。
2液硬化型インクだが、蒸発乾燥型として使用。

蒸発乾燥型のインクは残ったインクも使える。
2液硬化型は硬化剤を入れたらそれっきり。

ただ、蒸発乾燥型は長期間何度何度も使用し。
残りのインクをその度に戻す事を繰り返すと。
段々汚れ、最初の色味と違ってくる事もある。

なので、あまり多く作っておくのも良くない。
適度に使い切るのが望ましい。

さらに、最初の色味は必ず保存しておく。
作る度に、最初の色に合わせることが肝心。
画像では左の赤が最初の色味で、右が先日作り足した色味。

印刷に関わった40年前の会社ではインクを作り足す時。
残っているインクの色味に合わせていて。
1年も続く内に最初とはかなり違う色になっていた。笑

紙類への継続印刷はお任せ下さい。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

版は何度も作り替え

8148

樹脂成形品への印刷は5種類。

1種類に2ヶ所〜3ヶ所印刷し、ロットは30〜50個。
特殊な形なので1度には印刷しない。

版には出来るだけ多くのパーツを入れておく。
その位置は位置合わせをし易いように。
または印刷しやすい位置へ入れる。

それでもいざ印刷すると不便さもあったりする。
その場合は次の機会に版を作り替える。
最適な位置にあれば、作業も速いしミスも少なくなるものだ。

この場合の版代はいただかない。
当方の都合で作り替えるのだから。
これも自社製版だから出来ること。

多種類小ロット製品へのロゴ印刷等。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

メーカーでも可能だが

8126

小さな筐体に、上面と側面2ヶ所の印刷。
大きい方が20個、小さい方は各30個。

筐体はアルミに少しざらつく特殊な塗装。
それに細かい抜き文字が入る難しい印刷。

印刷は筐体のメーカーでも可能だそうだ。
しかし、納期は長いし費用も嵩む。
小ロットではとても割が合わないとの事。

当社の納期は通常1週間程度。
ロットは1個からでも可能。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

カードが大量

8163

月末近くになると注文が来るカード。
今月はかなりの量が発注され、納期は29日。

カードの注文は100枚ロットから。
大抵は100枚か200枚。

正直なところ100枚ロットでは少し少ない。
当社としては200枚ロットが望ましいところだが。
売り物だから多い時もあれば少ない時もある。

今回は200枚〜300枚ロットが10数種。
これは嬉しいロットだが、年度末で他も数件同じような納期。
でも何とか今日午前中には刷り終え月曜発送。

まだ他に月末納期物件を抱えているが。
今日の午後は休み、明日は仕事。
29日中には印刷を終え、30日発送で終わる予定だ。

紙製品への印刷問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

やはりゴールドは難しいか

8110

ボールペン150本にパッド印刷で名入れ。

パッド印刷ではゴールドが難しいという噂は聞く。
業界全体でそういう常識なのかは分からないが。
自分の印刷ではやはり難しいと思う。

当社へのパッド印刷依頼はゴールドが割と多い。
中でもボールペンはかなりの割合だと思う。

この依頼者様からは何度もボールペンを請け。
その殆どがゴールドで印刷だったが、今回は黒文字の指定。

この印刷はゴールドで手間取ったミニカーの後。
同じタイプのインクなのだが、黒はかなりスムーズ。
殆ど問題なく一気に終了。

ミニカーのゴールドでは、ちょっとしたコツのような事を感じた。
ただ、まだ何となくという感じで、今後もっと検証しなくては。

ボールペンなどへ小ロット名入れパッド印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

ミニカーにロゴ印刷

8060

ミニカーの3ヶ所にパッド印刷。

依頼は50台だったが、形状は微妙に違って8種類。
やはり、それぞれ位置は違ってその都度調整。

印刷色は難しいゴールド。
ゴールドは当社使用色ではなく支給品。

金粉が違うと使い勝手もまた違う。
ただでさえ面倒なのに。 笑
あれこれ試しながらも、売り物として何とかそれなりに完成。

依頼者様はまたお願いしたいとの事だったが。
この件はある方に頼まれて請けたので。
予算的に遠慮したいところ。 笑

小ロットパッド印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

minneハンドメイド大賞2016金賞

7581

昨年12月に手掛けたLINDA TOKYO様の作品。
お菓子に見えるが、樹脂でそっくりに作ってある。

食品サンプルはメディアでも何度か見ている。
こちらはそれと別な世界らしい。

当社への依頼は菓子箱の蓋に印刷。
色々話を聞いているうち、菓子にも印刷出来ると提案。

本人はロゴや文字を入れるのを夢見ていたそうだが。
現実に出来るとは思っていなかった。

7582

確かに、パッド印刷で極小ロット。
請けてくれる業者を探すことは困難だ。
おまけに小ロットとは言え、種類が増えると金額も嵩む。

その辺は当社を見つけて運が良い。
こういう事を面白がって請けてあげるから。

それにしても、こういうハンドメイドの世界があったとは。
そしてその世界のコンテストに応募。
先月、100選に残ったとの連絡があった。

そして最終選考ではなんとminneハンドメイド大賞の金賞
惜しくも大賞の次だが、これは素晴らしい結果だろう。
作品の詳しい紹介はこちらを

LINDA TOKYO様、おめでとうございます。

様々な分野の作家さんや予算が無くてお悩みの方も。
相談問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

連休も忙しく

8132

当社は通常1週間以内で納品する。

しかし、さすが年度末。
次々と依頼が来るので今は10日ぐらい掛かることも。

お客様には現状を汲んでもらい納期も曖昧に。
来週後半とか、再来週前半とかで期日は決めない。

そういう状況を知っているはずなのに急ぎは来る。
画像の件も出来るだけ早くとのこと。

この3連休もずっと仕事。
年度末は仕方ないか。

因みに仲間は余裕がある。
お急ぎなどには十分応えられます。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

レインコートにロゴ印刷

Dsc08100

ポンチョは何度か手掛けているが、今度はレインコート。

どっちも似たような物だが、印刷はこっちがやや楽。
しかし、ドライラックに載せるのはこっちが面倒。

ロゴのサイズは150㎜程。
糊に着きにくいし、バキュームでは吸い込む穴の痕が出る。
固定するのが非常に面倒なので小さな面積しか出来ない。

あまり進んで請けたくはないが。
どうしてもという方は下記に問い合わせを。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

余談

忙しくないという見通しだった今月。
抱えている物件は少ないが、終われば直ぐ次が入ってくる。

昨日もややまとまったのが入ってきた。
月内はずっとこのまま行くことになるか。
ほどほどの忙しさで続けば申し分ないところだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

安否確認マグネット

8130

マグネットシートに両面印刷。

あの震災から5年。
丁度5年目なので話題にはされるが。
GWの頃には心の隅へ置き去りにされるかも。

関東や東海などでも大きな地震が懸念されているのだが。
このマグネットシートは役に立つことが無い事を望むところ。

さてと、災いに関するこの物件だが。
なんとトラブルが2回。

まず、データを受けた時は他の件で版を作るところ。
これは都合が良いと一緒に製版。
ところが翌日にデータは変更され、これだけをまた製版。

次はマグネットシートが足らない。
印刷前には一々数を数えない。
全て刷り終える頃、数の不足が判明。

おかげで二度手間になるし納期も遅れる。
この忙しい時に災いだよ。 笑

マグネットシートに印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

大面積に細かい文字

8090

A2サイズに4㎜の、アルファベットの変形という明朝体文字。
素材の紙はややざらつき気味。

広い面積になるほど中心部は印刷されにくい。
文字が細かいと尚更で。
下地がざらついていれば、もう1回の刷りで鮮明には行かない。

この時も一応1回で刷ってみたが、中心部は掠れてしまった。
さらにもう1回でもまだ掠れ、3度目で何とか刷れたが。
周りの方が滲み、とても商品にはならない。

これがアクリルなどの完全に平滑な素材なら。
力を込めて刷れば何とかなる事もある。

ただ、それには乳剤の厚みが全体に同じであること。
手で塗る場合は中心部が厚くなりやすい。
そういう場合は頑張っても無駄。

また、スキージーは全体に圧力を均一にかける必要もあるが。
まあ、手動で450㎜ともなれば、現実的には少々無理がある。

そこでどうするか。

分けて刷れば良い。
この時は3回に分けて刷った。

丁度150㎜ぐらいずつの幅で3回。
幅が狭くなるほど圧力は平均に掛かるのだから。

尤もこれはかなり特殊な事例。
看板などでこういう事はまず無い。

因みにA2サイズはやらないと言っていたが。
新規のお客様であることと、看板ではないので請ける事にした。

特殊な紙へ特殊な印刷。
ご相談は下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

チューブは簡単でも

8091

熱収縮チューブには様々な種類がある。
殆どは丸味を帯び、皺やねじれなどがあるのも珍しくない。

画像のチューブは珍しく平らで、形状から見ると印刷は楽な方。
しかし、ロゴのデザインは細い線で構成されている。

チューブを長く取り、ロゴを数多く入れたら安くなる。
一般的にはそうだが、この場合は違う。

チューブが長くなるほど印刷時間も長くなる。
この細い線では版が乾いてしまうことになる。

逆に、1個ずつ印刷したら版は乾かない。
そうなると印刷数も増え、全体の印刷時間は長くなる。

ということでこの場合は200㎜に4個が最適。

熱収縮チューブに印字の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

熱収縮チューブの見積には

8095

熱収縮チューブに印字の見積り依頼はちょくちょくある。
何㎜のチューブ何個で幾らかというのが殆ど。

まず、熱収縮チューブには様々な種類がある。
チューブによっては簡単に印刷出来るのもあれば。
かなり工夫をしなければ出来ないチューブも。
そしてほぼ無理というチューブもある。

そのチューブによって、300㎜で可能な場合もあれば。
200㎜とか150㎜が最適という場合もある。
画像の場合は50㎜に2個のロゴしか印刷出来ない。

チューブの形状や印字するロゴのデザインによって様々。
取りあえず概算でもなかなか答えられるものではない。

当社は熱収縮チューブを専門に扱う印刷業者ではない。
“熱収縮チューブにも印刷出来る”
という業者だから、チューブは支給していただく。

問い合わせの際はまず、お使いのチューブの画像。
印字するロゴ等のデザインを伝えていただきたい。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

位置に

8062

帆布でバッグを作る方からの依頼が多い。

裁断されて送られてくるが。
手作業でカットしているのだろう、皆微妙に不揃い。

画像の件は織り目を基準に裁断している。
この場合はその織り目に沿うように印刷する。

が、生地のサイズが違ったり曲がったり。
端が直角でないことも。

端から何㎜と指定されているが。
直角でない場合は困ったもの。
真ん中辺りを指定の位置にする。

アタリ5個を置いているが、それは大体の基準。
後は感覚で。

帆布への小ロット印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

傘袋に名入れ印刷

8064

まずは傘の持ち手に印刷したいという相談だった。

形も揃っていないし、名入れの出来るスペースが小さい。
袋も若干違うが大した違いではない。
袋なら大丈夫と答えておいた。

暫くして受注となったが、指定された印刷位置は袋の奥。
逆なら楽だったのに、そこは伝えていなかった。
予算がないというから、楽な位置を逆指定しておくべきだった。笑

とは言え、大した苦でもない。
適当な棒を突っ込み、適当な治具も作る。
印刷の部分だけ糊で固定。

ロットは30本。
これも小ロットノベルティ商品。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

ボトルキャップに印刷

8049

ノベルティのマグボトルにロゴを印刷。

キャップの上部分は1㎜程飛び出している。
その飛び出し部分全体にベタ抜き印刷。

まずは特製の治具を作る。
面倒なのは0.7㎜の板で飛び出し部分を囲むところ。
それが位置を決めるアタリにもなる。

印刷色は白だが地色は黒。
乾燥させながらの2回刷り。

ロットは40個。
幼稚園の卒業で配るとのこと。

ノベルティ商品への名入れ。
小ロットお急ぎも可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

グログランテープにゴールド

8046

ボコボコした帆布など厄介な生地にプリントを頼まれる。

この件は文字のサイズがH4㎜。
グログランテープという生地で筋が粗い。
掠れないように、滲まないようにプリントするのは厄介。

布用のインクならどうなのか。
持っていないからSG740で対応する。

以前このテープに白で印刷したが、重ね刷りで苦労した。
その点ゴールドは隠蔽製が高く楽な方。

布にプリントと言えば一般的にはTシャツ印刷。
だが、こんな小さいものを請けてくれるか。
おそらく面倒だから請けてくれないだろう。

当社のインクは自然乾燥で熱プレスの手間がない。
その分単価は安く出来るし。
何より小さい物や細かい物に長けている。

Tシャツだってその気になれば出来るが。
好みではないし、仲間がいるから手は出さない。

布の小物プリントは小ロットも可能。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

微妙なテクニック

8068

この印刷はまずシルバーでロゴを印刷。
その中の一文字だけ0.2㎜大きくした赤で重ねる。
0.1㎜ズレるとはっきり偏って見苦しい。

素材は1個1個手作りの製品。
アタリをつける位置の部分は形が微妙に違う。

1色目は連続で刷るが。
2色目は1個1個確認しながら刷る。
0.05㎜ぐらいのズレは良くあるからだ。

で、この0.05㎜をどう調整するか。
印刷台を動かすか、アタリの位置を動かすか。

一々そんな事をしていたら時間が掛かりすぎる。
当社では版に圧力を掛ける。

手前にズレていたら版を押しながら刷る。
向こうにズレた場合は版を引きながら。
これはもう微妙な力加減。

また、左右にズレている場合。
スキージーを斜めに引くというテクニックもある。
当社の仕事ではこれが一番満足感を得られる。

難しい案件、相談に応じます。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

余談。

今日また一つ歳が増える。
体力を使わなければならない仕事は下降気味だが。
知識や能力技術はまだまだ発展途上中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

滲まず掠れず

8067

かなり粗い生地の帆布にロゴ印刷。

インクが出過ぎると滲む。
逆に少なすぎると掠れる。

インクの粘度、メッシュの粗さ、スキージーの具合。
インク返しの加減などなど。
シャープに印刷するにはそれなりのテクニックが必要。

生地に印刷するという問い合わせで良くある事。

印刷のキットを買ったが上手く刷れない。
何枚印刷しても同じ仕上がりにならない。

最初はまず掠れる事が多いか。

これは生地に適量のインクが落ちていない。
だからまた刷ると、今度は滲んだり位置がずれたりする。

最初から滲むのはインクの粘度が低すぎだろう。

適度な粘度と問われても。
道具や使い方によって違うだろうし、経験を積むしかない。

もっともその前に、プロに頼むのが一番。
印刷のキットなど所詮趣味の世界。 笑

帆布などの生地に印刷。
小ロットも可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

これも塗装が

8026

音響関連の部品にロゴ印刷。

素材は軽くて磁石に着かないからアルミだろう。
アルミなら普通アルマイト仕上げだからSG740で良い。
これは塗装に見えるが、普通の金属塗装にもSG740は良い。

部品には他の素材もあるので焼き付けが出来ない。
温風乾燥で1日後、テープで剥がれが出た。

焼き付け塗装のようで溶剤には強い。
拭き落としたが、特に溶剤を弾く感じではない。
PP系のインクも試したが全く着かない。

最近、スイッチボックスやアイフォンケースで剥がれが続いた。
印刷手法に問題は無く、素材の方が問題。
今回もまた塗装に問題があるのかも知れない。

最初は溶剤で軽く拭いた程度だったが。
2度目は丹念に拭いてから印刷。
温風乾燥1日後、今度はテープでも問題無し。

原因の特定は出来ないが、一応塗装に問題有りだろう。
市販されている部品でも、金属塗装には注意が必要。

因みにロットは20個なので、テストをしないで全部刷った。
拭いて刷り直したが、少ないから大したことではない。
大ロットでは必ず事前にテストを。

金属部品などへの小ロットロゴ印刷。
シルク印刷もパッド印刷も可能。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

まだまだ工夫

8053

熱収縮チューブにロゴ印字。

前回はロゴが7個でチューブは280㎜だった。
今回は4個で160㎜にしてみた。
本数は増えるが、ロゴ1個あたりの単価はほぼ同じ設定。

本数が増えるのだから、印刷時間は長くなる。
と思えるが、1本1本のセットとか他の手間は短くなる。

丸いチューブなので、個別のセットに時間が掛かるのだ。
全体の時間としてはやや長くなる程度だが、品質は安定する。

それでもまだ改良の余地は十分あるだろう。

ところで3月も1週間。
あまり忙しくないと思われていたが、急ぎが結構入った。
おかげで今週はまずまず忙しく過ごしたか。

来週は趣味の方に時間を取らなければならない。
忙しくなっては困るのだが、今のところ大丈夫なようだ。

でも、遠慮はしないで下さい。
仲間も控えていますし、お急ぎも対応可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

奉納米袋

8020

1,5㎏用米袋に黒と銀で印刷。

お寺に奉納し、その後販売するのだとか。
さぞかし御利益のある米になるのだろう。

米袋への印刷は年に数件新規依頼がある。
しかし、大概1度だけの依頼で、リピートが来るのは1割ほど。
常時販売よりイベント向けというのが多い。

この件の依頼は昨年夏。
1度きりのような感じに思えたが、前回より多くの依頼。

どのように販売するかは知らないが。
当方の企画した祈願米袋同様売れて欲しい。

なのだが、米袋への印刷は面倒。
1枚ずつ袋へ板を差し込まなければならないし。
紐がまた邪魔。

本音はあまり請けたくないところだが。
小ロットが可能な業者はかなり少ないらしい。

日本の米文化を守る為、頑張ってお請け致します。
などと一応言っておきますか。 笑

米袋印刷の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

何をしているのか

8050

月曜日にバタバタと急ぎで印刷したアクリル。
翌日届けようとしたら発送で良いと言う。
昨日の水曜日には届いたのだが。

発送先は隣町。
加工屋さんは隣町の業者から請けていた。

で、その業者は別の部材をまた持ってきたと言う。
それが画像の室名板。

送ってあるアクリルはこの室名板とセットになる。
ならば急いで印刷する事も、送る事もないだろうに。

10数年前は建築サインを多く手掛けていた。
その頃も印刷や取り付けは最後にバタバタ。

最近はあまり建築サインの依頼はないが。
あるとやはり急ぎばかり。
以前から全く変わっていないようだ。

この件も今日取り付けなのに昨夜持ち込み。
準備を整えて待ち、届くや直ちに印刷。
今日これから納品。

建築サイン(小物に限る)小ロットお急ぎ可能。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

少ない

8013

レーザーポインターへの名入れ印刷。
ロットは10個。

タイトルの少ないというのはロットの事ではない。
2月に請けたパッド印刷はこの件だけだったという事。

ノベルティ案件は年度末や新年度に向けて多いものだが。
今のところ1件の予定と見積が何件かあったのみ。

そう言えば年末年始向けも少なかった。
世間は無駄な金を使わなくなっているのか。
それとも単に当社が高いのか。

小ロットだから割高感は仕方ないとして。
相談してくる事も少なすぎるのだから。

やはり動きが鈍いという事か。

ノベルティ向け小ロットパッド印刷。
相談問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

急ぎは終わったところに

8031

昨日は月末なので請求書を書いたり1ヶ月のまとめをしたり。
急がれていた件は全て終わり、やや倦怠モード。

早めに終わろうかと思っていた夕方。
アクリル加工屋さんから突然急ぎの依頼。

ここには朝急ぎを納品したばかり。
忙しくて後回しにしていたと言うが、納期は翌日発送。

少々倦怠モードなので、電話の受け答えものらりくらり。笑
ぐずぐず対応しながらも、頭の中はついでの製版などを考える。

そしてデータが届くや他の件も一緒に製版。
まあ、こういう風に進めば悪くない。

版が出来たところでアクリルの加工も上がる。
40枚に赤1色印刷。

何て事は無い仕事だが、もっと早く伝えて欲しいところだよ。

アクリルや樹脂加工品などへの印刷。
特急も可能です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »