« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

10月も終わり

今月は忙しかった。

自治体関係のアルミ板は連日のごとく。
合間に熱収縮チューブや米袋等々。
最大はA3サイズの看板50枚だけで、他は全て小物。

問い合わせも結構多かった。
質問等は当方で答え、新規の物件は全て仲間に託した。

ただ、自治体関係は今回だけのこと。
これ意外に目を向けると、今月はそれほど良くない。

しかし、毎月某か安定してある訳ではない。
それでも常に様々な物件が入ってくる。
1年間通してみれば、毎月違う物件ばかりなのだ。

たまたま4年に一度の大量物件が今月と来月。
他の月はまた他の物件が賑わしている。

当社は今月が決算の月。
この一年間は前半が好調、後半は失速気味。
平均すれば前年並みだろう。

来月からはまた新しい一年。
今までとは違う物件で賑わって欲しい。

スクリーン印刷、パッド印刷の小ロットをお請けしております。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

熱収縮チューブ印刷 小ロットは速く

Dsc07227

2000本の熱収縮チューブは3度に分納し、10日かかった。
この熱収縮チューブは小ロットで100本。

このぐらいなら問題は無い。
治具を必要とするが、サンプル段階で作ってある。

届いた日はちょうどこれを印刷する時間もあって。
即日印刷し、翌日には発送。
小ロットなら速い速い!

熱収縮チューブにロゴをスクリーン印刷で。
小ロット対応してます。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

熱収縮チューブ印刷 完納

7225

熱収縮チューブへのロゴ印刷。
一般的な注文は100本程度が多い。

この場合のロットは2000本。
1本に3個のロゴが印刷されているから6000個分だ。

サンプルは2度提出。
2度目の時には2000本の依頼が決まっていた。

さてさて、普通の印刷なら2000本なんて大した事は無い。
しかし、チューブ状の素材にスクリーン印刷。

ただでさえ面倒なのに、ロゴは細い線と尖った先。
勿論尖った先は綺麗な印刷で仕上げなければならない。

依頼者様からは出来るだけ速く納品して欲しいと。
当社もそれに応えたいが、他にも依頼を抱えている。

通常なら1週間あれば納品出来るところを10日間。
他の件を調整しながら完納。

熱収縮チューブ印刷。
小ロット、精密印刷可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

アクリル印刷 待たせて速く

7263

年に一度くらいのリピートはアクリル加工屋さんからの依頼。
頼むと言われて2週間ぐらい経つ。
当方が忘れた頃にやっと搬入。

遅れたのは加工屋さんが忙しかったから。
後へ後へと延ばしてしまう。

いざ来ると、今度は遅れているから速くと頼まれる。
当方の都合など構わずに。

まあ、2種類各100枚だから、そんなに時間も掛からない。
帰りが少し遅くなる程度で即日印刷し、翌日には納品。

アクリル製品への印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

着せ替え人形の服に印刷

7209

掌より小さい着せ替え人形の洋服。

ダッフルコートの腕、ブレザーの胸、サンタ服の足。
そしてマフラーの端にロゴを印刷。

ロットは少なく、それぞれ20〜50個。
いやはやマニアックな印刷です。

そう言えば孫娘が着せ替え人形で遊んでいたなあ。
まあ、個人の需要はあるはずがない。

しかし、着せ替え人形の業界なら。
オリジナルのロゴをプリントしたいことはあるはず。

このようなマニアックで小さな洋服で、おまけに小ロット。
頼むならTシャツ業者になろうが、ほとんど請けてくれないだろう。

ご希望の方は是非下記へ問い合わせを。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

アルミ板印刷 尻と肩が・・・

7226

今月はアルミ板の印刷が多い。
自治体が使用する銘板で、4年に一度更新される。

手掛けているのは10数自治体の銘板。
今各自治体で使用されているのは今年末で期限が切れる。
来年から4年間使用されることになる。

枚数は自治体の規模で違う。
人口が多い自治体は多く、少ない自治体は少ない。
各自治体では500〜1000枚ぐらい。

一日じっと座る作業は尻が痛くなる。
小さいから刷るのは右手のみで、今月はずっと続いている。
おかげで肩も痛くなってきた。

先週末までは熱収縮チューブにも追われていた。
これもまた一日座って刷る作業。

やっと一段落し、土曜午後と日曜は完全休養。
週一日程度の休みは必要というのがつくづく分かってきた。

因みにアルミ板への印刷はSG740。
焼き付けは行っていない。

アルミ板へのスクリーン印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

現場印刷は仲間が

2

仲間が施工した現場印刷。

白と緑のラインは壁。
緑のライン上にはまず白を印刷し、その後黒を印刷。

仲間は息子を連れて現場へ。
息子はTシャツなど布地印刷が専門。

後で私に語っていたこと。
「現場印刷なんてやるもんじゃないな」

そうそう、現場印刷はリスクが高すぎ。
そんな事に気を使うより、自身の仕事に専念した方が良い。

などと思うが。
仲間は現場印刷が好きだと言う。

よくもまあと私は思うが。
現場印刷を希望する方は下記へ問い合わせを。
仲間を紹介します。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

熱収縮チューブに印刷 同じロットでも

7213_2

大量の注文を頂いた熱収縮チューブへの印刷。

画像に写っているのは、300㎜のチューブ400本。
同じロットであろうと思われるが、それぞれ微妙に違う。

一見平らに見えても、わずかに丸みがあったり。
反りや捻れ、さらに波打っているのもある。

このチューブに印刷しているデザインは、細く尖った部分がある。
その部分が滲まないように印刷するには高度な技術が必要。

素直で平らなら印刷は容易い。
しかし、反りや捻れ、波打っているチューブでは印刷が難しい。

そんな状態のチューブに印刷するから、滲みやかすれは当然。
などとほざいては請ける資格がない。

今回のロットは、反り・捻れ・波打ちと全て揃っていた。
それでも安定した品質を提供するのが、職人の腕というものだ。
完成品を公開出来ないのが残念。

熱収縮チューブに微細な印字印刷が可能です。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

鏡に名入れ印刷

7097

鏡の周りは2㎜ぐらいの段差がある。
元は額縁の方に印刷するつもりだった。

鏡が届くと、その部分は不織布のような生地で凹凸が激しい。
いかに腕が良くても不鮮明になる事は明らか。
ここは鏡に印刷するしかないと提案。
そして鏡部分に印刷する事になった。

そこで問題は周りとの段差。
パッド印刷ならさほど問題は無いが、インクの膜が薄い。
鏡だとかなり透けて見えてしまう。

シルク印刷ではこの段差が大問題。
端に印刷するほど困難さが増してくる。

この場合はナイロンでもなるべく柔らかく張った版を使用。
何度か試しながら出来るだけ端に印刷した。

それよりも困ったことがあって、この鏡面の汚いこと。
綺麗に拭くのは印刷するよりも時間が掛かった。

依頼者にも見せてあげようと少し残しておいたが。
そう思ったのは一度乾拭きした後。
あの汚れかたは伝わっていないだろう。

残念。 笑

因みにロットは50個。
市販製品への小ロット名入れ。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

看板は卒業か

7180

ここ2ヶ月ぐらい、看板関係は全く無かった。

10年ぐらい前は看板などのサイン関係がメインだったが。
すっかりインクジェットに代わってしまった。

当社は以前からサイン関係以外の印刷を手掛けていた。
様々な素材や商品に印刷するのが面白かったから。
でもそれは少なく、メインはやはりサイン関係。

しかし、徐々にサイン関係は減ってきた。
同時にそれ以外が増えてきたのが幸い。

いつも安心出来る売り上げとは行かなかったが。
それなりに維持していくことは出来た。

今年になって、大きなサイズは請けない方針と決めた。
大きなサイズは概ね看板関係だ。

今のところ新規で請けるのはA2サイズまで。
それ以上は仲間に紹介。

とは言え、看板の新規依頼は今年になって数件。
その殆どは仲間に紹介している。

いずれは小物に専念するつもりでいる。
サイズも精々A3程度までになるだろう。

と、思っていたところ。
A3より少し大きい不動産看板の見積が来た。
アルポリに4色で、その数なんと4000枚。

これほどになるともはや請けられない。
躊躇せず遠慮の返事をさせていただいた。

小ロットの看板は仲間を紹介します。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

短く提案

7179

透明の熱収縮チューブは2回目の受注。

前回は印刷の出来が良く、それ目当ての受注もあったのだとか。
いささかオーバーな気もするが、印刷者としては嬉しい言葉だ。

それはそれとして、この熱収縮チューブは300㎜。
経験から300㎜ぐらいが一番印刷しやすい。
そこに7個のロゴが入っている。

しかし、今回受注した100本の内、10本ほどは反りが酷かった。
それ等は300㎜で印刷するのがかなり面倒。
そこで次回は200㎜に5個という事に提案。

そうすると印刷数は増える事になる。
となれば単価は?

確かに印刷の手間は多くなる。
しかし、短くすると品質の維持が保たれやすい。

この点は品質の良さを提供するところに意義がある。
少し手間は増えるが、ロゴ個別の単価は同じとする。
その分他社には真似出来ない技術を誇れるから。

熱収縮チューブに鮮明な印刷が可能です。
100個200個という小ロットも可能。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

休んでいられない

94

今週は20日納期、そして23日納期が多い。
日曜は休みと決めていたが、それでは間に合わなくなった。

新規は仲間に全て頼んでいる。
今月も数件頼んでいるが、今抱えているのは頼めない案件ばかり。
土曜日曜も頑張り、納品は遅れることがない。

それでも少し余裕を持っている。
この余裕が大事で、常にいっぱいでは問題が起きやすい。

いつ何が起きるか分からないのが常。
トラブルもあれば飛び込みもある。
1日ぐらいは余裕を持たねば。

急ぎ依頼や問い合わせは下記へ遠慮無く。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

ノベルティも小ロットなら

7094

市販の時計に名入れが20個。
ノベルティ業者様からの依頼。

ノベルティ商品への名入れ印刷は大量が多い。
それはもう安いに決まっている。

これが小ロットでは?

当社は自社製版し、印刷時間はすこぶる速い。
依頼希望価格は、当社なら時間的にも問題ないところ。
こういう小ロットを求めているのだが、あまり依頼はない。

7093

こちらも同じ業者様から依頼は時計の電池入れ蓋2個。
蓋だけあればいいので外してもらった。

こういう極小ロットは得意中の得意で大歓迎。
数が少なければこそ、より速く納品も出来る訳です。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

これがあったから

7100

昨日のボールペンから続き。

ボールペンの依頼価格は普通請けない金額だった。
それを請けた理由はパッド印刷の技量とかなんとか。

もう一つの理由は。
それを入れるのし箱印刷が抱き合わせだったから。

こっちも決して良い金額ではない。笑
だが、当社の専門だから900なんて容易いこと。
両方でまあ何とか良しとするところ。

実はこれを請けた数日後。
昔から取引のあるお客様からの問い合わせ。

やはりボールペンだが、メーカーでは間に合わなくなった。
そこで何とか出来ないかという相談。

その数は3000本で、のし箱はない。
希望価格は昨日のボールペンよりさらに安い。
古くからのお客様だが、これはもう即座に遠慮させて頂いた。

パッド印刷は小ロット歓迎。
シルク印刷は大量でも歓迎しております。

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

メーカー価格で

7098

ノベルティ業者様からの依頼はボールペン900本。
メーカーでは印刷が出来ない位置とか言う。

ただし、既にメーカーでの金額で提示済みなんだとか。
これで何とかお願いと、シルバーウィークの前にメールが届く。

こういう依頼は気が乗らない。
と言うより、普通は断る。
返事を放ったらかしにしといた。笑

でも請けたのは大量だから。
とは言っても一般的な考え方とは違う。

大量物件でも支障なくスムーズに出来るか。
どのぐらいの時間が掛かるのか。
厄介なゴールドでも問題なく進むか。

結果はまずまず。
支障なく進んだが、やはり時間は掛かる。
対価としてはシルク印刷の方がかなり勝る。

それでもこの手の依頼は請けていくつもり。
いずれ後継者を育てる時は必要になるだろうから。

新規のお客様からメーカー価格ではお請けしておりません。
その他の依頼の問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

桁違い

7154

最初に短い熱収縮チューブでサンプルを見ていただいた。
今度は量産のサイズでサンプル。

このお客様からは既にかなりの量が発注される予定がある。
それは今までの受注平均量とは一桁違う。

熱収縮チューブは一般のシルク印刷とは違い手間が掛かる。
とても一度に納品出来る量ではないから分納になる。

今日か明日には搬入されるだろう。
取りあえず先行分を今週中に仕上げなきゃ。

熱収縮チューブにロゴ印刷が可能です。
小ロットが殆どですから遠慮無く問い合わせ下さい。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

祝日は仕事

7156

小さなアルミの表示板。

50〜300枚が4種で1ロット。
それが10ロットぐらいあり、合計10000枚ほど。
今月中に順次納品していく。

この件の他、米袋や熱収縮チューブも入ってきた。
さらに通常のリピート物件も入るだろう。
月内はかなり忙しくなるはず。

でも土曜午後と日曜は休んだ。
更に祝日も休みたいところだが、さすがにそこまで休めない。
昨日はこのアルミ板4種類、計1000枚ほどを印刷。

しっかり頑張って行かなきゃ。

因みに当社は忙しくても仲間が控えております。
今月は既に数件仲間が担当している。

問い合わせ等は下記へ遠慮無く。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

サイズを変えても

7096

熱収縮チューブで新規の依頼はサンプルも無しの急ぎ。

熱収縮チューブは概ね300㎜ぐらいのサイズが基準。
そこに4個〜6個程度のロゴが入る。

今回の依頼は75㎜が4個だから300㎜丁度。
それが30本だから、個別では120個という事になる。

チューブにも様々な種類がある。
同じロットのチューブでさえ、曲がりや反りがそれぞれ違う。
今回のチューブでは、300㎜よりも150㎜が適していると判断。

一般的には印刷数が増えると金額も上がる。
しかしこの場合、印刷金額は数が倍になっても同じ。

300㎜30本から150㎜60本という小ロットだから。
短くなれば手離れも良く、印刷時間は大して変わらない。

さらに、印刷範囲が小さくなれば精度も上がる。
より良い精度で納めたいがため、少々の手間は仕方が無い。

熱収縮チューブに鮮明な印刷が可能です。
サンプルも無料です。(着払いで発送)

問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

包装袋は

7081

ポケットアルバムやクリアブックは良く手掛けている。

一般的な手刷り印刷機では少々厄介。
当社では特製の治具を用意しているので問題は無い。
(治具と言うほどの代物でもないが)

それよりも個人的に厄介と思うのは。
それらは大抵OPP袋で個別に包装されている事。

その包装から出す時間が好きではない。
ロットが多い時は家人に頼むが、少量では自分がやるしかない。
これがまた、刷る時間とあまり変わらないのだから。

その包装袋は基本的に捨てさせていただく。
袋は出す時に破れやすい。
丁寧に出していては、さらに時間が掛かってしまう。

あまり依頼はないが、どうしてもその袋を使用したいという場合。
何枚か破れることは承知していただきたい。

市販商品への名入れ印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

iPhoneケースの両サイドに

7060

見え辛いと思いますが、透明のiPhoneカバーです。
その両サイドにそれぞれ違うロゴをパッド印刷。

ロットは300個。
これでも一般パッド業者では少なすぎる量で嫌がるだろう。
両面というのも嫌がるかも知れない。

でも当社ではこのぐらいが好ましい。
自動機なら設定している時間で、当社は出来てしまう。
両面でも1日で仕上げてしまう。

片面を午前中に仕上げ、温風で乾燥。
午後にまた片面を仕上げる。
その時、午前に仕上げた面が擦れないように少し工夫。

一般業者は嫌がるような案件。
当社は普通にお請けします。

因みに納期は数日。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

熱収縮チューブはサンプル無料

Dsc07119

以前は集客のため、サンプルは何でも無料で提供していた。
今は多忙なので、基本的には受注した案件のみ。

例外は当方が面白いと思った場合。
受注前提などと堅いことは言わない。
取りあえず試してみようと言う。

もう一つ、熱収縮チューブも進んで提供している。
印刷業界でも、小ロットはほとんど請けてくれないそうだ。
仮に請けてくれる業者がいても、かなり技術不足とも聞く。

当社は丸いのから歪んだチューブまで鮮明に印刷出来る。
是非この技術を、熱収縮チューブ関連の方々に見ていただきたい。

チューブとデータを送って下さい。
無料でサンプルを提供します。
(送料はご負担願います)

問い合わせお待ちしております。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

手際よく

6915

100㎜×450㎜のマグネットに1色印刷。
ロットは2種類各500枚。

ロットが多くなれば、常に速く印刷する事を考えている。
印刷機の前に座り、素材は手が届くところに置く。
ドライラックは座ったままで載せられる位置に。

一般的にインク返しは刷った直後に行うが。
当社の場合は素材を置いて印刷直前に行う。

刷った直後にインク返しを行っているのでは。
手の動きが一往復無駄になるからだ。

一般的な半自動機では刷り手と取り手が居る。
それと同じぐらいの仕事量を1人でこなすぐらいになろう。

500や1000のロットは歓迎します。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

昨日は半日仕事

7105

8月から土曜午後と日曜日は休んでいる。
土曜午後は主に釣り、日曜は菜園の手入れや料理など。

しかし、今月に入ってから忙しくなってきた。
数の多い仕事が何件もあり、家人の手も必要。

家人は週3〜4日勤めに出ている。
手伝いは家人の都合に合わせなければならない。

今日の午後と明日は家人が手伝いに来る。
手伝いが来る時は、他のことは一切しない。

予定された件以外に突然急ぎも入ってくる。
昨日は日曜なのに搬入されたのがあった。

今日と明日は取り掛かれない。
ならと、昨日そのまま仕事に取り掛かり、今日これから納品。

2ヶ月前まで当たり前のように日曜も仕事をしていた。
久しぶりにしてみると、何だか仕事をしたという気分。笑

でも昨日は特別。
基本的に日曜は休むつもりだ。

只今当社は多忙ですが、仲間が控えております。
問い合わせはいつでもお請けしております。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

アクリルの小ロット

7008

アクリルのパーツが20set分。
印刷は下地の板と、上に重ねる板で2種類。

この場合も1個あたりの単価では請けられない。
版代と印刷が2工程での基本料金になる。

で、その料金はというと。
申し訳ないがここでは公開出来ない。

大分前になるが、出来るだけ金額を公開するとした。
しかし、当ブログを見ているお客様からクレーム。

それではと、幅を持たせて公開したが。
具体性に欠けるようなので公開しないことにした。

発注の予定はなくても料金が知りたい。
問い合わせにはお応えしますので下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

意外に安い

7082

7月から何度か手掛けている筐体。
ロットは30個で、4面に5工程の印刷。

この製品のロットは、今まで多くても50個。
20個とか30個が数回。

金属に印刷する業者は一般的に高額らしい。
特に小ロットは高いという事を聞く。
当社の金額はかなり安いと思う。

お客様が支払いの時、質問されたことがある。
請求金額を間違えているのではないかと。笑

最初に金額のことは言ってあるのだが。
お客様の感覚では随分安く思われたのだろう。

当社で小ロットの場合、30個以下は1工程あたり幾らになる。
1個でも20個でも取り掛かる時間はさほど変わらない。
ということで、少量の場合では基本料金を設けている。

それはアクリルや金属などの素材で違い。
また、印刷内容でも違ってくる。

この基本料金、一般業者は高額で版代も高いと聞く。
さらに、納期が数日などということはほぼ無い。

金属製品の小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

予定は多い

7077

月が変わった。

今月は15日頃までかなりの予定が入っている。
週明け納品の小ロット急ぎもあるし。
2週間も期間はあるが量は多い案件とか。

先月は小ロットばかりだったが、今月はまとまった数が多い。
米袋残り1100枚を始め、1000個ロットが数件入っている。
他にも入ってくるのはあるだろうし、前半は忙しくなる事が確実。

季節的にも快適になった。
仕事はしっかりこなし、合間に少し運動。
土曜午後と日曜はしっかり休めるように努めよう。

当社は忙しくても仲間が控えております。
急ぎにも対応出来るので下記に問い合わせを。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »