« 布地も微妙 | トップページ | グラスに試し刷り »

2015年8月21日 (金)

アタリを明記

6800

一般的にはボール紙という厚紙。
通常の紙印刷では小ロットが難しいとか。

このような印刷では文字が細かく細いことが多い。
シルクスクリーン印刷ではそこが苦手。

とか言うのは一般的な印刷業者。
しっかりポジを作り、高メッシュで製版すれば大概は可能だ。
普通の名刺のような細かい文字だって、難なく印刷出来る。

さて本題。

画像の件は後で四方を裁断する。
こういう場合、印刷のアタリ(針とも言う)位置を明確にする。
見えにくいが、ピンクで記した△がそれ。

この厚紙は多分正確に裁断されているだろう。
その場合は必要無いが、バラツキのある場合は絶対必要。

もし、印刷のアタリと逆を基準に裁断したら。
裁断後、印刷位置は全てバラバラという事になるからだ。
正確に裁断されていようがいまいが、一応記しておくこと。

厚紙など紙類に小ロット印刷。
問い合わせは下記へ。

tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

|

« 布地も微妙 | トップページ | グラスに試し刷り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アタリを明記:

« 布地も微妙 | トップページ | グラスに試し刷り »