« 樹脂板を節約 | トップページ | 超特急 »

2014年10月13日 (月)

修復

2_3

かなり古いガラス製オーディオパネル。
白の文字は裏刷りで問題ないが、金文字は表刷りで消えかけている。
この金文字をしっかり落として刷り直す依頼。

3_2
画像が良くありませんけど、綺麗に刷り直されているんですよ。笑

金は当社が普通使用している601Cではなく、一般的な金粉。
この方が601Cより輝きは良いのですがやがて錆びる。
なのでさらに、同じ版でトーメイメジュームを刷る。

裏の黒も剥がれている部分が何カ所か。
その剥がれ部分には黒をタッチアップしてあげました。
小さな部分は全く判りません。

しかし、少し大きい部分になると。
黒は黒でも、インクが違うと黒味が違う。
素人目には殆ど判らないが、プロの眼には違いが判る。
尤も、指摘されなければプロでも気が付かないレベルだが。

このような修復印刷も相談に乗ります。
0463-84-5541かメールでお問い合わせ下さい。

|

« 樹脂板を節約 | トップページ | 超特急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修復:

« 樹脂板を節約 | トップページ | 超特急 »