« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

8月も終わり

なんか、とても長く感じた1ヶ月。
夏休みが1ヶ月もあったような感もする。

計算していないが、売り上げは月平均の半分ぐらいだろう。
今日はこれから計算し、請求書を書く。
1時間もあれば終わりかな。(苦笑)

問い合わせもまた少なかった。
ほとんどは本当に問い合わせという感じで、現実味が感じられない。
最後に一応見積もりもしているが、やはり成約は1件も無し。

夏休みが終わって忙しかったのは先週だけ。
今週は月末で大変かと思いきや、そうでもなかった。

重複する事もなく、キャンセルもあったりでスムーズな流れ。
来月の話はここに来てやっと動きが出てきた。

長いバカンス?は終わり。
と、なりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

ぶれるなら

81
保冷バッグに印刷の際。
透明感のある素材では、色の再現は難しいと伝えてあった。
たとえDICで指定されても、完璧に再現できないものなのだ。

が、これは指定されたDIC209を再現できた。
もちろん、全色再現できないという事ではない。
色によっては出来るのもあるし、出来ないものもあるという事。

今回の希望はDIC209。
これが再現できず、ぶれるならDIC208方向に。
という方向性を示していただいたので作りやすかった。
結果はピッタリだけど。

82
そしてこちらは再現できなかった方。
こちらは青みや赤味、そして白具合を指示していただいた。
結果はやや白く赤い方へ。

印刷色というものは、指示された番号通りに再現するのは難しい。
もっとも、指示する側もその番号色がぴったりという事も少ない。
たまたまある見本帳で、近い色番号という事が多い。

イメージにできるだけ近づけるなら、このような指示を加えると良い。
依頼者の皆様、どうぞこの点ご留意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

これには出ない

95
ステンレス製のケース。
これにDICの蛍光色番号で指示された。

元々金属に、淡い色や鮮やかな色は1回刷りで再現できない。
2回刷ればそれなりに近付ける事が出来るが、問題は単価。
このケースはさらに形状からも問題があり、2回刷るのも難しい。

こんな時はどうする?
出来る限り粗いメッシュの版で膜も厚く、インクも硬めで刷る。

メッシュの粗さ加減は、微細な文字を考えながら。
粗いほど微細な文字は潰れやすい。
インクの硬さは量産を考えながら。
硬めだと目詰まりしやすい。

結局、どっちも取れず普通の版で普通に印刷。
色具合はそのイメージという事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

シューズにロゴ印刷

31
このシューズ、あるプロスポーツ選手の特注品。
1足のみ、踵部分にロゴ印刷を受註。
今回は2度目。

32
まずは左。

シューズを固定するのが一番の問題。
1足だけだから、今回もあり合わせの箱などを使って何とか固定。

そして印刷。
前回は素材が滑らかで、すんなり印刷出来た。
今回はざらざらして、しっかり印刷出来ない。

ここは2度押しで印刷。
しかし、治具が完璧でなく、微妙にズレる。
拭き直しが出来る素材で良かった。

33
次は右。

左と同じような位置に合わせるのが難しい。
ここも2度押しするが、何度も拭き直して完成。

1足で2時間も掛かった。
量産は無理だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

色の差

Dsc02142
特別な紙に同じ条件で印刷したが、濃さの違いが出た。

同じインク、同じ版、同じスキージーで、連続して印刷した結果。
大量に刷る場合は、最初と最後でこういうことはあり得る。
この場合は数枚連続して刷っただけ。

違いと言えば乾燥方法。

右は印刷直後ドライヤーで強制乾燥。
左は送風のみ。

ドライヤー乾燥ではおそらく、紙に染み込む前にインクが乾燥。
なので、表面に多くのインクが残っているから濃い。

送風のみではインクがゆっくり染み込む。
結果、表面に残るインクが少なくて薄く見える事になる。

という事でしょうけど、これは調色時に時間が掛かって困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

即日発送は無理

Dsc02113
アクセサリー関係の小物アクリル。

届いたのは昨日の昼前。
即日発送を望まれていたが、さすがに無理がある。
印刷物は乾燥させる必要があるので、通常は翌日発送。

金属類は熱処理後ならいつでも発送できる。
アクリルなどは熱処理が出来ない。
せいぜい温風乾燥だけ。

それでも朝一番に印刷し、夕方まで温風乾燥なら発送できる。
3〜4時間の温風乾燥でも、一応大丈夫なことは経験済み。

でもそれは数が少ない時の場合。
今回は500個ほどもあり、万が一を考えるとやはり翌日まで乾燥だ。

他の方法では、印刷面をくっつけない梱包なら即日発送も可能。
だが今回は数が多過ぎ、梱包の手間が大変。
また不完全な乾燥では梱包中に傷がつきやすい事もある。

大事を取って今日発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

重複

夏休みが終わってこの1週間。
本調子に戻ったのは前半だけで、後半は待ち状態が多い。

素材の加工待ちやデザインが決まらない事などなど。
これから1週間の間に、それが重複する事は間違いない。

逆に、ある件で忙しい時、別件が遅れるのは嬉しい事。
上手い事流れているとほくそ笑む。
だが、そういうことは年に数えるほど。

大概は逆な事が殆ど。
順調に予定を組んでいる時、どれかが遅れて重複する。
あるいは先に欲しいと言って重複してしまう事。

今日はこれから材料が届く件がある。
今日中に印刷して明日発送の予定。

これも予定が早まった件だが、今日は他に急ぐ物件はない。
むしろ、休日のつもりでいたから歓迎する。

ただ、荷物が午前中に届けば良いが。
たとえ午前着の指定でも、まれに午後になる事もある。
これもまた年に数回はあり、よりによって急ぎの時が多い。

今日は早めに帰らなければならない用がある。
夕方に届いたんでは困るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

版を返却

Dsc02076
支給された版は、何年前に預かったか覚えていない。

随分長く手掛けさせていただいた物件。
版の返却と共に終了。
今後は内製化するのだそうだ。

実はこの版、支給されながらも当社では使用していない。
この版では細かい文字が潰れたり、目詰まりで消えたり。
それはそれは扱い辛い版だったのだ。

そこで、一緒にポジも預かっていたので当社独自に製版。
潰れや目詰まりもなく、どんな急ぎにも対応してきた。

内製化だから急ぎには問題ないだろう。
ただ、技術的な問題はどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

厚みのある素材に

41
操作パネルに印刷。

42
厚みが10数㎜有り、端までぐるりと罫線を印刷しなければならない。
普通に置いて印刷すると、刷り出しと終わりの線が滲みやすい。
特に刷り終わりの時にスキージーが落ちる。
この時に、適度な版離れが起こらないからだ。

43
対応策は、このような治具を作り、パネルをすっぽり入れる。
これで印刷する面の高さを同じにする。
こうすると、刷り出しも刷り終わりも平面時と同じになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

木札にサンプル

Dsc01969
塗装されていない無垢材に印刷。

木材にも種類は様々あり、その種類によって表面は違う。
今回は杉・檜・檜葉の3種。
どれも表面は柔らかい。

柔らかい場合、インクが緩いと滲む可能性がある。
水を垂らせばすっと染み込んで行く感じ。
対応策はインクをやや硬めで印刷する。

急ぎでサンプル提出したいと言ってきた物件。
もちろん、木札が届くやその日のうちに印刷し、翌日発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

仕事も速い

77
仲間に頼んだトートバッグはトレーナーのような生地。
これに蛍光色のような感じという注文。
同じ版で2色各20個。

納期は1週間あったが、3日目に早く欲しいと言ってきた。
仲間に問い合わせると、既に印刷済み。
直ぐに発送してもらう。
お客様には喜んでいただき、仕上がりもイメージ通りとか。

仲間も当社同様仕事は速い。
お客様が言う事には、印刷金額も安いそう。

布関係は仲間が担当しています。
ご希望の際は当社に問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

昨日から本調子

101
夏休み中に手掛けるつもりでいた新規物件。
いつも必ず急ぎなのに、今回は珍しく納期に余裕がある。

そうなるとついつい明日明日と先延ばしにしてしまう。
今回も1週間ついつい先延ばし。

昨日から夏休みが終わり、色々と動きが出てきた。
いつまた忙しくなるか分からないから、ある仕事は先に片付けなきゃ。

という事で、やっと本調子に新規物件の特色4色を調色。
美術系なので調色は特に気をつかう。
通常の2倍の時間をかけて。

102_2
この件は決まると継続して印刷する事になる。
最初に作った色は基本色としてチップを保管。
使用原色や注意点なども書き留めておく。

何度か印刷していくうちに、必ずインクは足りなくなる時が来る。
その時に、同じ原色で調色し、同じ版で試し刷りをする。
そうすれば、保管してある基本色チップとピッタリに再現出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

トラブルに協力

66

装飾関係のアクリル製品にクレーム。
当社の責任ではなく、加工屋さんの問題。
1日でも早く再納品しなければならないだろう。

夏休み直前の事で、普通の業者なら夏休み後が当然。
当社は特に休む予定はないので、いつでも対応出来る。
でも、加工屋さんは夏休みを取りたいだろう。
土曜日に届いたが、その日のうちに印刷し、日曜着で発送。

夏休み前に納品できたかな?
無理だったとしても、休み明け一番で納品だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

夏休み気分も

今日で終わり。
結局、しなければならないと思っていた事は半分ほどだけ。
やはり緊急性がないと、始めるにも気が乗らない。

逆に趣味の菜園はしっかり手入れできた。
これは正当な夏休みの感がする。笑

この1週間は、久しく味わった事がないほどゆったりした気分だった。
5月から7月まで忙しかった結果のゆとりか。

明日からは日常に戻る。
気分を改め、仕事に取り掛からなければ。

今日も暑い。
何処へ出かける気も起きない。
冷房を効かして掃除でもしよう。

スタート前の助走かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

SG-740

Dsc02047

今日は、いただいたコメントに答える形で更新します。

当社では一般的な素材にSG-740を使用している。
汎用性が高く、今は殆ど。
アクリル・塩ビからアルミ・ステンレス、紙・布などなど。

ガラスは質によって着かない事があるので、事前のテストが必須。
今までの経験では、平板状のガラスには割と相性が良いようだ。
加工された瓶やグラスなどへは悪いほうが多かった。

パッド印刷にも今のところSG-740を使っている。
専用のサンプルインクを使った事はあるが、どうも使いづらい。
ガラスにも対応しているというインクでも着きは悪かった。
そのタイプで完璧なインクもあるそうだが、使いづらいのが問題。

他のパッド業者でもSG-740を使っている事が多い。
と、資材関係者が言っていた。

前処理や後処理など。
そこまで研究していませんので分かりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

夏休みでも急ぎが

Dsc02030
昨日の件とほぼ同じ内容、赤塩ビ板に白2回印刷。

世間では殆ど夏休み。
当社は休み半分仕事半分。

電話は鳴らないし、ネットの問い合わせもない。
昨日は昼過ぎに終わり、用事のついでにそのまま帰ろう。
かと思ったところに電話が鳴る。

問い合わせは急ぎの印刷。
隣町の方で、明日中に欲しいと言う。
ならばこれから直ぐに手掛けましょうとデータを送ってもらう。

実は休みの間に製版しておかなければならない件がある。
昨日製版しようと思ったけれど、こんな時のために延ばした。
(面倒くさくなっただけ。笑)
直接来るというので、その間に他の物件と製版。

素材は赤のアクリル板5枚。
そこに出来るだけ白を濃く印刷したいと言う。
ドライヤーをあてて2回刷れば全く問題ない。

このお客様、私の趣味のブログを見ていると言う。
自分でも小さな庭に色々植え、当ブログを参考にしているとか。
印刷時間は15分ほど、趣味の話で2時間ほど。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

また保冷剤に印刷

1
丸めてペットボトルが入るタイプの保冷剤。

2
この保冷剤のジェルは割と硬い。
手で押しても容易には動いてくれない。
こんなに波打った表面に印刷出来るか?

3
中に板を入れ、ジェルを出来る限り均一になるようならす。
でも殆どこのまま。
結果は刷ってみなければ分からない。

4
と、結構上手く行って、自分でも少々驚き。
もちろん、それなりにインクや版に気をつかって刷った結果だが。
細かい部分を公開できないのが残念なところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

やっぱり仕事

今日は孫を連れて海へ行く予定だった。
が、昨夜になって長男から行けないと連絡が来た。
大人の事情とか言っていたが、犬も食わないあれか。笑

それなら仕方ない。
仕事でもしよう。

昨日、新作カードのデータが入稿。
このお客様には珍しく、急いでいないと言う。
そう言われるとまた後回しにしたくもなるが、今日は仕事をしたい気分。
2日間孫に付き合った反動かな?笑

はたまた前記事へのコメントにあったような不安感か。
確かに、仕事があるのに休むのは、納期などの面で不安になる事もある。
よほどの余裕でもあれば話は別だが。

さて始めるか。
午前中は事務仕事をし、午後は落版や製版。

明日は?
明日になってから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

夏休み

長いところでは昨日から。
その他でも14日から18日までだろう。

当社は夏休みなど無いが、受注で満杯という事でもない。
本来の仕事は8日間の内2日間ぐらい。
納期は全て休み明けだから急ぐ事もない。

他の時間は事務仕事や落版作業、片付けや掃除などなど。
ここぞとばかり、しておかなければならない間接的業務も多い。

しかし、こういうことは緊急性がない。
つい、明日明日と延ばす気になってしまう。

おまけに5月からずっと忙しかった。
午睡の心地良さに、その疲れが出てきているような気もする。
などと、昨日から急に思い始めた。笑

と言う事で、これから1週間、半分夏休み気分で過ごす事にします。
とは言っても、仕事場には毎日出勤している。
緊急の依頼も受け付けるので、遠慮無く問い合わせを。

ブログもさすがにこれから1週間は見る方も少ないだろう。
毎日欠かさず更新しているが、これも1週間は夏休み。
気が向いた時や、面白い事があれば更新します。

皆様、残暑に負けませんように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

メールで確認

1_3
印刷位置やサイズを当方にお任せさせられる事も多い。
いくらお任せと言っても、一応確認はする。

サイズや位置を何点か作り、デジカメで撮る。
それをメールで送信。

2_5  
扇子に名前の位置も。

3_3
アルバムにロゴの位置やサイズなど。

時間がある場合、実際に印刷したのを見てもらう事もある。
この場合サイズの変更はダメ。
位置と色合いに関してのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

布製コースターに名入れ

32
布製のコースターにロゴを名入れ印刷。

このぐらいなら当社でも可能だが、他の件とついでに仲間に頼む。
ロットは15枚ずつ30枚。
15枚ずつと言っても、印刷は同じだから実質30枚ロット。

仲間の仕事も速い。
特に急がないと伝えても、3日後には完成していた。
正に、他の件のついでにちょちょいと手掛けたそうだ。

おまけに単価も安い。
当社は借り物の建屋が仕事場で、仲間の仕事場は持ち家。
当然当社より単価は安くなる。

具体的な金額は控えるが、他社の版代で仕上がるような事もある。
10や20とか、50程度なら他社の版代程度で出来る事も多い。
また、そのような小ロットを喜んで請けてくれる。
諦めていた方は是非問い合わせて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

これも日曜発送

33
日曜日に届いたサンプル物件6種類。

前日に届き、この日発送する件とは同じお客様。
これだけでまた月曜日に別発送するのももったいない。

34
さっさと印刷し、しばらく温風乾燥。
触っても大丈夫になったところで梱包。

35
触っても大丈夫とは言え、届くまでは半日以上ある。
アクリルなど長時間密着すると、印刷部分も着いてしまう。
他に着かないように工夫して梱包し、前日の分と一緒に発送。

発送代が節約出来るし、何より急ぎで届けられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

曲がり具合

44
アクリル製のアクセサリー。

45
その一部分にロゴをパッド印刷した。
今回はサンプルでこの3個のみ。

だが、印刷部分はそれぞれ曲がり具合が違う。
事前に版を用意していたものの、曲がりすぎて刷れないのもある。

さらに、手加工で曲げるが故、その位置もまた微妙に違う。
個別にそれぞれ位置出し。

これでは量産時の単価を出しようがない。
手加工であろうが、印刷を踏まえた加工技術が必要と要望。

因みに、届いた日に印刷して即日発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

日曜日に発送

55
土曜日に届き、月曜に欲しいと言うサンプル20数種。

話が来たのは金曜日。
土曜日は他の件を予定していたが、急遽こっちを優先。
昨日発送し、今日の非理前には届くだろう。

他の件は昨日にスライドし、これも今日納品。
ちょっと面倒な件で1日余裕を持たせていた。
その余裕が無くなったものの、問題なく出来て一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

米袋に印刷依頼?

震災があった地方から、米袋印刷の問い合わせがあった。
色々話を聞くにつれ、印刷の依頼より、自分達が印刷したいのだと言う。

たまたま米袋を再利用するという案件があるとかで。
それに印刷をして付加価値を高めたいらしい。
さらにそれは、雇用のためでもあるとか。
その電話の声からは必死さが伝わる。

でもねぇ・・・
シルク印刷は “素人でも簡単にできる” 
様に見える。

だが、素人の趣味ならいざ知らず。
販売が目的になるとプロの技術が必要。
米袋などは、一般のシルク業者さえ敬遠する代物だ。

その案件に対してはプロに任せた方が良い。
という話になったが、単価を伝えるとため息。
それを聞く当方もため息。苦笑

まげねーで!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

保冷剤にも名入れ印刷

5_2
プニュプニュの保冷剤。
以前、携帯カイロに印刷した事があった。
同じような感じだが、こっちが少々柔らかい。

6
携帯カイロはパッド印刷だったが、今回はシルク印刷で対応。
素材と版は捺染染めのようにぴったり付けたまま。

インクは溶剤で薄め具合が難しい。
薄めすぎると滲み、硬いとヒゲが出る。

7
位置合わせ保冷バッグ同様難しい。
特にこっちはプニュプニュ動き、なおさら難しい。
シビアな位置は求めない方が単価的に無難。

ロットは保冷バッグとセットの50個。
名入れ需要はあると思うが、一般のシルク業者は請けてくれるか?
そもそも経験がないというだけで断るだろうな。

夏はこれから本番。
保冷バッグ・保冷剤に名入れ印刷は当社におまかせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

保冷バッグに印刷

1_2
保冷バッグだからフカフカの素材。
既に印刷されている、真ん中のエッフェル塔部分にロゴを印刷する。
問題はその位置。

2_2
普通はバッグの外側とか基準にするが、それではバラバラ。
透明フィルムを固定しておき、印刷位置を記しておく。
そこにバッグを置き、正確な位置を合わせる。

3_2
フィルムは外し、そのまま動かさないように印刷。
フカフカな素材だから、版は密着状態になり、そっと離す。

素材は不明だったが、インクはSG-740で着いた。
薄いと滲み、濃いとヒゲが出る。

4_2
50個印刷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

パッドのシリコン

1_2
先日、ルアーに名入れのお客様が来社。
時間を予定しておき、一緒に印刷してお持ち帰り。

ルアーには印刷後塗装する。
前回は塗装の際にはじく現象があったそうだ。

先月、別件でパッド印刷した際ピンホールが多かった。
そこでパッドを替えたところ解消。
後日、資材営業のFさんから原因の指摘。
なるほど、パッドのゴムからシリコンが出ているのか。

当社はパッド印刷を毎日行っている訳でない。
たまにと言っても良いぐらい。
パッドも使用することなく、次の印刷までそのまま。
どうやらその間にシリコンが表面にたまっている状態なようだ。

たまたま前回印刷した分は、パッドのシリコンが少なかった。
印刷でのピンホールは無かったが、微量が塗装に影響したかも。

パッド使用頻度の少ない当社。
始める時には、まずパッドを溶剤でさっと拭くのが良いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »