« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

7月も終わり

何だか、1ヶ月間ずっと蒸し暑かったような。
先月に比べるとさほど忙しさはなく、内容も大したことない件ばかり。
これまた不快指数が高い。笑

それでも平均的な売り上げぐらいはあっただろう。
今日は今月の集計と請求書を作成する。

そして明日から8月。
世間の企業では夏休みが1週間ほど。
例年受注量は少ない月で、今年もその見込み。

なのに、当社は夏休みなど当然無い!
本業が無い時も、しなければならない事は山ほどある。
(ありすぎて手が付けられないかも。笑)

とは言え、3〜4日ぐらいは休みたいものだ。
連続した休みではなく、ポツポツ休める方が良い。

どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

黒地に鮮明色

11_2
黒地のトートバッグに鮮やかなピンク色。

当社でも印刷は可能だが、50個もあると恐ろしく手間が掛かる。
ここはやはり仲間に頼んだ方が無難。

この件は請けるのも仲間に委ねた。
当社の手は離れたが、参考までにとサンプル画像を送ってくれた。

実に鮮やかな発色。
さすが餅は餅屋。
これからも頼むよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

微細な抜き文字

1_2
ある商品のガラス部分に、黒で全面抜き印刷。
光を通すので、黒部分は透けない事が条件。
SG-740黒コンクなら1回で大丈夫だが、ここは慎重に2回刷り。

2_2
印刷された細かい抜き文字。(下は1㎜の目盛り)

もの凄く難しく見えるだろうが、それほどでもない。
しっかりしたポジフイルムと、330メッシュの版で大丈夫。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

徒歩通勤

通勤の車は車検。
2日掛かるというので徒歩通勤する事にした。

自宅と仕事場は徒歩15分ほど。
徒歩通勤は何時以来だろうか?
全く記憶にない。

歩くと、見える風景も違う。
これは当然で、車で走るのと歩くのでは道が違うからだ。

自宅と仕事場の間には川が流れている。
徒歩の道では歩行者用の橋があり、直線的に通る事が出来る。

ところが車では、上流の橋も下流の橋もかなり離れている。
どっちを通るにせよ、ぐるりと遠回りしなければならない。

徒歩では1㎞ぐらいだが、車では2.5㎞も走る。
実に無駄な気もするが、仕方のない事。笑

ところで私は、一日中仕事場の中を動いている。
これが運動になっているかと思いきや、そうでもないらしい。
仕事では、いくら動いても運動とは違うか。

最近は忙しく、山や公園をキノコ探しで歩く事もない。
かなり運動不足になっているはず。
たまには意識して歩く事が必要だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

スプーンに名入れ

1
あるグループの方から依頼。
スプーンの柄にグループのロゴを印刷する。

2
ロゴは2種類。
それぞれ白と赤系で各10本ずつ。
モザイク無しでお見せできないのが残念。

少量で申し訳ないと言われていた。
何の何の、このぐらいの量に対応するのが当社の取り得。
一般のパッド印刷業者では、おそらく嫌がるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

蛍光色は

1
数年前まで蛍光色は殆ど使わなかった。
看板では耐候性を求められる事ばかりだったから。

2
最近は様々な物件を手掛けているので、蛍光色の出番も多い。
蛍光色は通常のインクに蛍光パウダーを混合して作る。

3
非常に便利だが、問題点はスキージーが染まる事。
この後で白を刷ると、白インクがうっすらピンクに染まる事がある。
蛍光色には専用のスキージーを用意した方が良い。

ただし、これは油性インクの特性らしい。
水性インクでは染まる事がないと言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

扇子がちょくちょく

1_2
扇子へ名入れの依頼がちょくちょくある。
専用治具(と言うほどの代物でもないが)の出番は多い。

2
今回はあるアーティストのファンクラブから200本ほど受註。
先週もそれぞれ別なお客様から、50本100本と受註があった。
面白い事に、その扇子の絵柄は同じのが多い。

この扇子に問題があるのは柄の部分。
柄の太さや幅・削り角度が違うとか、竹なので繊維が粗いとか。
そこに印刷するのだから困ったもの。

でも、それなりに見えるよう印刷する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

ソックスにプリント

Img_6776
最近はソックスにプリントを依頼される事が多くなった。
残念な事に公開できないが、細い線が鮮やかに印刷されている。

当社に依頼があり、仲間に頼んだ。
担当は仲間の息子。
Tシャツなど、布関係を専門としているから出来は素晴らしい。
これを見ると、もはや当社では印刷出来ない。

今後、布関係は仲間が印刷し、当社は窓口担当。
だからと言って当社は手数料など取らない。
仲間を紹介するだけの窓口だから、遠慮無く問い合わせて欲しい。

5足10足という小ロットから、1足だけのサンプル印刷も可能。
あるいは100足200足から500足でも1000足でも。
納期も1週間程度で、相談すれば特急もOK。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

分納

Dsc01768
メッセージカードの緊急注文が入った。
しかし、保管してある紙は注文数に足りない。
取りあえず残っている紙数を伝える。

と、振り分ければ緊急分は何とかなる。
注文数を刷るのが効率的だが、緊急事態は仕方ない。
半数ほどを取りあえず発送。

当社はこのような場合、細かい事は言わない。
単価も同じで対応する。

因みにインクはSG-740で、硬化剤は使用しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

留守電で

Dsc01746
400㎜×600㎜のPPにMS-8で看板印刷。

MS-8のインクは乾きが速い。
印刷中、電話に出たりすると版が乾いてしまう。
印刷面が大きいと拭くのが面倒だ。
1工程毎、一気に進めてしまいたい。

そこで留守電にしておき、電話には出ない事にする。
用があれば録音してくれる。
大した用でなければ録音までしない。
連絡は手が空いた時にする。

これを印刷したのは土曜日。
あまり電話は来ない日だが、何本か掛かってきた。
録音がないので誰か分からないが、夕方になり判明。
一日留守だったのかと言われる。笑

最近は留守電にする事が多い。
返事が欲しい方は是非録音かメールで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

休みは

無いのですか?
と、良く訊かれる。

基本的に、休日などと決めていないが。
仕事がある内は休むという事が無い。
今日も特に急がされている物件はないが、朝から仕事場にいる。

予定としては、昨日印刷した分の修正を少々と乾燥。
明日欲しいと言うお客様に梱包と発送。
明日印刷予定の件で、お客様と詳細を確認。
メールでの問い合わせへ返信など。

いつもよりゆったりした気分で、午前中には終わる。
午後は昼寝と菜園の手入れ。
いつも帰宅は8時ごろだが、今日は5時か6時。
途中で投票。

これで休日気分なのだ。笑 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

蓄光シートに印刷

1_2
蓄光のシートにSG-740のインクで印刷。
印刷としては普通で、何も伝えるべき事は無い。
一般のカッティングシートと同じ印刷で良い。

2_2
上は明るい部屋に置いたシート。
下は暗いところへ入れた。
撮影時は少し薄暗い。

3_2
さらに暗くすると。
上のシートはボヤッと光る。

これが蓄光シートです。
って、それがどうした!と言われるなあ。笑
まあ、見た事無い方のために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

3合用米袋に印刷

1
コシヒカリ“アモーレ”の3合用米袋。

これもまた1週間ほど延ばしてしまった。
完成の連絡をしたところ、催促しようとしていたそうだ。
速い納品が取り得の当社なのに・・・

これは在庫が少なくなっての注文。
こういう場合は、まだあるだろうと先延ばしにしてしまう。
本来、受註順に取り掛からなくてはならないのだが。
在庫が無くなる前で良かった。

2
ところで、完成された米袋に印刷するのは難しい。
様々な要因があるが、このゴムで束ねているのも問題。

3
ゴムがきつく、ごらんのような皺が出来ている。
こうなると、この部分には細かい印刷は難しい。

今回の印刷はこの部分に細かい印刷はない。
元々こういうことを考慮したデザインになっているからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

ルアーのリピート

1_4
先月手掛けた、ルアーに名入れした件のリピートが来た。

昨日は今日納品する分で6時頃まで掛かった。
この時間ではまだ一仕事できるが、このところさほど忙しくない。
特に急ぐ事もないようなので、たまには早仕舞い。

とか思ったが、いつもの習慣でつい始めてしまう。
この件は治具も版も保管してある。
手動パッド印刷機では、ものの30分もあれば出来てしまうからだ。

2_4
と言うのも、今回のロットは22本。
リピートは形も前回通り全く同じ。
印刷色や印刷位置などに迷う事もない。

昨日宅配便で届き、即日印刷。
そして翌日(今日)発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

新聞を見たら

Dsc01712
土曜日の新聞。
思わずにんまり。

当社と記事は何の関係もない。
にんまりしたのは、当社の印刷物が写っているから。

最初に請けた時、色校正は3回だったか4回だったか。
実にこだわりを持ったデザイナーだった。

この会社とそのデザイナーとは関係ないだろうが。
なるほどと頷ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

1週間遅れ

Dsc01708
メッセージカードの注文を頂いたのは今月1日の月曜日。
注文数は15種類各100枚〜200枚。

その時点で予定はさほど詰まっていなかった。
週末か、翌週初めには納品できると返事。

ところがそれから急ぎ物件が相次ぐ。
1種類か2種類手掛けては、また別な急ぎが入ってくる。

週末納品はもちろん間に合わない。
翌週初めの予定を翌週末に変更。

そうしたら次はインクが足りない事態に。
またまた変更をお願いし、翌々週初めに約束。

このカードは在庫分で、直ぐにと急がれている訳ではない。
だが、当社としては、納期を言った以上は守らなきゃ。

日曜月曜と、世間は連休でもせっせと印刷し、やっと全数完成。
1週間ではあるが、2週間ぐらい待たせた感はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

待つ人も

Dsc01696
アクリルの小物、26種類各100個〜200個の印刷が完了。

アクリルの加工も一度には出来ず、数回に分けて搬入。
当方も一度には出来ないから、この方がありがたい。
届いた分から印刷し、順次発送。

この連休、加工屋さんも休み無し。
印刷後の加工もあり、連休返上だそうだ。
画像の分は最後6種類を土曜日に印刷。
そして昨日、今日着で発送。

当社も、連休返上で今日も仕事。
いつもの事ですが。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

不安は現実に?

1週間前、高額商品への印刷は遠慮すると書いた。

もし、失敗したらその商品を弁償しなければならない。
印刷代などたかが知れている。
その為に、数十倍以上の費用が掛かるなら考え物だ。
ましてその数が多く、総額1000万などとなれば、当社など破産だ。

それから数日。
なんと、近所の工場に泥棒が入ったらしい。
朝、そこを通った時に警官が事情聴取をしていた。

3年ほど前は、隣の金属加工会社に泥棒が入った。
もしかすると、当社にも入っていたのに気がつかなかった事があるかも?

当社は現金も置かないし、金目の物もない。
せいぜいパソコンぐらいか。
印刷で預かっている品物など、一般的には価値がない。

古い建物だから、進入も簡単だろう。
気付かせないように出るのもまた簡単だろう。

以前、セキュリティ業者が営業に来た事がある。
こんな建物だよ!と、言ったところ。
そうですねぇ--と見回し、苦笑して去ったぐらいだ。

気をつけるにしても仕様がない。
鍵をかけ忘れない程度じゃ。
それよりも、金目の物を置かない方が良いだろうな。

さて、今日も仕事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

気持ちの余裕で

Dsc01678
定期的に受註するようになった物件。
カーボン素材の類似型6種類各30個にSG-740で2色印刷。

赤の部分は下地に白を刷り、その上に0.2㎜大きくした赤を刷る。
誤差0.1㎜以内。
じっくりと腰を据えて取り掛からなければならない。

だが、昨日朝搬入し、夕方には欲しいと言ってきた。
さすがにそれは確約できない。
微妙な合わせ故、刷り直すことも珍しくないからだ。

自分なりの予定でも、上手く行って夕方完成。
それから焼き付けして渡すとなると7時か8時。
その時間では朝一番に渡すのと同じ。

朝一番にしてもらい、気持ちが楽になる。
こうなるとスムーズに、ミスもなく進むものだ。
結果的には夕方渡せる時間に終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

インクが足りない

1_2
調合したインクはリピートに備え、全てストック。
後で印刷しても同じ色に仕上がる。

今回は定期的にリピートが来るカード印刷。
昨日始めようとした時、インクが足りない事に気がつく。

確かに前回、次が来る前に作っておこう。
とは思っていた。

幾らストックしていても、やがては使い切る時が来る。
そのタイミングは忙しくない時が好ましい。

だが、そう上手く事は運ばない。
今回もまた忙しく、カードも少々先延ばしにしてもらっている時。
これでまた予定通り進まない。

2_2
とは言っても、インクを作らなければ進まない。
ささっと作ろうと、原色の缶をを取り出したら・・・

これもまた足りない!
急いで注文したものの、届くのは明日。

連休前に納品すると伝えてあったが、連休明けになってしまう。
お客様も今すぐ必要ではないらしいが、約束した事は守りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

予定通り

711
帆布に印刷が300枚。

依頼は先週初め。
お客様は鹿児島の方。
既に何度か依頼を受けている。

急いでいるとの事で、予定を立てておいた。
今回は新しいパターンで、版も事前に用意。
予定通り昨日帆布が届き、直ぐに印刷。

さすがに300枚ともなると、急ぎ希望でも直ぐに出来ない場合がある。
このように、事前に搬入日が分かれば予定しておく。

そして届いた翌日の今日発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

パッド印刷で500個

16
アイフォーンカバーの裏にパッド印刷。

手動パッド印刷機を導入して2年。
最近まで積極的な営業はあまりしていなかった。

5月にあるお客様から相談があった。
そのお客様は元々見込みがあるのに、あまり営業していない。
ある程度の技術を身につけてから。
と、思っていたからだ。

そのお客様からは、サンプル依頼も受注として請けている。
この場合は無償でサンプル提供。

すると、期待通り500個2色印刷が決定。
1週間後、カバーが送られてきた。

パッド印刷500個でも、当社は速いという事をアピール。
翌日印刷し、翌々日には発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

トラブル・・・

昨日は午後から微細な印刷を始めた。
ところが、微妙に位置が合わない。
しっかり調べたところ、データが微妙に曲がっている。
サンプル時にはさほど気にならなかったのだが。

その間、何度も版を拭き直した。
すると、微細な抜き部分が落ちてしまった。
ルーペで見なければ判らないような部分。
だが、そこがこの件の見せ所なのだ。

直ぐさま版を作ると思ったら、今度はフィルムが見当たらない。
探しても探しても見つからない。

当社では出力できない微細な文字。
外注で出力したフィルムなのに。
仕方ない、フィルムはまた外注に出す。

何というトラブル。
せめてフィルムがあれば昨日のうちに終わっていたのに。
忙しいのに、さらにわざわざ忙しくしているようなものだ。

でも待て。
気になっていた曲がり部分を矯正して出力に出す。
これですっきりと印刷出来るのだ。

災い転じて・・・
という事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

仕様が変わって

Dsc01537
このPP看板は以前にも手掛けた。
一部仕様変更があるのは直ぐ判った。
この看板には、その番号が付けられるようになってきたからだ。

変更は別に2点あった。
それは色変更。

これはうっかり、前回仕様で刷るところだった。
その色は、他の看板と統一した色に変更していたからだ。

リピートではないものの、リピートに近い。
色合いも赤系青系と似たような色。
データ上でも違っているが、直ぐに判断出来ないものだ。

この点、色変更ありと記すのが望ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

高額商品に名入れ相談

先日、ある商品に名入れの相談があった。

当社では基本的に高額な商品への印刷は断っている。
そもそも商品が何であれ、印刷代などたかが知れている。
100円程度の印刷代で失敗し、1万円の代償など払えない。

相談でもちろんその事は伝えている。
ただ、素材の状態など問題なければ、失敗などそうそう無い。
相談者も、ブログを見るとそうでしょうねなどと言う。

その他、開梱だとか梱包・発送などの話をした。
そして、どうしてもと言うなら考えましょう。

その後、息子にその商品の金額を聞くと、1台4万〜5万円。
んんん・・・
それ、200台で800万〜1000万円!!!

当工房のセキュリティーなど無いに等しい。
普段は一般の方から見ると価値のない製品を扱っている。
例え泥棒が入っても、価値があるのはパソコンぐらい。

もし泥棒が侵入したらなどと、考えただけで寝られなくなる。
幸いな事に今までそのような事は一度もない。
でも、隣の金属加工会社には一度あり、高価な銅が盗まれた。

この相談の件では、印刷・その他高く見積もっても10万円以下。
800万〜1000万円のリスクに見合う仕事ではない。
ちょっと残念だが、遠慮させていただく事にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

急ぎでテント

1
印刷前の位置決め。(これで半分)

このテント屋さんからは時折受注している。
いつもテント生地が届くのは1週間から10日後。
今回は珍しく、受注の翌日(一昨日)には届いた。

小物ならストックしてある乳剤を塗った版で直ちに製版出来る。
だが、このサイズになると塗ってストックして置く事は無い。
他の件も納めなければならず、今日印刷するつもりでいた。

と、それでは間に合わないと言われ、仕方なく昨日の午前に印刷。
他の件は全てその後にスライドさせ、今日発送する分など大忙し。

2
テトロン200メッシュの版で、インクはMS-8の白。
2回連続して重ね刷りすると白さは問題なし。

3
テントには必ずある繋ぎ目にはインクが乗らない。
ここは筆で塗るしかない。

全長3500㎜に印刷は1500㎜。
およそ半分に分け、まず左部分を印刷。
乾燥後、右部分を印刷して完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

小物入れにパッド印刷

1
昨日と同じお客様からの依頼。
こちらはパッド印刷で。

2
本来は紙粘土で型を取れば良いのだが、時間がなかった。
いつものように発泡ボードで作る。

3
これで位置は固定できるが、もちろん危うい。
扱いは慎重に。

4
さて印刷。
パッドを押すとかなりの重量が掛かる。
一応、手で押さえながらパッドを押す。

小ロットならこの程度の治具で十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

メモ帳に名入れ

7
5種類のメモ帳。

形は同じでも、中と表紙の色が違う。
中の色で名入れをしたいという希望。

でもそれは無理がある。
発色が良くないからだ。

白の捨て刷りをすれば可能だが、技術的にも難しい。
仮に出来るとしても、単価に反映されるのは仕方ない。

ここはシルバーぐらいが適当ではないかと提案。
直ぐにサンプルを刷り、画像をメール送信。
翌日、300冊印刷。

お客様はあるアーティストのファンクラブ。
名入れはそのアーティストのサイン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

ルアーに名入れ

1
先々週、急ぎでルアーに名入れ希望の問い合わせ。
そして先週月曜日、そのルアーを直接持ち込んで来られた。
そこで、一緒に印刷して持ち帰ってもらう事になった。

お客様は自動機で印刷の経験もある方。
今まで頼んでいた業者は、やはり小ロットに対応してくれないとの事。
やむなくその印刷機を借り、自分で印刷していたと言う。

当社の持つ手動パッド印刷機は見るのも初めて。
色々話をしながら治具を作る。
あり合わせのもので簡単に作るのも驚きだろう。
5分かそこらで治具が出来る。

2
さて本番。

手伝ってもらいながら、自動機の扱いなどを聞く。
さすが経験者、私にも為になる話が多い。
150個の印刷は、治具を作るのから1時間ほどで完成。

取り扱いも楽なこの手動機。
お客様は驚く事が多かったようだ。

ついでにシルク印刷の事も。
シルク印刷の事は知らなかったそうだ。
これもまた手動機は簡単と、ささっと実演して見せてあげる。
別な展開に役立ちそうとの事。

パッド印刷もシルク印刷も、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

案内状

1_2
透明塩ビ板に印刷した結婚式の案内状。
シルバーと白、そして赤の3色印刷。
3年前にも同じように作った。

2_2
ポイントは赤色の発色。
透明板では赤色が沈んでしまう。
より鮮やかに発色させるには下に白を印刷する。

3_2
赤とピッタリの大きさでは、少しズレただけで白がはみ出る。
そこで0.1㎜小さくした白を印刷しておく。
もちろん、印刷時にズレては元も子もない。

ロットは100枚。
細かい文字もあったが、ポジフィルムは当社の出力で大丈夫だった。
版は300メッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

アルミ名刺が完成

71
黒染色したアルミ板の名刺300枚が完成。
6月初句に納品した200枚と、合計500枚。

丁度忙しくなった時に請け、それから2ヶ月近く掛かってしまった。
アルミ板の仕入れに2週間掛かったものの、当社では異例。

実は先に200枚納品しているので急ぐ事はないが、既に全額入金済み。
納品が速い当社としては看板倒れ。
何とか早くと昨日、やっと終わる事が出来た。

5
黒地に白を1回印刷では弱い。
一度乾燥させ、さらにもう一度白を刷っている。(右)
少しでもぶれると小文字に現れる。

因みにアルミ板込みで1枚600円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »