« 革の裏に印刷 | トップページ | 加工屋が替って »

2012年9月 7日 (金)

小物グッズに印刷

R0020496
今年になってから、このような小物グッズに印刷する事が多くなった。
様々なグッズが持ち込まれるが、その素材も様々。

そうなると対応するインクも様々という事になる。
だが、何が来ても大丈夫と、何種類ものインクを揃えるほどでもない。
大抵はSG-740とOP-22で何とかなる。

何とかなっているものの、少々不満があるのはABS素材。
この素材に印刷すると、印刷面は微妙に溶けて行くような感じ。
ABSに対してSG-740は有効なのだが、やはり素材に問題ありか?
材質の表示名だけでは信用出来ない。

結果として私の眼から見るとあまり宜しくない。
だが、そこまで求めるお客様はいないので良しとしておこう。

|

« 革の裏に印刷 | トップページ | 加工屋が替って »

コメント

いつも勉強させてもらってます。
ブログの内容とは違うのですが質問させてください。

今、糸入り間仕切りシートへの印刷の問い合わせがあり
まだサンプルをいただいていない状態なのですが
凹凸のある塩ビシートへの印刷は経験がありません。
依頼者へは当然、テスト印刷をしてからの返答になります。

使うスキージ(といっても、現在は1種類しか使用してません)も
柔らか目を使用するなど対策はあるでしょうか?

何かまとまりの無い文章になってしまいすみません。

投稿: shnon | 2012年9月 7日 (金) 13時56分

記事と関係無い質問でも構いませんよ。
どの程度の凹凸なんでしょうかね?
それ次第ですけど。

参考までに。
スキージーは硬いよりは柔らかい方が良いですけど、
柔らか過ぎはかえってよくないでしょうね。
私は硬度70を使用していますが、ほぼこれだけです。
とは言っても、ゴムのメーカーやサイズで違いが出て
きますけど。
版も紗はテトロンよりナイロンで、200メッシュぐらい
が適当でしょうか。
ナイロンは緩いので、その分凹んだところに入りやすく
なります。

これでダメならきっぱり止めた方が良いです。

投稿: シーガルハウス | 2012年9月 7日 (金) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104917/55573952

この記事へのトラックバック一覧です: 小物グッズに印刷:

« 革の裏に印刷 | トップページ | 加工屋が替って »