« 写真楯に名入れ | トップページ | お客様が来て »

2011年10月21日 (金)

手切りは健在

Dsc09792
今時、自らの手でカットできる若い衆はいるか?

今回の物件は、頂いたデータと支給された板との形が微妙に違う。
データ通りに版を作っていたのでは、歪んだ印刷になってしまう。
板をスキャンして、新たにデータを作らなければならなくなった。

しかし、私にはそんな面倒なことは出来ない。
こんな時は、その板に合わせて自分でカットした方が速い。

と、頭ではそう思うが、もう数年手切りなどはしていない。
おまけに老眼も進んでいる。
果たして切れるか?

板の外側は、フィルムに板を置き、それに沿って切るので問題無い。
問題はその内側に10㎜の帯を切ること。

データの曲線は、大まかには合っている。
そこで、部分部分を繋ぎながら切っていく。

根を詰めた作業だったが、仕上りは見事。(手前味噌ですけど)
多少の修正はしたが、腕は未だ健在。

|

« 写真楯に名入れ | トップページ | お客様が来て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手切りは健在:

« 写真楯に名入れ | トップページ | お客様が来て »