« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

10月も終わり

結構忙しかったつもりだが、計算してみると平均売上。
少しは上がっていると思い込んでいたので少々がっかり。
労働量と売上は比例せず。

今月は当社の決算月。
1年の区切りだが、総売上は大したこと無いはずだ。
もしかすると、前年度より落ちているかも知れない。
それでも借金が増える事もなく、何とかやりくりしている。

明日からは新年度になる訳だが、今までになく楽観している。
未だ受注が少ないパッド印刷だが、それなりの手応えを感じているからだ。

パッド印刷の営業も始めて2ヶ月。
本業が忙しくて熱心ではなかったが、やはり小ロット・短納期の需要はある。
月曜とか火曜日に、週末に間に合わせたいという問い合わせが数件あった。

しかし決まらなかった。
その理由は、素材の手配が間に合わないとか。
1,000個依頼の内、100個だけ先に欲しいという件は金額が問題。
10個・20個という極小ロットも金額が問題。

さらに、間に入る営業さんがパッド印刷を良く理解していない事もある。
当方との連絡が不十分で、面倒になってうやむやになったとか。
営業していても、まだパッド印刷の事まで頭が回らないとか。

これからは率先して、パッド印刷を実演して理解して貰おう。
そして様々なサンプルも提供しよう。
それらの事例をブログに公開し、小ロット・短納期を強くアピールだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

久し振りにパッド印刷

今月31日納品分の印刷は先ほどやっと終わり。

それから頼まれていたペンへの名入れを印刷する。
普通は2~3日中に手掛けうが、これは知人へのプレゼント。
金にならない件はギリギリまで放って延ばさせて貰う。笑
それでも使用が来月3日に迫ったので、これでも早めに手掛けた。

久し振りのパッド印刷だが、手間取る事もなくささっと終了。

1030_1
パッド印刷で面倒なのは位置決め。
そこで当社の方法は。

受け治具とは別に、同じぐらいの高さの治具を用意。
そこに透明フィルムを貼って固定する。

1030_2
そしてペンを乗せて仮印刷。
この印刷位置に合わせ、受け治具ごと位置を見ながら微調整。
治具の底にマグネットを貼っておくと、適度に貼り付いて便利。

1030_3
そして本番。

1030_4
今回は白と茶色の2色で計11本。

当社では10本とか20本という小ロットでもお請けしている。
と言うより、小ロット短納期が基本。
納期は通常4~7日だが、必要とあれば1日でも2日でも要相談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

蓄光インクは

今月3日に、仲間が印刷した蓄光インクのサンプルを公開。
仲間はそのインクを持っている事も書いた。
すると直ぐに、数件の問い合わせがあった。

どんな問い合わせかと言うと。

サンプル用に印刷して欲しいというのが2件。
これは自社ロゴでサンプルを作っておきたいという事。

他は小分けして欲しいと言うんのが数件。
自分で買うのは高いから、小分けして売ってくれないかとの事。
今すぐ使う訳ではないが、安く手に入るなら持っておこうと言う。

そして今日もまた小分け希望の問い合わせが。
早速仲間に聞いたところ、既に殆ど売ってしまったとの事。

ああなんと、私も欲しかったのに。
今月は忙しかったので仲間と話す事もなかった。
すでに分けてもらえる程も無いとは。

それでは反響があったからまた買うか?
しかし、その反響は本来の印刷依頼ではない。
仲間も私も、小分けして稼ぐなどという事はしたくない。

情けない事に、それを気軽に買えるほどの財力は無い。
それでも面白い事に印刷出来そうなので、欲しい事は欲しい。

そこで、残っているインクで何かサンプルを作ってもらう事にした。
それをここで公開し、反響を見てみよう。

もし反響があれば?
買う事も大いに考える。
その場合は小分けにして譲る事もあるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

インクが足りない

Dsc09860
忙しい時はより忙しくなる事態も起こる。
例えばストックしてあるインクが足りないとか。
今日中に刷り終わる予定だったが、その時間は調色で終わった。
予定は明日に持ち越し。

Dsc09862
この物件は定期的に来ている。
閑な時に、少なくなっているインクを調色しておけば良いものを。
と、いつもながらそう思うものの、そんなことをすることはまず無い。笑

定期的に来ている件は最初の刷色を保存しておく。
次からの調色は必ず最初の色に合わせる。
こうすることで長期間何度出続けても色ぶれは少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

お客様が来て

今月はずっと本業のシルク印刷が続いている。
パッド印刷も手掛けたいが、受注が無いから手掛けようがない。

先日は都内のお客様が来社されて、1時間ほど話しをして行った。
パッド印刷の営業も始めているものの、なかなか進まないとのこと。

そりゃまあそうだろう。
今まで全く扱ってこなかったことで、考えもしなかったことだろう。
直ぐにあれこれと提案できる訳がない。

当方としても直ぐに受注したいと強く望んでも仕方ないこと。
今までとは全く違う分野だから、多少の時間は掛るだろう。

今のところはシルク印刷の副業だ。
来年以降からポツポツ出てくれることを望んでいる。

それにしても、嬉しいことに今月は忙しい。
パッド印刷のサンプルを作る暇が無い。
頭の中には色々と考えがあるんだが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

手切りは健在

Dsc09792
今時、自らの手でカットできる若い衆はいるか?

今回の物件は、頂いたデータと支給された板との形が微妙に違う。
データ通りに版を作っていたのでは、歪んだ印刷になってしまう。
板をスキャンして、新たにデータを作らなければならなくなった。

しかし、私にはそんな面倒なことは出来ない。
こんな時は、その板に合わせて自分でカットした方が速い。

と、頭ではそう思うが、もう数年手切りなどはしていない。
おまけに老眼も進んでいる。
果たして切れるか?

板の外側は、フィルムに板を置き、それに沿って切るので問題無い。
問題はその内側に10㎜の帯を切ること。

データの曲線は、大まかには合っている。
そこで、部分部分を繋ぎながら切っていく。

根を詰めた作業だったが、仕上りは見事。(手前味噌ですけど)
多少の修正はしたが、腕は未だ健在。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

写真楯に名入れ

1019_1
写真楯の下部に名入れする。

1019_2
20㎜×150㎜のスペースに6㎜×70㎜の文字を印刷する。
シルク印刷では絶対に無理。

1019_3
楯を固定するのと、位置合わせを完璧に。

1019
受注100個という小ロット。
納期は1週間ほどあったが、搬入3日後には完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

パッド印刷を見学

1014_1
今回は受け治具を作ったボールペンの依頼者が工程を見学。
版を作るところから印刷まで、きちんと説明してあげる。

1014_2
依頼のボールペンは2種類で各10本。
極小ロットの典型か。
取りあえず急ぎの分を、見ている前で仕上げる。

1014
依頼者は出来た分からドライヤーをあて、そのまま持ち帰った。

依頼者は知り合いの個人営業看板屋。
これを見て、いずれは自分でもやってみたいと言う。

それならば、今後は看板営業でもこのような印刷を広めるべし。
依頼があればまず当社で印刷し、時が来れば自分でやれば良い。
その時までに、技術は全て教えてあげよう。

と、言ってやったが、結構本気で考え始めたようだ。
今、付き合いはないが、ギフト関係の知り合いもいるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

受け治具を作る

1015_1
3種類のボールペンを固定するために受け治具を作る。
専用のプラスチック粘土・・・

1015
ではなく、100円ショップで購入した紙粘土だ。
乾燥で固まるので、ある程度押しつけたらそっと外す。
翌日には固まっていて、十分使用に耐えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

米袋に印刷の前に

Komebukuro_1
米袋がメーカーから直接送られてきた。
以前は箱に入って送られて来たが、最近はクラフト紙に包んだだけ。
中が心配だ。

Komebukuro_2
これは皺も少なくて良し。

Komebukuro
これはまた皺が酷く、今までこれほどのは無かった。
外側をぎゅっと絞って縛るからで、箱に入れて欲しいものだ。

このような状態では直ぐに印刷出来ない。
皺を伸ばし、交互に積み直してなじませるという手間がかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

保守サービスの終了

1011_1
当社でのポジフィルムはコピー機とインクジェットで出力している。
コピー機では看板関係などの、割と大きめが対象。
インクジェットでは小物や微細な出力。

コピー機ではトレーシングペーパーに、特殊な方法で出力している。
既に10数年もこの方法で出力しているが、ここに来て問題が発生。

使用しているコピー機は生産終了から7年以上経過しているとのこと。
それに伴い、その保守サービスが終了するとの通知が来た。

他のコピー機で、ポジに使えるほど黒が濃く出力できる機種は無い。
何度も無料で部品交換をしてきたが、来年からは有料となる。
有料ならまだしも、提供してもらえない可能性もある。

今はトレーシングペーパーで、A3サイズは150円程度が原価だ。
これが他の出力になると10倍以上の金額になるだろう。

物件によってポジと版代はサービスのように対応してきた。
が、これからはそうも行かない。

保守サービスの期限は来年3月。
トレーシングペーパーの残りは年内いっぱいぐらいか。
残りが無くなると同時に、この出力も終わることに決めた。

以後、A3サイズ以上は見合った見積もりを提示することになる。
今までより大分高めになることは仕方ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

仕事がはかどる

3連休の中日。

当社に連休などあるとすれば冠婚葬祭ぐらいか。
結婚式など親族以外は全て断る。
最近は適齢期の親族もいない。

葬式とて、故郷の親族でも行かないぐらいだ。
が、さすがに関東にいる親族に何かあった場合は行かねばならぬ。
連休になるとすれば、この事情ぐらいか。

今朝、メールを確認するや何も無し。
見積もりFAXも無し。

いつもより1時間は早く印刷を始める。
おまけに電話も掛って来ないからはかどるはかどる。
平日なら夕方6時頃まで掛るところだが、3時頃には終わる。

後は余裕で明日の準備。
合間に菜園の手入れ。

明日は一般の方がアクリルを持って来る。
昼前に来て貰い、昼食にでも行って貰う。
その間に印刷して持ち帰って貰うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

10個・20個の名入れ

先日にあったパッド印刷の見積もりは、10個とか20個の名入れ。
これが4~5件あるのだと言う。

当社は小ロットを手掛けるのだが、基本として最低限度額を考えている。
版や受け治具から印刷まで、基本としての金額だ。

概ね100個ぐらいを想定している。
この基本額に、10個とか20個を当てはめるとかなり割高になる。

量産のためのサンプルならある程度の出費は当然。
ところが、一般で名入れを希望するのは予算が少ないだろう。

100個や200個になれば相対的に単価は下がる。
1個あたりと換算するならば、そのぐらいも納得ということになる。
だが、10個での単価は・・・

考えてみれば、10個・20個に名入れを希望する件は多いだろう。
50個・100個よりはるかに多いはずだ。

当社は10個・20個という極小ロットも率先して手掛ける。
それにはある程度の条件を付けさせていただこう。
印刷サイズは30ミリ以下とか、位置を限定させていただくとか。

もちろん、予算がある場合この限りではない。笑

極小ロット、まずは問い合わせを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

パッドを半分に

1005_1
この小物に印刷した時。

1005_2_3
手持ちのこのパッドでは。

1005_3_3
凹面に入らず印刷出来ない。

1005_4
そこでパッドを半分に切った。

1005
切った角の部分に近いところで印刷。

今、同じような事を手掛けている。
このパッドでは小さすぎ、手持ち最大のパッドを半分に切った。
上手いこと印刷出来ているので後日公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

蓄光インク

蓄光インクは高い!
1キロ数万円もして、100グラム単位では売ってくれない。

ちょくちょくある依頼でもないので、当然インクをストックしてあることはない。
受注するとなるとそのインク代も上乗せする必要が出てくる。

さすがにそこまで出せるというお客様はいない。
今まで何度も問い合わせがあったが、全てその価格で諦める。

他のシルク印刷業者でも、おそらくストックしていることはないだろう。
が、仲間がそれを持っていた。

どうしてもというお客様がいて、蓄光インクを仕入れたのだそうだ。
使用したのは1割程度で、後は残っているのだそうだ。

Dsc09617

Dsc09618
写真はぼけているが、光具合は相当なもの。

蓄光の案件など滅多にない。
それから大分経つが、それっきりとのこと。
宝の持ち腐れにしないために、ここで公開してやることになった。

蓄光の案件がある方は是非問い合わせを。

10月26日追記
このブログ公開後、数人の方から問い合わせを頂きました。
印刷や小分けを希望され、在庫はほんの少しとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

9月が終わって

久し振りにずっと本業が忙しかった。
とは言っても、相変わらず動いたほど売上はない。
あっただけマシという事か。

過去と比べるからそう思うのだ。
今はこのぐらいが、当たり前になってしまったという事なのだろう。
シルク印刷だけでは、これからもきっとこんなもんなのだろう。

だけど、憂う事はない。
パッド印刷の問い合わせや見積もりが動き出したから。
今日はほぼ決まりという件もあった。

ブログには掲載していないが、既に数件手掛けている。
半分は宣伝を兼ねているものの、将来続く見込みはある。

パッド印刷でも小ロットを主に手掛けるつもり。
同じ小ロットでも、シルク印刷に比べると手間は掛らない。
労力も消耗品もはるかに少なくて済む。

最近はさすがに大きな面積の印刷がきつくなってきている。
複合板のA2サイズなどは、体力も消耗品も多く使う。
しかし、比較して単価が安い。
さらに、数が多くなるほど安く要求される。

今後大きなサイズに関してはそれなりの見積もりを出す。
これしかないという予算には、決して応じないつもりだ。

パッド印刷、頑張って行こう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »