« 米粒にパッド印刷 | トップページ | 半休日 »

2011年9月23日 (金)

ラメ印刷

Dsc09435

Dsc09437

今まで金や銀は刷っているが、いずれも細かいパウダー状の粉。
細かいメッシュの版を抜け、微細な文字も再現できる。
しかし、輝きは今一。

輝きと言えばラメだが、今まで試した事がない。
Tシャツでは珍しくないそうだが、サイン関係では話もなかった。

最近になってアクセサリー関連とのお付き合いができた。
先日、そのお客様からラメの事を問われ、サンプルを取り寄せる。

ラメ用の版は150メッシュ。
透明インクにラメを溶くが、今までの感覚で溶いて失敗。
インクに対してラメが少なすぎたから薄いのなんの。

次はインクよりラメが多いぐらいに溶く。
これならかなり良い感じに刷れるもののまだ薄い。
連続して4回ほど刷ったのと、一度乾燥させた2渡刷りでまあ満足。

しかしそのインクは、そのまま団子が作れるかと思うほど硬い。
4回連続して刷ると言っても、そうそう簡単ではない。

だからこそ、手掛ける業者も少ないだろう。
これから手掛ける価値はありそう。

|

« 米粒にパッド印刷 | トップページ | 半休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラメ印刷:

« 米粒にパッド印刷 | トップページ | 半休日 »