« 研修 | トップページ | 曲面に実験 »

2011年7月12日 (火)

パッド印刷開始

Dsc08651
(株)安心堂製のパッド印刷機が届いた。
手動の機械ではあるが、安心堂さんも言われているように道具だ。
素人でも直ぐに使えるほど基本操作は簡単。
しかし、使いこなすにはそれなりの技量が必要だろう。

この道具の商品名は“なんでもくん”
“なんでもくん”は既に相当量が出ているそうだ。
これが何号かは知らないが、ここでは“甚五郎”と命名。
名に恥じぬ名人を目指そう。(あくまで目指す!笑)

Dsc08652
さて、まず一番にすることは、製版の露光時間を調べる。
焼き付けは自前の露光機を使用するので時間が判らない。
露光時間を変え、5枚ほど焼いて良さそうなのが出来上がった。

次は実際に印刷して完全に出来ているか確認。
自前のインクでも大丈夫なのか?
それも一緒に確認。

作った版は、0.15ptの細い線を1㎜間隔で並べた格子模様。
取りあえずシルク印刷感覚でインクを用意。
すると、1回目は出力した通りに出るが、次第に薄くなる。
インクが少々硬いようで、遅乾溶剤を入れると解決。
8回連続で刷っても(押すと言うのか?)問題無し。

なのだが・・・ 今一つ不満足。
自前のポジ出力にも問題あるし、今日はこの辺で止めとくか。

と思ったが、帰るにはまだ時間はある。
どこに仕舞ったか?イメージセッターで出力したフィルムを探し出す。
露光ももう少し長くしてみる。

と・・・

Dsc08657
完璧!!

アクリルに10回連続で押してみても、かすれもしないし糸も引かない。
版とインクはこれで行けるだろう。

さあ、明日は曲面に印刷だ!!!
という時に急ぎの依頼が入る。

|

« 研修 | トップページ | 曲面に実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッド印刷開始:

« 研修 | トップページ | 曲面に実験 »