« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

6月も終わり

今月は選挙関係でかなり忙しくなる予定だった。
が、蓋を開けてみれば多忙は正味1週間ほどで、平均すると閑な方。

内容としては小口物件が多くを占め、休日まで出ていた割に売上は少ない。
まあ、休日に出ていたとしても、半日程度で終わる件ばかりだったからだ。

因みに昨年も6月は閑だったが、今年はそれより少しマシ。
閑なくせに、贅沢にも来月に残しておいた物件まである。
納期が無い物件で、そういうのはついつい先送りしてしまうのだ。

これで5月6月と半分休養状態。
4月まで多忙が続き、やや疲労気味だったところへ丁度良い機会だった。
おかげで体力的な疲労感は無くなった。

それでも気分的には好ましくない状態。
体は休養でも、売上が少ないというのはいずれ金欠に繋がる。
貧乏性はゆったり安心して休養できない性分なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

ゴム系素材には

Dsc08362
レインコートに印刷の依頼があった。

素材の表示などはなく、普通のインクで大丈夫だろうと思っていた。
一緒に切れ端が入っていたので、念のため事前にテスト印刷。

ところが、ごらんの通りテープで剥がれる。

どうもゴム素材が多く含まれているようだ。
青色のテストが、一部のゴム素材にも対応するとあるが、それもダメ。

もっとも、このインクでゴムにテストした時は、やはり着かなかった。
その時に、ゴムに対応するインクを探したが、完璧なものは無かった。

残念だが、この件はキャンセル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

色を作る

Iro_1
今回作っている色は、既に2度印刷している物件で、インクが残り少ない。
次の注文が来ているので、また同じ色を作らなければならない。

かなり多くの業者は、残っているインクの色に合わせて作る。
だがこれは、何度も作る内に最初の色合いから離れていくことが多い。

当社では、最初に色を作った時、白のシートに印刷してチップを残しておく。
左下にあるのがそれだ。
そしてまず、残っているインクに合せて近いところまで調合する。

Iro
そこからは最初に作った色に合わせて微調整していく。
右側が今回作った色で、ほぼピッタリ。

逆に、最初の色を残しておかなかった場合を考えてみようか。

普通、DICとかPantoneなどの色見本に合せて作る。
この場合、その色見本に全く同じということはない。
大抵は明るかったり暗かったり、微妙に色合いがズレるものだ。

もしそのズレが、作る毎に見本から許容範囲であっても、全く正反対だったら。
その正反対同士を並べてみると、ズレの差は倍になり、一目瞭然となるのだ。
それは、色番号が一つか二つも違うように見えることもある。

何度もリピートが考えられるような件には、必ず残しておくべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

値引き要請

もう10数年手がけている物件があった。
途中で面倒な印刷内容に変わり、それからも3~4年続いていた。

値引き要請は当社に印刷部分を頼んでいる加工屋さんから。
元はその加工屋さんが、上から値引き要請されているのだ。

印刷代と加工代を値引きして答えたが、それでも高いそうである。
当方も加工屋さんもそれ以下は無理。
結果は、さらに安い業者に流したそうである。

この件はもう2度と来ないだろう。
と言う加工屋さんの言葉を受け、直ちに版や資料を捨て去る。

もう1件。

3年前、数種類合計1000枚製作予定で見積もりした。
が、その時から毎年受注するものの、200枚程度。
これもまた付き合いと、仕方なしにその見積もり額で請けていた。

今年もまた200枚の見積もりが来たが、より安く望んでいるという。
種類も増え、それぞれの数が少ないのに、3年前の見積もりより安くと言う。
何を仰るとばかり、数種類計200枚の、本来の見積もりを出した。

返事は・・・ 来ない!!! だろうな。笑

安さだけを求めるなら、他に頼めばいいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

選挙の仕事も終わり

Sennkyo
参議院選挙の公示は24日。
ほぼその日までかかるという予定だったが、4日ほど早く終了。
喜んで請ける物件でもないが、キャンセルやらで少ないとなると少々がっかり。

今回は12日間ほどをこの物件に予定しておいた。
おかげで仲間に頼む件もあったり、納期を延ばしてもらう件もあった。
結果として十分出来た訳だが、都合良くは行かないものだ。

それでも出来次第で良いという件もある。
嫌な件のことは忘れ、さっさと次の件にかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

壊れたと思いきや

突然パソコンが止まった。
昨年ハードディスクが壊れた。

またか…。

私の使用するパソコンは、今まで数台とも全て寿命が短い。
実はこれ、常に息子のお下がりを使用しているからだ。

息子はパソコンが仕事道具。
2~3年間毎日酷使され、相当くたびれたのが私の相棒となるのだ。

今回はハードディスクに問題はなかった、
4~5年経つ、マザーボードがイカれたのかも知れない。

Dsc08204
また金が・・・ と、9割方諦めていたが、一応掃除をしてみることにした。
中のホコリやゴミなどで、作動しなくなることもあるからだ。

翌日、ホームセンターでエアーダスターを買い、中のホコリを掃う。
さほどホコリはなかったが、それでも問題が無いとも言えないらしい。
綺麗にしてまた組み立て、作動させてみると・・・

動いた!!!

心なしか動きも速くなったような気もする。
たまに掃除をすることも大事と聞いてはいるが、なかなか出来ないものである。
因みに、この作業は全て息子任せ。笑

今回、ハードディスクはバックアップ用とも問題なし。
しかしこの機種は、同じ型でないとハードディスクが読み取れない事が判明。

いずれ本当に壊れることは近いかも知れない。
用心にと、別に外付けのバックアップを用意する事にした。

また少々金がかかることになったが、それでも新調するよりは断然安上がり。
日曜でもせっせと手仕事に精を出し、こつこつ稼ぐのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

パソコンが壊れた…。

パソコンがどうもおかしな感じだ。
今のところ使えない。

これは息子のパソコンを使ってとりあえず更新をした。
数日後修理完了と思う。

しばらくお待ちを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

Tシャツ印刷

都内にいる仲間はTシャツ印刷も手がけている。

当社でも、Tシャツに簡単な印刷なら出来るだろうと試したこともあった。
結果、出来ないことはないが、慣れている方に任せた方が良い。

仲間は大掛かりな機械など持ち合わせておらず、原始的な手刷りだ。
原始的などと言うと素人みたいだが、当社の印刷も同じ原始的な手刷りだ。

その手刷りであるが故、大量印刷は出来ない。
よって小ロット専門である。
その小ロットは、1枚からでも引き請ける。

大概の業者は、1枚からでも歓迎などとHPには載せている。
が現実は、そんなことやってられないと、歓迎なんかしないのだよ。
1枚どころか、10枚だって20枚だって好い顔はしないものなのだ。

その辺、仲間は10枚でも20枚でも快く引き請けてくれる。
印刷金額もかなり安く、この前紹介した方は驚いていた。

Tシャツに関しては当社で直接請けないが、この仲間を紹介します。
小ロット、格安、短納期、おまけに土曜日曜も関係なし。
色や品質を確認したい場合は立ち会いも可能で、そのまま持ち帰りも。

こんなTシャツ印刷の業者は、他にあるかね?
問い合わせは当社まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

投票日は未確定だが

Dsc08187
まず、7月11日に間違いないだろう。
各自治体選挙担当から、日付を入れて良いとの許可が出た。

確定は明後日だろうが、確定後からでは印刷期間が1週間しかない。
公示前に各自治体に納品で、それまで待っていられないのだ。

さらに、この印刷に専念するため、他の各お客様に伝えてある。
今週と来週22日まで、他の物件はお請けできないとまで。

ところが、いざ蓋を開けてみると思ったより少ない。
昨年の衆議院選挙に比べると6割ほど。

事業仕分けの影響か?
各自治体も、無駄の削減に努力しているらしい。

考えてみればこのような宣伝など、一般市民的感覚から言えば必要ないだろう。
今までの慣例的発注から、徐々に廃止されていくことになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

参議院選挙の投票日は

7月11日に、ほぼ確定となった。

2年前から、選挙関係の業者様とお付き合いしている。
各自治体選挙は投票日もそれぞれ違い、扱う量も少ない。
期日も予め決まっており、納期は割と余裕がある。

しかし、衆議院と参議院、そして統一地方選挙となると大量の注文が来る。
しかも、衆参議院選挙は納期がほぼ1週間と極めて短い。

納期が短い理由は、投票日の確定が遅いからだ。
昨年の衆議院選挙は数ヶ月も延び、今回の参議院選挙も延びる可能性があった。

それでも、延びるとは言え、中止になることはない。
既に各選挙委員会から注文を取り、日付以外の校正も終わっている。
日付以外は先に進めておいても構わないはず・・・ 
 
とは行かない!!!

延びている内に、他の選挙と同じ投票日になる可能性もある。
突然衆議院も解散し、衆参ダブル選挙ということだって考えられる。

そうなると、全て新たに校正しなければならない。
仮に日付以外を全て印刷していたら・・・   全て無駄になる。

ということで、まだ確定前だが、やっと今日から製作開始。
ただ、このような時には、決まってバッティングする物件もある。
今月前半は割と時間があったのに、来週は他に数点予定されている。

あぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

色チップの差

Dsc08172
お客様から、Pantone 300c 306c 369c のチップが送られて来た。
当社でもPantoneの見本帳は持っている。

見本帳は同じメーカーなら、どのタイプでも基本的に同じ色。
のはずであるが・・・

ごらんの通り、お客様が送ってきた小さなチップ300cは、当社の見本帳より薄い。
元々この差があった訳ではないはず。

当社の見本帳は昨年秋に新しく買った。
おそらく、お客様の見本帳は古いかも知れない。

もう一つ、保管法にも問題がある。
例えば、外光があたる所に出したままでは褪色が進む。
開きっぱなしなどは言語道断で、使用後は直ちに仕舞っておくことだ。

と、双方でこのような差があることは案外多い。
厳密な色を求められる場合、必ず色チップを頂くことだ。
求める立場の方も、必ず色チップを添えて指示して頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

センチとミリ

ミリ単位を間違えてセンチで注文し、どえらい失敗という笑い話がある。
およそ何処の業種でも、社会人1年生の失敗という話しだ。

少し前、当社にもメールで問い合わせがあった。
内容はミリとセンチがごっちゃになった寸法。

1カ所だけ、センチという表記はあったが、全体で見るとミリ単位。
と、思って見積もりを出したところ、安いのでお願いすると返事が来た。

安いのでお願い・・・ と、その前に、あの大きさで・・・ とも書いてあった。
あっ!!! と、気がつき、問い合わせを読み返す。
なるほど、ミリとセンチを逆に見ると辻褄が合う。

当然、大安売りになってしまうが、救いがあった。
見積もりは3種類だったが、3種類とも別版で想定していた。
実際は同じ版で、色を変えての3種類。

この辺も見積もり依頼としては不完全だが、これが功を奏した。
相手の方は別業者にも見積もりを取っていた。
その金額は遙かに高く、相手方自身が赤字になる数字。

当方は安いものの、相手方の予算に結構近い数字で出していたのだ。
相談の結果、少し上乗せで解決。

因みに、別業者の見積金額は、当方の2.8倍!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

床工事

Dsc08143
仕事場は築30年以上経つが、工場用でお粗末な作りだ。
元々お粗末な上に、シロアリの被害にも遭っている。
ボロボロの土台部分は床がミシミシと、歩く度に抜けそうなのだ。

大家は修理すると言うが、やるとなれば全面総工事になるだろう。
1日2日で終わる訳がなく、速くても1週間はかかるだろう。

その間はどうする?

週の半分、急ぎの印刷をしている当社では、1週間も工事されたら支障が出る。
逆に都合良く、1週間の空き時間が出来れば良いが、何時のことか判らない。

Dsc08144
ということで、出来る部分を自分で修理。

幸い?今日予定していた仕事が急遽延び、空き時間になってしまった。
日曜日だし丁度良い、午後から作業開始、2時間ほどで完了。

もしかすると数年後、床は全て自分の工事で終わることになるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

マグネットシートを切る

Dsc08127
1,000幅のマグネットシート10mから、300×500のサイズに裁断する。
まずは600幅に裁断し、その後半分の600×500、更に半分に裁断。

Dsc08128
裏側を上にして裁断しているのは、金尺がくっついて動かないから。

それにしても重い。
そして狭い仕事場では広げるだけで一杯になり、労力も相当なもの。

本来は裁断したものを支給して貰う。
だがこのメーカーは、小ロット裁断はしていないそうだ。
そこで、当社がサービスで、裁断までしてあげることになったのだ。

お客様とこの約束をしたのは、閑な時間が多かった2年前の事だ。
その後の受注が多くなることを期待して。

果たして2年後の現在。
その頃と比べると、確かに多くの仕事を頂いている。

しかし、この労力に見合っているか?  
今後はもう少し単価が上がるよう願っております。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

色を保存

Dsc08090
調色したインクは小缶に入れて保存しておく。
これならリピートが来ても、前に納品した時と全く同じ色に仕上がる。

Dsc08091
中の色が判りやすいように、忙しい時なら取りあえず缶に指で塗っておく。
時間が出来た時、白いシートにそれぞれの色を刷る。
こうすると、仕上がりの色により近く見ることが出来る。

Dsc08094
刷ったシートは、半分を缶に貼り、半分を別に保管しておく。
例えば缶を紛失した場合、別に保管した色に合わせて調色する。
同条件で調色し、同条件で刷って同じ色なら、前回と同じ色に仕上がる。

また、リピートが大量だった場合、さらに多くのインクを作る必要がある。
その場合、インクを作りやすいという利点もある。

さらに、別物件の指定色でも、同じ色というのが良くある。
近似色で良しとする場合などは、調色するまでもなく、大抵これで間に合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

アルミに注意

Arumi
このアルマイト印刷は3度目だが、依頼者は最初に別印刷業者に頼んだ。
その仕上がりの酷さに、さすがに納品できないと判断。
当社に依頼してきたものだが、今では安心して待っていられるとのこと。

Arumi_1
さて、アルマイト処理されたアルミに印刷は問題ない。
しかし、処理されていないアルミには、インクが密着しない場合がある。
どのようなアルミなのか詳細は不明だが、過去に経験があるからだ。

今回はアルマイト処理されているのか、見た目に不安があった。
そこで本番印刷の前に、まずテスト印刷。
テープを貼ってみたり、爪で引っ掻いたりしてみても問題なし。

アルミには十分注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »