« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

2月も終わり

1日も休めないほど忙しかったが、充実した月だった。
先月の最終週から計画を組み、1ヶ月かかって予定通り終了。

最大の物件を優先し、別な物件はその合間へ計画。
それでもやはり出来ないこともある。

新規物件は全て仲間に依頼。
頼りになる仲間がいるから、大きな物件も受注できる。
と、改めて仲間の存在に感謝。

来月もまた同じような物件が予定されている。
量は少ないが、取りかかれるのは後半で、余裕がない状態になるはず。

体調に気をつけて取り組もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

発送

Hassou
1ヶ月前から印刷してきたのが先週土曜日に終わり、今週はこれを発送。
50個ほどに梱包し、20カ所に発送。

長いこと手がけていたのが終わる時、そこはかとなく寂しさも伴う。
せめて梱包作業を楽しくと、行先別にテープの色を変えてみる。
数の確認もしやすくなる。

運送屋さんも行き先の選別が楽になる。
かと思いきや、それは昔の話し。

今はそれぞれの荷物にコードラベルが貼られ、選別は自動化。
きちんと揃えて渡したのに、車に積まれたときはバラバラ。
でも、目的地へ向かう車でまた一緒になる。

などと、つまらないことを考えながらも無事発送完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

乾燥

Dsc07163
1ヶ月の予定で取りかかっている物件も、印刷は明日の昼で終わり。
その後はシールを貼り、紙を挟んで梱包発送。

この物件を使用するのは、4月からが半分と秋になってからが半分。
ここで気をつけたのが乾燥だ。

4月からの使用分は保管が1ヶ月。
秋からの分は半年以上も梱包状態で保管されることになる。

・・・・・・

随分前の話。
当時、アクリル関係は蒸発型のインクを使用していた。
印刷したアクリルを、サンプルとして数枚重ねてビニール袋に入れて保管。
1年後に手にしたとき、アクリルが少し変形していた。

これは完璧にインクが乾燥していなかったからだ。
残った極わずかな溶剤分が徐々に蒸発し、アクリルを変形させた。

・・・・・・

今は2液で硬化するインクなので、蒸発型とは訳が違う。
通常は印刷してから温風をあてて乾燥、翌日には梱包発送しても問題ない。

それでもこんな経験から、長期保管の場合は特に乾燥時間を長くする。
今回は大事を取り、乾燥に2~3日という時間をかけている。

この乾燥の間、別な物件を手がける事になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

順調

Dsc07150
先月から取りかかっている物件。
4週間の行程で印刷しているが、今週末で完了予定。

納品は今月中だが、今月は末が土日。
26日の納品には、25日に発送完了しなければならない。

後1週間あるものの、他の物件も数件あり、納期は皆同じ。
運良く、デザインの仕事が忙しくない息子に手伝わせ、フル回転中。
もちろん土日も何のその、何とか間に合うことになるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

割れ物注意

Dsc07048
お客様から届いた荷物に、こんなラベルが貼られていた。
荷物の中身は、300×400のタイル状の石。

こんなラベルがあるのかと驚いた。
しかしもっと驚いたのは、中身の石をただ段ボールに包んだだけだったこと。
この運送会社は“別な運送会社より安全”というような事をお客様が言う。

実はこの物件、先月にも発送して(別な運送会社で)割れた。
木枠に包んで発送したのだが、それでも落とした衝撃か?
その時にお客様が呟いたのが、“別な運送・・・”とか何とか。

その件は別運送会社が弁償することになり、再度製作したものを送る。
この時はお客様が言う運送会社で送り、無事に着いたようである。

今回はその次に出た、同様物件の石。
破損事故があった次というのに、お客様は段ボールで包んだだけ。
無事に当社に届き、これに印刷し、普段なら送られてきた状態で送り返す。

が、さすがにこのまま発送するには不安。
2枚の板で挟み、周りを段ボールで囲んでこの運送会社から発送。

お客様に、たとえこのラベルが貼ってあるとしても落としたら割れる。
荷物を運ぶのは人間で、ラベルが運ぶわけでないとメールをしておいた。

と翌日、届いたときは割れていたそうだ。
しっかり梱包し、この運送会社で、もちろんこのラベルを貼って送ったのだが・・・

さてさて、どんな運送会社でも、あるいは自分で運ぶにしても。
万が一のことを考えるべし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

調色中に

Dsc07122
右側にある薄い水色を作っているときのこと。
この色は白が98%で、青と紫が各1%に黒が微量。
白ベースに青と紫を1滴1滴ずつ入れて調色していく。

と、青を入れようとしているときにクシャミ。
突然襲ったクシャミに耐えきれず、そのままヘックショイーーー。
あろうことか、弾みで青インクがボタリ!!!
見ても判るとおり青が濃くなってしまった。

こんな時、このまま調色を続けると、完成時には大量のインクが出来てしまう。
白インクを大量に入れなくてはならないからだ。

ここでは、このインクをすっぱりと諦め、新しく調色を始めた方が良い。
間違えた分のインクを青インクに見立てて入れていくのだ。
半分は余ることになるが、保存して別な色に使えばいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

またクリヤケース

1 2
今度はこういうタイプのケースに印刷。

印刷するには、印刷面を固定させなければならない。
袋タイプの場合でも、印刷台でバキュームにより吸って固定させる。
だが、下の面は固定されても上の面は固定されていない。

上の面も同時に、完全に固定させる方法はあるが手間が掛かる。
今回はあまり手間が掛からない方法。

3 4
印刷台はスチール製で、マグネットが利用できる。
クリヤケースをすっぽりと、マグネットで囲ってしまう。
こうすると上の面も固定された形になる。

5 6
これで印刷。

Photo
余白が多い場合はこの方法で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

クリヤーケースに印刷

Photo
先月掲載したチャック袋の前に、このようなクリヤーケースにも印刷していた。
画像はお客様から支給されたクリヤーケース。

これを手がける前に同じようなタイプのクリヤーケースで試し刷り。
結果は何の問題もなく印刷出来た。

ところが、実際に支給されたクリヤーケースは、やはり縒れが出た。
チャック袋ほどではなかったが、これまた予想外に手間取ってしまった。
暮れの忙しい時だったので、その経過を撮っていない。

1左が完成品。

ボカシで残念だが、2色のイラストが綺麗に印刷されている。

プロから見る目では極少々問題もあったが、素人目には全く判らないだろう。

関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

ウェルカムボードを印刷

Photo
昨年11月、ネットからA様の問い合わせ。
友人の結婚式に使用する、ウェルカムボードを印刷して欲しいとのこと。

透明アクリルを持参するというので、事前に版を用意。
休日に来ていただき、目の前ですぐさま印刷してあげる。
このような印刷は見たことがないだろう、おーーっと驚かれる。

2_2 1_2
そして式場に飾られたボード。(11月)

これが実に評判が良かったそうで、A様から別カップルのボードの注文が来た。
今回はこれと逆で、白地に文字を抜くパターン。

今回もまた、事前に版を用意。
今日の昼、持参したアクリルに直ぐ印刷、そのまま持ち帰っていただいた。

式は1週間後だそう。
二人の似顔絵と、ワンちゃんのイラストが微笑ましく迎えるのであろう。
お幸せに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

納期は長いが

Dsc07061 数も多い。
この物件の納期は今月末。
これだけなら約2週間で終わる。

だからと言って、のんびりしてはいられない。
当社にくる物件の多くは、打診から納品まで1週間か長くて2週間。

さらに翌日とか、今すぐなどということも珍しくない。

現にこの3日間の物件は、4日前の打診から毎日印刷しては翌朝納品。
やっと今日終わったが、お客様はそれを加工して明後日納品だそうだ。

この間、上記の物件はお休みという状態。
今の時点で納期は十分あるが、時間がある内に進めておかないと安心できない。
取りあえず、20日で完了させる目標だが、果たして・・・

と、これを書いている間に月曜納品依頼の打診が入る。
明日か明後日で大丈夫だが、予定を変更してこれから手がけるか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

フェルトに印刷は?

という問い合わせがあったのは10月初め。

フェルトの仕入れ先に問い合わせた所、印刷は出来ないと言われたそうだ。
表面が毛羽立っていて、普通の印刷で考えたらそれは無理。
ネットで検索して当社にたどり着いたそうだ。

当社でフェルトに印刷した経験はない。
が、想像するに、おそらく問題なく可能だろうと答える。

Dsc07062 数日後、フェルトと仮データを送ってもらい、サンプルを提出。

OKとなったが、最終デザインが決まらない。
伸びに伸びたこと5ヶ月ほど。
やっと昨日印刷。(非公開)

当社には、他社で断られて相談に来る例が多い。
取りあえずでも相談に乗るので問い合わせてみると良い。

と言いながら・・・
最近は忙しく、直ぐにサンプル提供(無償)が出来ない場合もある。

そんな時は仲間を紹介するが、直ぐに無償でとまではどうか??
(若く可愛い女の子なら直ぐにと言っていたが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »