« アクリルの掃除 | トップページ | 急ぎ用に版を用意 »

2008年11月 4日 (火)

米袋を印刷

10月30日の記事で紹介した米袋。
次回は制作工程を紹介などと書いておきながら、まだだった。

では今回掲載。

1_2 2_3
まずは色を作るのだが、ベースの透明インクにパールの粉末を混入。
パールだけでは見えにくいので、シルバーを少しだけ混入。
その色具合を実際に袋に印刷しながら調整。

3_2 4_2
同じようにピンクパールを調整し、印刷にかかる。

今回の袋は米が見える窓が付いていて、この窓の位置が全て不揃い。
窓の縁に添ったデザインなので、一枚ずつ位置を合わせながら印刷する。
写真は透明フイルムに見やすいように黒で印刷しておき、その位置に袋を置く。

5_2 6
位置を合わせたら印刷。
写真だけでは、何でもなく袋を置いて印刷しているように見える。
しかし、、ここに袋を印刷する工夫が隠されているが、それは秘密。

7 8
秘密以外の難点は、窓の周りは皺が寄り、波打つ部分も多く出てくる。
それはもう、一枚ずつ丁寧に伸ばしながらの印刷になる。

Photo_2
これで完成。

んーーん、あんまり参考にならないかな?
まあ、袋の関係者が見たら、この難題を多少は理解してもらえるかな?

|

« アクリルの掃除 | トップページ | 急ぎ用に版を用意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104917/43010665

この記事へのトラックバック一覧です: 米袋を印刷:

« アクリルの掃除 | トップページ | 急ぎ用に版を用意 »