« 手提げ袋に印刷 | トップページ | スキージーの取り替え »

2008年10月23日 (木)

米袋に印刷

1_2
これは市販の米袋に印刷したものだ。
前回の記事では白ベタを印刷しているところまで掲載)

2_2 3_2
この米袋は2枚重ねの構造になっていて、いくら空気を出しても平らにはならない。
完璧にピッタリと平らにするのには、相当の治具が必要になるだろう。

4_2 5
そこは持っている知識と技術で何とかカバー。
白ベタ後の赤印刷も、多少の問題はあったが素人目には分からない程度。

依頼者は都内で事業をされていて、週末に米作りをされている方。
出版関連の方らしく、白ベタの白さ加減が気になったようだ。

しかし、クラフト紙に白ベタを印刷しても、吸い込みが激しく完璧な白にはならない。
完璧な白より、味がある白さ加減だと納得して貰う。

因みにデザインは、都内の一流のデザイン事務所が手掛けたのだそう。
どうりで印刷の制約を無視した、無理のあるデザインだと納得?

この袋に入れたコシヒカリは、ただのコシヒカリではない。
依頼者である山燕庵様の、アモーレというブランド米になったのだ。

|

« 手提げ袋に印刷 | トップページ | スキージーの取り替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104917/42877957

この記事へのトラックバック一覧です: 米袋に印刷:

« 手提げ袋に印刷 | トップページ | スキージーの取り替え »