« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

6月も終わり

6月・・・今年も半年が過ぎたのか・・・
あっという間で、なんか満足感のないまま過ぎたようだ。

この半年、従来のお客様からの仕事が少ない。
その分、ネットから新しいお客様が増えている。

しかし、今のところ1度だけの受注が多く、カバーできるほどではない。
まあ、これからゆっくり期待していきたいところだ。

さて今月は。

出だしこそ好調に行くかと思われたが、中盤から失速。
なにせ、お得意様からの受注が極端に少なかった。
少なくなりつつはあったが、これほど極端に無いとは・・・

さらに後半には、材料の遅れで来月回しの物件まで・・・
来月の仕事になるとは言え、今月の売り上げにしたかった。
こちらのお客様も、今月は少なかったのが残念。

少しだけ希望を持っているのは、ネットから新しいお客様。
今月は2社で、今後リピートがあることが期待される。

ネットからは、毎月1・2社とお付き合いが始まっている。
受注はなくても、テスト印刷をしてあげたり、見本を送ったりもしている。
これが数10社・・・100社と拡がれば・・・と願いつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

自社シール

この週末、さらに月末なのに材料の搬入が遅れた。
おかげでその物件は、来月回しとなってしまった。

他に大きな予定もなく、この週末はサンプル印刷と自社用シールを作るだけ。

と思っていたら、その次に予定されていた物件の材料が入った。
予定では来週水曜の搬入で、2物件が重なってしまうと嘆いていたところ。

このおかげで、後の物件が3日先行して出来ることになった。
手を掛けたばかりのサンプル印刷と、自社用シールを急遽終わらせることに。

Photo_2 1_2
塩ビシートに、このよう多面付けすると安上がり。

この自社用シールは梱包用で、安いシートや端材シートで作る。
無ければ無くても良いもので、気が向いたときに印刷している。

が、何にでも自社のアピールは必要だ。
と、デザインを手掛ける息子は言う。
確かに、ダンボール箱にこのシールを貼るだけでも体裁が良い。
他にも色々使える。

もう一つ、ネットからのお客様へのサンプル印刷も終わらせる。
そして今日から長丁場の印刷開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

締め日に間に合わず

今月30日の、締め日に納品しようと目論んでいた物件。

今日材料が搬入されれば、金・土・日と3日かけて印刷。
30日月曜朝納品と、今月の売り上げになるところだったのに・・・

材料が入らない!!! 入るのは月曜夕方だそう。
仕方なく、納期がたっぷりある仕事を先にする。

Dsc08802 Dsc08804
この物件は定期的に来る塗装金属で、お客様は20日が締め日。
来週でも十分間に合うのに、搬入された翌々日に納品。

両物件が逆であれば理想的なのだが、世の中上手くいかない・・・

と、ため息をつくが、上手くいく時もあったはずなのに、忘れちゃうんだよな。
まあ、おかげで来月早々10日間ぐらい、猛烈に忙しくなってしまう。
気を取り直して、この週末は楽しんでおくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

タオルに印刷テスト

Tシャツに続いて、タオルにも印刷テスト。
Tシャツと同じ、布用のインクを使用。

Dsc08418 Dsc08419
これも実際使用してみたが、色落ちなどの問題はない。

印刷部分の使用感は良いとは言えないが、気になるほどではないと思う。
タオルの使用部分は、殆ど真ん中の部分だろうから問題ないのでは。

このような贈答用タオルは、染め物業者が一般的だろう。
しかし、注文から納品まで、随分と時間がかかるらしい。
特急に応じるとは言うらしいが、土日を抜いて実質1週間以上はかかるらしい。

このような名入れ程度なら、当社は2~3日で対応できる。
印刷内容にもよるが、安く、早くだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

機械銘板のサンプル

ネットから、機械銘板の問い合わせがあった。

普通、機械の銘板は薄いアルミが多く、アクリル板に裏印刷というのもある。
今回はステッカーのようなシールタイプでも良いと言う。
少し閑だったので、サンプルを作ってあげることにした。

Dsc08658 Dsc08650
左はカッティングシートに印刷後、手切りしたステッカータイプ。
右はカッティングで、角が丸く抜いたシートに印刷したタイプ。

カッティングで抜いたタイプは見た目も良く、結局これに決まる。
サイズは100×150ぐらいで、2枚1set。

このタイプで概ねの金額は、200setで¥50,000-、100setで¥30,000-から。
手切りタイプは1~2割安くなる。
(材料や形状で変わりますが、予算の相談には応じます)

簡単なもので、時間があればサンプルを無料で作ります。
お気軽に問い合わせを

※宅配便でのサンプル発送代は着払いになります。
  受注後なら当社負担です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

イベント用Tシャツ印刷

イベント用のTシャツ印刷を始めようとして、まずは自社のロゴを印刷。
4月初めに印刷し、実際に着て洗濯を繰り返し2ヶ月。

Dsc08647 Dsc08648
色落ちすることなく、問題はない。

Tシャツ用の印刷インクは主に水性で、印刷後に熱処理が必要。
油性の場合は熱処理が必要なく、その分単価を下げることが出来る。

油性のインクでは、水性インクに比べると印刷面が硬い。
あくまで一般的な話で、水性インクでも同じような硬いインクもある。
着心地も、硬さを感じることはなかった。

イベント用で、数回の使用に耐えられたら良し、とするなら全く問題ない。
少し長く使用するなら、印刷より、シャツの素材の問題になろう。

これから需要があるだろうイベント用Tシャツ。
当社では50枚で、版代込み1万円ぐらいから考えている。
(シャツ代・消費税・送料は別途)
それ以下のロットでも、相談に応じますので遠慮なく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

紙袋に名入れ

紙袋にロゴマークなども印刷する。

問い合わせも時折あるが、単価のせいなのだろう、決まらない事が多い。
包装はサービスであって、製品の価値ではないからなのだろう。

そうかなあ?
良い製品には、それなりの価値のある包装で渡したい。
と、思うが・・・

Dsc08416 Dsc08413
今回の依頼はこのような袋。(印刷後)

袋の底の部分が折りたたまれている部分に印刷が被る。
このため、少量のロットでは引き受ける業者がいない。
と、ネットから問い合わせがあった。

出来ないことはない。
ただ、数量と技術的な面で単価が決まるのだ。
まずは無料のテスト印刷に袋を送っていただいた。

結果今回の件は、技術的にさほど難しい物件ではなかった。
とは言え、固定させる方法、折り目にかかる印刷はそれなりの工夫がいる。

今回は100枚の依頼で単価は100円。
(袋は支給品、版代込み、別途送料・消費税)
この袋1枚に、100円の印刷代は高いのだろうか?

※袋の形態、印刷の大きさなどで単価を決めます。
  まずは遠慮なく問い合わせてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

ジャンパーに印刷

何でも手掛けるシルク印刷屋だが、Tシャツとジャンパーは断っていた。
昨今、シルク印刷の需要は減るばかり。
可能な限り、手広く広げたい。

今回はジャンパーにテスト印刷。

2_2 3_2
お客様へのサンプル印刷をしてみたが、今回は結果の写真だけ。
インクも印刷も、問題なく出来た。

Photo_2 1_2
白のインクもいい感じに印刷できている。

今回のサンプル印刷は問題なくできたが、量産となるとどうなのか?
果たして需要もまた、どれだけあるのか?

需要と印刷時間で、単価を決めて行かなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

ピリッとこない・・・

この前、6月は一転・・・などと書いたが、これから先は分からない。

ガソリンをはじめ、様々な物価が値上がりしている。

なのに、製作単価は上げられず、むしろ下げる有様。

単価に関係ない、クオリティーの高い仕事をしたい。

血が沸くような仕事・・・

最近ないなあ・・・

気分は梅雨時・・・

こんな時は、一杯やって吹き飛ばそう!

と、毎晩呑んでいる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

アクシデントも乗り越え

表裏が反対に加工されていた生地が届き、発注者に確認していただいた。

結局作り替えはせず、そのまま印刷することに。

この物件はアクシデントが2回。

最後に印刷で失敗・・・などということにならないように、細心の注意を払う。

4mの生地に3ヶ所の印刷。

1色印刷が2種類各1本、2色印刷が1本。

これを2日掛けて印刷。

昨日納品、今日工事のはずで、何も言ってこないから問題ないのだろう。

いや、問題あるはずがない。

それだけ細心の注意を払い、正確に印刷したのだから。

今回の物件はネットからの受注。

版は3種類製版し、約2日かけて様々なテストをした。

結果、割に合わない仕事だったが、満足感はある。(写真は無し)

今後、発注者との関係が今後も続けば、苦労した甲斐がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

またしてもアクシデント

先週テストした布地の物件。

明日納入される予定だったが、1日早く今日届く。

明日から印刷する予定でいたが、面倒な仕事は早く済ます。

早速取りかかろうと蓋を開けてみたら・・・

なんと、表裏が逆に加工されている。

午後一番に発注者が確認に来るが、仕事は出来ず。

朝一番に搬入の知らせが入っていたので、心構えは出来ていた。

しかし、やる気は失せる。

このようなことで良いのだろうか?

この物件のトラブルは2度目。

3度目は・・・さすがに、印刷で失敗しないか不安がよぎる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

布地にテスト 

先月、遮光カーテンの生地で問題が発生した。
30年以上印刷しているが、考えられない問題だった。
この件はどうやって説明したらよいか、思案中につき後日掲載。

その遮光カーテンの生地は使えず、別な生地に変更。
今日はその生地にテスト印刷している。

その生地がまたやっかいな生地で、織り目が深く、しかも硬い。
布地と言うより、エンボス状のフイルムと表現した方が良い。

Photo 1
通常の1回刷りでは織り目の下地までインクが届かない。(左)
続けて2回刷りではインクが出すぎで、下地まで届いているものの、文字のエッジがガタガタ。(右)

普通の帆布などでは、生地にインクが染みこむのでガタツキは少ない。
この生地は染みこまないので、織り目がもろにガタツキの原因となる。

こんな場合、1度印刷してから乾かし、さらにもう1度印刷する方法がある。

2 Dsc08408
左は1回目、それを乾かしてから、右が2回目の印刷。
エッジはまたガタつき、下地に完璧にインクが届いていない。
完璧にインクを落とすにはさらにもう1度。
しかし、それではもっとエッジがガタつく。

版の粗さ・インクの濃度・印刷面積でインクの届き具合が違う。
特にエンボス状には、印刷面積が広いほど下地まで届きにくくなる。
その印刷面積により、様々な条件で試してみる。

この物件は、少し離れた位置で見るもので、素人目には問題ないはず。
しかし、制作側(発注者も)としてはここにこだわるのだ。

それにしても、やっかいな物件が飛び込んできたものだ。
請けている以上、より良い仕上がりのためにまたテスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

6月は一転

早い梅雨入りだという。

当社は5月から梅雨入りの状態。

あまり気分の良くない日が続いていた。

先月あったトラブル(印刷に責任はない)が、来週再印刷することになっている。

が、何となくすっきりしない展開で、こんなことで果たして上手くいくのだろうか?

それでも月が変わり、天気も悪いが、仕事は入ってきている。

昨日から仕事仕事。(公開不可の仕事ばかり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »