« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

8月も終わり

とても長く感じた1ヵ月だった。

例年8月は、年平均売り上げの7割程度で、今年も昨年と同じくらい。
今年は全体に悪い中での、昨年同様なのだから好しとしよう。
来月は予定が少しばかり有り、期待できそうな月になるか。

閑な時に、帳簿の整理や売り上げの計算をしているが、ここ数年の動きに特徴が出ているようだ。
はっきりしてきているのは、従来のお客様からの売り上げが減少している。
数年に渡り、右下がりの傾向が続いているのが、この所の閉塞感の源か。

それに対し、新しいお客様が増えて下されば問題ないのだが・・・
ポツポツと増えつつあるお客様も、今のところ仕事量もポツポツ・・・
何とか増えるよう、改めて努力を誓おう。

それにしても、相変わらず未入金が多い。
月末の通帳には、引き落としは確実にあるものの、あるはずの入金が無い。
催促はしたくないが、せざるを得ず。

4月に、古くからの付き合いがあった方と決別したが、その御方からの入金も相変わらず無い。
翌週には払う(決別時)と啖呵を切っておられたのに・・・
言った事に責任を持てないのは残念なことだが、元々そういう事の責任たるものの考えが違うのかも。

気を取り直し、9月は頑張ることにするか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

長い仕事も終わり

1週間かけたアクリル両面印刷もようやく終わる。

1回のロットを2日で印刷、これを3ロットで計6日間。

ややお疲れ。

Dsc04782_l Dsc04783_l_4
アクリル両面印刷 裏4色 表1色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

やっと忙しくなって

どうやら夏休み気分も抜けたようだ。

2日前から,アクリルに裏印刷4色・表印刷1色の計5色印刷を手掛けている。
数量もやや多く、今週一杯の予定を組んでいたが、そうは行かない。

Dsc04735_l Dsc04736_l
今日は午前中見積もり。

ややまとまった物件の見積もり依頼で、カッティングと材料費を調べているうちに昼になる。

午後から始めるも、本来なら4色印刷するところを2色のみ。
明日は午前中に2色印刷し、午後表側を1色印刷して完成。

それでもまだ予定数は終わらず、残りは来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

夏休みが終わっても

先週はポツポツ仕事があったものの、殆ど夏休み状態。

休み明けの仕事が予定されていたので、さあやるぞと意気込んでいたが・・・
何と、印刷素材が入ってこない。

休み前の受注で、休み明けには素材が届くはずだったのだが、加工業者もしっかり先週中夏休みのようだった。

Dsc04700_l_2 Dsc04702_l_2

夏休み中(当社は夏休みとは決めていないが)はのんびりムードでいたが、何時までものんびりしてはいられず、仕事のための準備もしておく。

昨日は製版の準備。
使用済みの版を落版し、また乳剤を塗って暗室に保管する。
急ぎの印刷で(単品など)何が一番時間が掛かるかと言えば、製版の時間だろう。
小さな製版でも、落版から塗り・製版までは1時間以上掛かる。
そこで、予め塗っておけばポジフィルム出力後直ちに製版できる。
(製版を他業者に依頼している印刷業者は数日掛かる)

そして今日は、3か月分の帳簿の整理。
このような事務仕事に関しては、畑違いとあってなかなか進まない。
2か月分の領収書を整理したところで一休み。
気晴らしにブログを書いていると・・・

素材の加工が、取りあえずの分は出来たと連絡が来た。

と、事務仕事はここまでで、また暇を見て掛かることに。
今週一杯掛かる仕事に、午後から取り掛かる。
やっとやる気が出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

見取り図を印刷

誘導案内のある見取り図を印刷。

817_6
完成品 アクリル 350×500 2色

今回のような2色の場合は、版を2色分つくるのだが、製作は1枚のみ。

817_1_2 817_2_2

このような場合は1色仕様で版を作り、まず赤い部分をテープでマスキングし、黒を印刷する。

817_3_2 817_4_3

黒が乾いたら赤を印刷するが、黒の場合と逆に、黒の部分をマスキングする。

817_5_2 817_6_2

赤を印刷して完成。

マスキングでの手間はかかるが、位置合わせが最初の一回で済むのが利点。
更に版も小さくてよく、データ段階での色分け作業が無い。
総合的にはこちらが早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

避難看板を複製

避難看板の依頼があった。
何年前に作ったか分からないというが、同じものを作ってくれと言う。
しかし、色数を減らすという注文。

Dsc04430_l Dsc04431_l
黄色の入っているほうがオリジナル

ずいぶん昔に作られたようで、イラストは戦時中に見えなくもない。
スキャンニング・トレースして複製を作ったが、いっそのこと新しくすればいいのに。
自治体はどうして前例にこだわるのであろう。

限られた予算の中で斬新な看板を、当社デザイン部SIKEEDが考えてやるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

スケールステッカー(目盛りシール)をシルク印刷

休みたくは無いが、既に夏休みモード。

ポツポツと仕事が入っているので完全に休むことは出来ない。
(休みたいわけではない)

気分が乗らない時など、趣味のステッカー(目盛りシール)を印刷でもしてみる。

810_l 810_l_1 810_l_2
版を作り、透明シートに白と黒で印刷。

810_l_3 810_l_4
下地の色を考え2色用意し、これをカット。

810_l_5 810_l_6
カットしたステッカー(シール)を釣竿に貼る。

810_l_7 810_l_8
使い道は、釣った魚をスケールに合わせて写真を撮り、リリース?

8月4日に書いたように、大方のブログでは獲物の大きさが判らないのが多い。
そこで、釣竿の他クーラー、アウトドア用品に貼っておけば写真撮りに便利で、一々スケールを持ち歩くことも無い。

市販してくれる業者はいらっしゃるかな?

興味のある方は、メールまたは、0463-84-5541までお問い合わせ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

色紙にシルク印刷

ある町の、敬老の日に配る色紙。
市長の書による色紙だが、この市長が続く限り、この色紙も配られるのか。
当社で印刷するようになってからでも7・8年は経つ。
出来るだけ長く多選して欲しいものだ。

Dsc04456_l Dsc04455_l

さてこの色紙印刷だが、シルク印刷では黒の部分の濃淡は無い。
墨の濃淡をシルク印刷で出来ないことは無いが、美術品の印刷レベルになる。
印刷金額も嵩むことになるので現実的ではない。
芸能人のサイン程度ならこの方法で良いと思うが、まだ来た事は無い。

と、このブログを書こうとしていた時に、色紙の印刷の問い合わせが来た。
昨年のブログを見ての問い合わせだが、希望数は5枚から10枚ぐらいとのこと。
普通の色紙2枚分の大きさで、見積もりは少し高くなるが、果たして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

急ぎのステッカー 危うく大失態

先日のステッカー印刷では、急いで対応できたのは良いのだが、危うく大失態を犯すところで冷や汗物だった。

7月31日午後、若い女の子の声で問い合わせがあった。
急ぎのステッカー2000枚をその日中に印刷できるかとのことで、他業者に問い合わせても、即日印刷は無理と全て断られたようだ。

87_l 87_l_2
ロゴデータを面付けして製版

87_l_3 87_l_4
調色後印刷

運の良いことに、当社では他に急ぎの仕事は入っておらず、その日予定していた仕事は翌日に回して取り掛かることに。

87_l_5 87_l_6
非公開なのでボカシ

難なく印刷を終え、切羽詰まったように見受けられた担当の女の子を安心させようと写真をメールで送ったら・・・

何と、ベースは白でなく透明なのだと!

済まなそうに言う女の子だが、彼女が言い忘れたはずは無い。
最初に言ってたはずで、話すうちに私が勝手に白ベースと思い込んでしまった。
ここは必ず発注書を発行してもらい、きちんと確認しながら進めなければならない。
急ぎの場合は特に忘れてはいけないことなのだが・・・

87_l_7 87_l_8
刷り直してカット

運が良くとはこのことで、担当の女の子が気が付いてくれなかったら、翌日納品後に大失態となるところだった。

シルク印刷で独立し、20年近く経つのに未だ完璧にあらず。反省。

それにしても、メールの写真で白と透明の違いが判ったなんて。
上段が白ベースで、下段が透明ベース。違い、判ります?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

木の枝に目盛りをシルク印刷

趣味のブログで使用している、目盛りがついた小枝。
先日、公園で会ったご婦人に「売っているのですか?」と聞かれたが、自作です。

キノコの写真を掲げているサイトは数多い。
しかし、そのキノコがどれくらいの大きさかは殆ど判らない。
ならば私は、判るようにしましょうと、こんなものを作った。

84_l_2 84_l_3
木の枝を削り平らな部分にシルク印刷。

84_l_4 84_l_1
完成品 右は目盛りシール

さてこの小枝目盛りを持って山へ。

84_l_6 84_l_5
直接印刷した枝と白文字のシールを貼った枝

目盛りシールをアウトドア用品に貼っておくと便利だなあ。
これ、売れないかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

テントにシルク印刷

数年に一度、取り替えているテントがある。
その度にシルク印刷の要望があるので嬉しいこと。

テントへの印刷の難点は、まず大きいこと。
広い工場を持たない当社では、広げることさえ一苦労。
しかし、テント自体大きくとも、印刷する内容が小さく個別に印刷できれば問題ない。
が、テントの繋ぎ部分には段差や皺という厄介な問題もある。

_l _l_1

皺は伸ばしたり、印刷部分に掛からないように移動させたりして印刷。

_l_2 _l_3

繋ぎ目の段差部分にインクが入らないのは仕方がなく、筆でタッチアップ。

_l_4 _l_5

完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »