« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

2月も終わり

早いもので2月も今日まで、28日間だから余計に早い。

今月は・・・まあ、例年、多いことは無い月ではあるが、例年並か。
惜しむらくは、昨日や今日に材料が搬入されてきていることか。
31日まであれば、今月中の売り上げになるのだが。

他には・・・見積もりは多かったが、未だ決まっていない物件ばかり。
半年後に受注した物件もあるぐらいだ、気を長くして待とう、と思うしかないか。

玄関にダイノックを貼る。

Dsc01864_l Dsc01865_l

メタリックに白で印刷したので、光線の加減で見え辛い時間帯もある。
飽きたらまた替えればいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

ダイノックのドア

Photo_10このドアーは恥ずかしながら当社の玄関。
7~8年前にダイノックを貼ったもの。

昨年秋ごろから表面が剥がれ、今年に入って急速に劣化中。

1_22

いくらなんでもこれでは恥ずかしい。
金になることなら直ぐに動くのだが、自分の事になると腰が重い。
重い腰を上げ、手持ちのダイノックに印刷して貼ることに。

2_11 3_11

ダイノックは広げると皺ができ、このままでは印刷できない。
いったん剥がしてから皺を伸ばす。
この方法はゴミが入りやすく、売り物には向かないが、自分用だからかまわず。

4_12 5_10

印刷はお手の物。
これを乾燥させて、明日貼りこむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

半年前の見積もり

見積もりの資料は、どのくらいの期間保管しておくか。

建設関連では1年以上前から見積もるが、その時点では大まかな見積もり。
実際の工事になると仕様が変わったりするので、その時点での見積もり通りの仕事はまず無い。
ま、こんな仕事が毎月あればいいが・・・

大掛かりな仕事ではなく、ごく普通の仕事に関しては、大抵1ヶ月以内に決まる。
3ヶ月も経った物件は、流れた場合が多い。

当社では、物持ちがいいので?1年は保管しておく。

保管のかいあってか、半年前に見積もりした物件が来た。
あまりの長さに、担当者もその見積もり書を紛失。
当社から再度提出して受注。

1_l_5 _l_90
アルマイトにシルク印刷 1色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

1回だけだと思ったのに

12月13日の記事で、小さい版に製版し、2度に分けて印刷した物件。
この物件が、その時だけと思い込んでいたら追加が来た。

版は落とさずに残してあるが、その時は2枚だけなので2度に分けて印刷した。
今回は20枚の注文で、また半分ずつ印刷するのは面倒。
かといって、新たに製版するのはさらに面倒。

1_l_4 2_l_5
右半分を先に印刷し、乾燥後左半分を印刷。

結局前回と同じように半分ずつ印刷。

追加と思ったのは間違い、前回はサンプルで、今回の20枚が正式な発注。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

艶消し印刷

昨日急ぎで色見本の依頼があったC社さんから今日また電話がくる。

今日の依頼は、近くに塗装屋はあるかと。
聞けばサンプル品の一部を艶消しに塗装したいのだそう。
ならば、シルク印刷で直ぐに出来ます。

と言うや、小田原の現場から直ぐに向かい、ここ秦野まで小一時間で到着。

サンプル品は金メッキされた鉄板で、艶があり過ぎるのが気に入らないそう。
艶消しはどうなのか見たいと、我儘なクライアントに振り回されているC社さん。

_l_88 _l_1_6
マット剤を透明インクに混合

表面を艶消しにするのなら、艶消しクリヤーで印刷すればいいだけ。
が、金属用の艶消しクリヤーは置いていない。
こんな時は、透明インクにマット剤を混合するという方法がある。

_l_2_4 _l_3_4
右側半分が艶消し印刷

到着するや直ちに印刷。
そしてドライヤーで乾かし、触っても問題ない程度で持ち帰ってもらう。
この間15分ほど。

素早い対応で、クライアント様も喜んで下さるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

色見本をシルク印刷で

朝一番に、色見本用にシルク印刷をしてほしいと頼まれる。

本来ならば塗装屋に頼むところなのだろうが、時間がかかるだろう。
こんなところも、シルク印刷なら直ぐにできるのをご存知でしょうか?

_l_86 1_l_2 2_l_4
左:頼まれた色はDIC2394で、使用するインクは白・黒・青・紫・黄の5色。
中:まずは大体の容量で混合。ここはカン。
右:混合したところで色見本と比べてみるが、この時点で合っていては、実はダメ。

シルク印刷は刷ってみないと本来の色は判らないので、実際に刷ってみる。

3_l_5 4_l_3 5_l_2
左:調色用に小窓の付いた版を用意しておくと便利。
中:まずは近い色が出来たところで刷ってみる。
右:色見本と比べ何色が足りないかを見る。

6_l_1 7_l_1 8_l_1
左:やや濃かったので白を加える。
中:よく混合してさらに刷る。
右:色見本と比べて見るが、この時点で合っていてもダメ。

印刷された色は刷って直ぐの状態と、乾いた状態では違うもの。

9_l_1 10_l 12_l
左:ドライヤーで乾かすと、中:やや明るくなる。
右:それぞれ足りない色を入れてまた混合。

15_l 18_l 17_l
左:何度か繰り返し、一番近いと思われるところで完成。
中:提出するスチールに印刷。
右:焼き付けて完成。

依頼者のC社さんは10時半に取りに来ると言ってたが、もう11時半過ぎ。
待つ間にブログが書けてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

塩ビシートにシルク印刷

塩ビシートの、大きなサイズの注文が来た。

Dsc01750_l

w900×h800というサイズ。
当社の印刷台はw900×h600まで。
900幅は良しとして、縦方向を半分ずつ印刷する。

手間はかかるが難しい仕事ではない。
この物件は、文字と小さな表の組み合わせなので、半分ずつに分けて印刷できるが、ベタ抜き印刷は出来ない。

印刷の手順を写真で公開するつもりだったのだが、この日はカメラを自宅に置き忘れ、翌日の完成品のみ。

また今度。

この物件は、原稿製作・製版・印刷・シート代込みで¥25,000-(税別)です。
残念なことに、1枚だけでこの金額では、インクジェットに流れてしまうだろう。
シルク印刷の指定でない限りは来ないのだが、長期間に耐えられるのですぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

ステンレスにホテル案内サインを印刷

出来ることなら「このような印刷ばかり手がけたい」と、言いたくなる仕事。

H社・S氏からの依頼があったのは今月初め。
データとステンレスが届き、さあ始めようとした時に変更。

待つこと10日あまり、ようやく変更後のデータが届く。
2日後発送。

_l_85 _l_1_4
w490 h390 6色印刷 ¥21,000-(ステンレスは支給)

かつてはこのような案内板の印刷が多かったが、取引先の都合で今は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

風呂敷にシルク印刷

布に印刷するのは本業ではないが、それなりには出来る。
布用のインクは持ち合わせおらず、普通のインクで印刷するので、長期に渡って使用する目的には向かない。

今回は色物の布地に白で印刷する。

1_20 2_10
風呂敷と版を用意

3_10 4_10
印刷 1回目

布地に1回印刷しても、直後は濃く印刷できたように見えるが、時間がたつとインクが染み込んで薄くなる。
この現象は、立て続けに2度・3度刷り込んでも同じで、多く刷り込むほど滲みの原因にもなるし、表側に滲み出る結果にもなる。

5_8 6_7
ドライヤーで乾かすと染み込んで薄い

これを解決するには、まず1回印刷し、すぐにドライヤーを当てて乾かす。
完璧に乾かす必要は無く、表面を触ってもベタ付き感が無い程度まで。
そして2回目の印刷をするが、その間布地はそのままに、動かしてはいけない。

7_7 8_7
2回目の印刷で完成

1回目は、言わば捨て刷りで、その上に2回目を印刷することにより、濃い白が印刷できてシャープに見える。

1回刷ってはドライヤーを当てながら200枚印刷。
実用には向かないが、記念品を包んで渡すだけならこの印刷でも十分。

注文を受けてから3日目に納品。(印刷代は1枚あたり¥100-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ドトールコーヒー販促品

連休前に特急で入ってきたのが、ドトールコーヒーの販促品の印刷。

コーヒーを好まない私には、どんな所(店)に置いてあるのか分からない。
そんな事はどうでも良く、来た仕事は納期通り納めなくてはならない。

Dsc01688_l Dsc01689_l

印刷は、ペット樹脂に裏印刷で2色。
数が多いのだが、その分単価が安いのが残念なところ。

土曜日中に印刷を終え、日曜にお客様が引取りに来られるのだが、予定時間を大幅に遅れ、連休なのに待たせてすまないと詫びて下さる。

連休だけど、他の仕事もしているので、私としては一向に構わないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

同じ内容

今週は公開できない仕事ばかりで更新が遅れてしまった。

やっと週末になって更新するのだが、1月27日の記事と内容は同じ。

明日も仕事、とこれもまた同じ。

Dsc01594_l Dsc01595_l

Dsc01596_l昨夜持込んでいただき、今日の昼に印刷。
熱をかけて焼付け、慌しく梱包・発送。

明日、日曜配達指定のラベルを貼って。

この仕事は殆どいつも待った無し。
おかげで土曜日だからと言って、休んではいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

今時データではなく

最近の原稿はデータで渡されるのが殆どで、印刷された原稿はほぼ無い。

その“ほぼ無い”原稿を渡され、急いでいると。
すでに写真撮りの設備は無く、フイルム撮りは外注に出さねばならない。
そうなるとコストも時間もかかる。

今回は技術的なレベルは低くて良いとのことなので、スキャナーで読み取ったデータをそのまま製版し印刷する。

1_l_1 2_l_2
紙にプリントされた原稿だがよく見ると線がガタガタ

急ぎで渡されたが、サイズは450×1200で、この大きさの製版は時間がかかる。
こんな時はストックしてある版で半分ずつ製版し、2度に分けて印刷する。

3_l_2 4_l_2
まずは右半分 そして左半分

5_l_1
完成

土曜日午後に渡され、日曜朝に納品。
1枚のみ 一式¥15,750- (製版代込み、材料費は含まず) 安いでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »