« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

7月も終わり

今月は出だしの1週間で月売上目標の半分を越え、さらに半分が後半1週間に予定されていたので、目標を大幅に超える“貯金”ができる・・・はずだったが、後半の仕事が突然キャンセルになり驚きと落胆!
ま、仕事を出す大元の都合(担当者が変わった)で、当社に印刷を発注して下さっている東京A社さんもまた落胆している。

過去には時たまあったことで慣れているはずなのに、この1・2年そういう事態は無く、ほぼ予定通りに実行されていたので安心しきっていた気持ちに太い釘を刺されたような気分、でしょうか。

こんな時には、また別な物件が突然入ってきたりするもの・・・と思っていたが、そうは甘くなくポツリポツリと単発物件のみ。
終わってみれば、それでも目標の9割なのでまあヨシとしておきますか。

時間はたっぷりと出来たのでもはや無用の製版カメラを解体。
引き取り手は無く、そのまま業者に処分を頼むとなるとまた金がかかる。
ならば長年世話になった製版カメラだから、自ら解体してリサイクルに回すことに。

Dsc08056_l Dsc08059_l
この2台を2日かけて解体。

Dsc09390_l Dsc09388_l
鉄の部分のみ                  配線などは後で取り外し

長い間ご苦労さんでした。
願うならば、また別の機械に生まれ変わり、腕の立つ職人に愛されてほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

TBS美容室 求人ポスターの広告デザインをSIKEEDが制作!

近所にある「TBS美容室」という美容室の求人ポスターのデザインを、SIKEEDが手がけました。

Dsc02997

個人的にもよく髪を切りに行っているお店なんですけど、別にそんな伝手とか何にも関係なしに、普通のお仕事として受けたデザインです。

B2タテのサイズで、小田原駅ホームに3箇所貼られるポスター。

4~5点案を考えたうちの、2番目にオススメの案が選ばれました。ちょっと残念。

左側のお花の写真は、ちょいと山に行ったときに、私の普段使いからロケーションまで大活躍な愛機サイバーショットP200でちゃっちゃと撮影したもの。

「何か使えないかなぁ」とか思いつつ、いつもこうして気になるものがあればとりあえず撮影、ということを日常的に行っているわけです。

そうした“素材写真”ですから、場合によっては今回のようにそのままデザインに使うかもしれない。なので、コンパクトながらも高画素なこちらのサイバーショットP200、720万画素モデルを使っているのです。

でもね、最近はもう本当にデザインに使いたいと思うものだったら良いカメラ(ソニーの新しいα100とか良いねぇ)で撮影して、メモ代わりの撮影とか気になるものを撮影したりする日常使いなカメラはサイバーショットT30が良いなぁなんて思ってたりします。

■デザインで、考えたこと
求人ポスターというものは初めて作りましたけども、駅に貼られる求人ポスターというのは、様々な広告があれど、全然見られていないものだということ。

たとえば今日乗った電車、ホームに下りて、駅を出るまでの間に、さてどんな広告があったでしょう?

全然覚えてない。

きっと目に入った広告だけでも5点~10点はあるはず。
電車内の中吊りを含めたら数百点にも上る広告の数。
それでも、やはり意識的にならない限り、見たうちに入りません。

それは参ったなぁ、と。
色々考えたわけですが、特に今回は3枚しか出稿しないのです。おまけに小田原駅ホーム限定。

ただでさえ広告なんて人は見てくれないというのに、どのようにして見せるか、どう見てもらうか。

行き着く点の答えは、「美容室を意識している人の不意に入った目線を確実にキャッチすること」

求人ポスターですから、万人に納得してもらえるような広告とかではなく、その求人に興味のある人にピンポイントで見れもらえれば良い。
そのためには、どういうコピーが良いのかとかいろいろ考えましたが、最後は非常にオーソドックスな看板的スタイル、「美容」と「募集」という文字をでっかくするべきだろう、となりました。

言っても見れば超普通、です。
それではつまらないとかおもしろいとかの問題ではなく、きちんと求人広告として効果のある、機能してくれるものでなくてはならない。という考えを今回はまず第一として考えたのです。

■小田急線とポスター
Dsc03001

出稿場所はホーム。

こちらの写真では向こう側に電車がありますが、手前側にも電車は止まります。

良いですねぇ、僕としては駅貼りポスターなんて初めてなんですが、なんでしょうこの特に感動のない感じは。これでも一応学校帰り町田から贅沢してロマンスカーで小田原までわくわくして来たのです。

というのも、個人的に発見できたのはこの1枚だけ。

あとの2枚はきっとJR側か、駅構内にあると思います。

Dsc03007

小田急エージェンシーがきちんと出稿許可。

何はともあれ、今回は生ガキによる食中毒にも掛かった最中に制作・納品したこちらの求人ポスターのデザイン、できあがってよかったです。

きちんと広告としての機能も発揮したみたいですし(1週間の出稿でも問い合わせ多し)、これからもSIKEEDデザインは、ポスターもそうですが、様々なクリエイティブをやってまいります。

そんなクリエイティブのためにも、お仕事あったらください。
本当に機能するデザインを追い求めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

立体物にシルク印刷したけれど

Dsc09201_l 立体物に印刷するのは少々面倒。
毎日同じものを印刷しているなら話は別だが、当社のように何にでも印刷しているところは、そのたびに印刷台などを調整したり、治具を取り替えたりしなくてはならないから。

この仕事は先日納品したものだが、5台納品したうち、4台がその後の工程でキズが付いてしまったそうで直ぐに印刷して欲しいと。

Dsc09203_l_1 Dsc09204_l_1 Dsc09202_l
このように治具を作って印刷する

朝一番で連絡があり、即日印刷納品。
当然ながら印刷代を請求させていただくが、あまり気分がいいものではない。

この印刷金額を知りたい方は
メール waitinnet@yahoo.co.jp または、0463-84-5541 までご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

不動産案内看板をシルク印刷

地元M社さんから不動産案内の看板を受注。

_l_40

不動産案内の誘導は、殆んど直進・左折・右折の3種類。
矢印の印刷は、直進の版だけ作り、左折・右折は板を回転させて印刷するのだが、今回は作成が13枚と少なく、それぞれの方向の数も決まっていないので矢印はシートを貼ることにするそう。

Dsc09199_lということで、印刷はベースのみ。

塩ビ 450×600






印刷価格はここを参考にhttp://www.geocities.jp/waitinnet/kakaku.htm

                                                                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

看板をデザイン

北の故郷の親族から、入山禁止の看板を頼まれる。

Typea_l_1
                                                      デザイン:SIKEED

この看板のコンセプトは

広告的な表現を取り込んだ“広告看板”の案。
一番入山禁止に効果的なのは、
侵入しようとする人自身に何らかのリスクを背負わせるもの。
それは他の何よりも監視カメラという存在が一番手っ取り早く効果的であります。
人は頭ごなしに言われてしまうと反抗心が生まれたりします。
たとえば「やるな!」と言われると「何だよ」って思いますが、
「それはやっちゃいけないと思うよ」といわれれば「ああそうかも」と思うわけです。
ですので、「入るな!」とかいう表現よりも、
こうした人事のような、
独り言のような傷つかない言い回し「ほら、監視カメラが、あっちにもこっちにも。」
というコピーにすることによって、
侵入しようとする人自身が自分に対して思い返す
「そこまでして入らなくてもな」とか「ここはちょっとなぁ…」ということで、
結果として入山しないという効果を狙っています。
当社デザイン部 SIKEED

だそうです。
     
Dsc09168_lそして印刷し発送。

                         アルミ複合板
450×600






印刷価格はここを参考にhttp://www.geocities.jp/waitinnet/kakaku.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

裏印刷

Dsc09149_l
アクリル 5t 34×210 裏から印刷

8日土曜夕方。
マグネットに印刷も予定通り進み、「久し振りに早く帰って旨いものでも食いたいな」などと思いつつ印刷していると、お得意さんから特急の依頼。
明日必要なので何とかして欲しい、と。
慌ててマグネット印刷を終え、乳剤を塗ってストックしてある版で製版、そして印刷。

Dsc09145_l Dsc09146_l
文字を刷る                   白ベタ

Dsc09147_l Dsc09148_l
銀のベタ                     完成

裏印刷の場合は通常の印刷と逆で、文字から印刷し地色の白で押さえる。
白インクは隠ぺい力が弱く、裏に貼る両面テープの影が分かったりするので最後に銀色で押さえるが、隠ぺい力の弱い白はグレーっぽく沈んで見える。
そこで当社ではより白く仕上げるため、白インクは2回重ねて印刷。
地色が明るい色の場合も、地色の上に白を印刷、そして銀色で押さえる。

予定より2時間遅れて帰宅したが、満足感を味わう晩酌。

2種各1台 @¥6,300- 版代込み アクリル支給材 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

小さなものにシルク印刷

Dsc09140_l

マグネットの印刷は8日間の予定で、ほぼ毎日一杯なのに急ぎが入ってきた。
いつもは午後なのに、今回は朝一に持って来たが、残念なことに機械の設定の都合上印刷できるのは夕方。
ここの印刷は殆んど即日に印刷発送なのだが、今回は翌日発送。

音響関連のボタンとプレートだが、ご覧のとおりの小さなもので、実は小さいものほど印刷しにくいもの。
この印刷が入ったおかげで、この日の帰りは3時間遅くなり、ああ、疲れた。

Dsc09141_l Dsc09143_l

それでもマグネットに印刷は予定通り進み、今日の夕方に終わる・・・はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

マグネットに印刷中

Dsc09128_l

昨年も受注した防犯用マグネットの印刷に追われている。
1日から印刷して、今日で5日目。
一日平均300枚ぐらい印刷し、毎日出来た分納品。
全ての印刷が終わるのは8日で、10日に完納の予定。
この間に急ぎの印刷が無ければいいのだが。

Dsc09129_l Dsc09130_l
1色目                      2色目

Dsc09131_l Dsc09132_l
3色目 完成                  黒の細い線があるので面倒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

第22回 読売広告大賞 協賛社賞(リクルート)受賞!!

ここに書くのは久しぶりであります、今時点シーガルハウスのすべてのクリエイティブ絡みを担当するSIKEED(シキード)です。

この度ですね、去年行われた読売新聞社主催による広告賞「第22回 読売広告大賞」において、協賛社:株式会社リクルートによる課題デザインで、ありがたくも協賛社賞を頂きました。おめでとう!自分。

Jaran2
株式会社リクルートによる課題「じゃらん」の新聞広告/全30段

初めての大きな広告賞への挑戦、過去の歴代受賞作品を見て怖気づきそうになりながらも、「まず作ってみることが大事!」と思い、エアコンがガンガンに効いたシーガルハウスの快適なオフィスで汗を垂らすことなく制作した涙ぐましい広告です。

「家でゴロゴロしているより、外に遊びに行ったほうが楽しい!」
というテーマのもとで制作した広告。

夏休みとかで書く「夏休みの感想作文」というものがどんな学校にもありますが、みんな「ハワイに行きました!」とか「海に行って魚を採りました!」とか「富士山のてっぺんまで上りました!」とか、ドキドキワクワクな、微笑ましい作文を書くのが一般的だし普通だというもの。

そんな夢と楽しい思い出満載であるはずの作文。
ですが、「ずっと、家にいました。」の一文だけで終了してしまった作文を書いた子がいたらどうでしょう。本当に遊びに行かず、ただ家でゴロゴロしていただけだとこんなにもつまらないものか…。それがこの作文からにじみ出てきています(ということを戦略的に計算してデザインしたのですけども)。

この夏休みの作文をモチーフとして、シュールな感じで伝えようとデザインしたのが、今回協賛社賞を頂くこととなった上記広告です。

制作裏話としては、この原稿用紙はたしか自分が小学校のとき、読書感想文か何かで必要となったために買っておいたものをイラレ(=Illustrator)でトレースしたもんだと思います、コ○ヨ製。

「じゃらん」の商品画像とロゴはリクルートから課題制作用として提供してくれたもの、そして小学3年生の作文を書いた文字、最後の先生からのコメント文字は自分で描いたもの。

わざわざ左手で書いたり、ペンを中指と薬指だけで持って書いたり、そりゃいろんなことやりました。

何百枚にもおよぶ文字原稿(あ、ちょっとオーバーに言いました)、ラフスケッチ等は、今でもシーガルハウスのSIKEED DATA TANK(という名の、14800円で買った本棚)に保管してあります。

さらには原寸版で出力した受賞作(A3×4枚貼りあわせ、自己満足ギャラリー)も期間限定展示!!(本日7月1日~僕が飽きるまで)
特別見るもんではないですが、見たい方はぜひ新規お仕事をご持参の上お立ち寄りください。入場無料、年中無休。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »