« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月17日 (日)

シルク印刷 多色刷り その1

東京A社K氏より2年ぶりに嬉しい仕事が入ってきた。定期的に変えている総務省統計資料局展示パネルだ。(以前の分は屋内用にあります)

さらに嬉しいことに今回は15点もの発注だ。腕が鳴る多色刷りも何点かある。
発注をいただいたのはもう1週間ほど前なのだが、面倒な多色刷りをする場合は細々した仕事を片付けてからと思っていたら1週間もかかってしまっていた。

今日は土曜日。電話も来客も無いので、これからフィルムの色分けをすることにする。

251414
これは完成品、780x1030で5色刷り。罫線の太さは0.5mm。

251424
罫線のみのフィルム

これは当社だと繋ぎで作るには困難なので、イメージセッタによる出力です。
そして色分けの作業に入ります。

現在は全てコンピュータ上で色分けの作業を行い、同時にイメージセッタで出力してしまえば、正確に簡単にできるわけですが、今回はブログに載せるためと、コストを考えて昔通りの製版フィルムをカットする工程を入れます。

251444

罫線のフィルムに製版用フィルムを載せ、0.5mmの罫線の中心をハンドカットします。直線部分は定規を使いますが、曲線部分はすべてフリーハンドです。罫線の部分は全て切ります。

根を詰めてやらねばならない仕事なので、途中電話が掛かってきても出ない。
かかり始めたら、一気に仕上げます。

251452

1色目完成です。

251453

2色目。

251454

3色目。これで色分け完成。結構大変です。
これを製版して今日のところはこれで終わり。

翌日日曜日

こうゆう困難な仕事は邪魔が入らないのが一番。日曜日はうってつけだ。
昨夜は晩酌も少々控えて取り掛かる。午前中に2色は入れたい。

251569

1色目とタイトル部分、これは合わせはあまり関係ないので、難なく終了。

251573

2色目、慎重に位置決め。経験上、シルク印刷は引っ張るので若干の伸びが出ます。それを計算に入れた上での位置決め。そして印刷。うん、ピッタリ。

251576

3色目、同じように位置決め、そして印刷。当然ながらピッタリ。うーん。

251577

そして罫線。ここでずれたらまた最初からやり直しなので、慎重な上にもさらに慎重に位置合わせをします。誤差は0.25mm以内。
印刷にかかったら一気に。
当たり前のことですが、シルク印刷は途中では止められません。

251414

完成。思い通りにピッタリできました。我ながら惚れ惚れします。

251578

こういうシルクでの大掛かり?な仕事はもうほとんどありません。インクジェットで出力すれば安価で簡単にできてしまうからです。

そこはさすが総務省、シルク印刷にこだわってくれます。お金を掛けてくれます。ありがたいことです。

めっきり少なくなった割には腕は落ちてなかったのが満足。
とりあえず一番面倒なのは終わり。

今日の晩酌はうまい。

─────────────────────────────
合資会社 シーガルハウス シルク印刷のブログ
シルク・スクリーン印刷について、また商品(印刷物)については弊社ウェブサイトにてご覧頂けます。
シーガルハウス ウェブサイト / ブログ トップ / おいしい生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

シルク印刷急ぎ

H社S氏からの仕事は大概急ぎだ。
今回の件は、1週間ほど前に打診があったものだが、印刷決行日は今日(4/2)しかない。物件はさいたま市にある郵政公社ビルの部署名案内プレートの書き換え。

週の終わり金曜日午後5時過ぎ、S氏は取り替える分のプレートをはずし、当社へ送ってくれるのだが、今回は発送時間に間に合わないので夜のうちに当社へ届けておいてくれた。さいたまから秦野までご苦労様。

そして今日(土曜)朝、前部署名を剥離し、印刷する。
今回の分、6種類×29台分(29階)

桜は昨日開花宣言、今日花見をしている人もいるみたいだ。
まだ早いだろうけど飲むのが目的だろうから関係ないかぁ(私は仕事しごとと)。

なんとかかんとか午後7時、宅配便締め切り間際完成。
印刷部分がくっつかないよう梱包して明朝S氏の最寄営業所止めで発送。

明日日曜、S氏これをまた取り付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »