2024年4月22日 (月)

蒸着袋に印刷

Img_0482
  
アルミ蒸着袋のスタンド型。
下はマチ部分があり厚みが違うので。
その端が印刷できない。
画像では文字とイラストの間。
  
それを知らない方からの依頼。
たまたま都合のいいデザイン。
厚みが違う分、少々工夫は必要だが。
問題なく印刷はできる。
  
シルクスクリーン印刷
様々な素材に小ロット対応も
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

OPP袋も

Img_0363
  
包装用の袋が続く。
今度はOPP袋300枚。
  
この方からは年に数回の注文だが。
もう10年ほど続いている。
  
オリジナル商品用のパッケージ印刷。
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年3月13日 (水)

またジュエリー袋

0348
  
小さなチャック袋やジュエリー袋。
何故かこのところ続いている。
この依頼者様は2度目。
非常に評判が良いと喜んでおられる。
最初は200枚、今回は300枚の依頼。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年3月 7日 (木)

ピックに印刷

0274
  
ギターを弾くピックのロゴ印刷。
楽器店の販売用。
100個ロットで3種類受注。
  
当社は年度末と関係ない。
仕事は入っているが少なめ。
体には良いけど、気分的に今一つ。
  
元々短納期の当社ですが。
今は数日で納品してます。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年3月 4日 (月)

ジュエリー袋にロゴ印刷

Img_0341
  
この頃こういう袋が続いている。
今回の袋は皺や歪みがない。
ロットはちょっと多めの500枚。
  
ロゴサイズは30mm。
最小文字は0.5mm。
綺麗に印刷されてます。
  
チャック袋やOPP袋。
小ロット短納期。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

アルミ蒸着袋にロゴ印刷

0319
  
この前は一般的なチャック袋。
これもチャック袋と似たようなもの。
だけど印刷はこっちが面倒。
それでも単価は同じ。
  
こういう印刷の見積依頼は時々ある。
大抵100、500、1000とかの見積もり。
普通は数が多いほど単価が下がる。
この点、当方ではちょっと違う。
  
大量ロットは出来ないから。
多くてせいぜい数千枚。
一度に取り掛かれないことも多い。
なので300以上の単価は同額。
  
まあ、数千などという大ロットは。
そもそも単価が合わないから来ないけど。笑
  
今日から3月。
2月はノベルティ関連で忙しかった。
それも今は小休止状態。
他の依頼はまずまず入っている。
しばらくこんな感じが続くかな。
  
チャック袋やOPP袋。
小ロット短納期。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

小さなチャック袋のロゴ印刷

0317
  
B8サイズのチャック袋。
ダイソーで購入した商品。
注文は300枚。
100枚からお請けしております。
  
3連休は休むつもりだったけど。
朝から雨で真冬並みの寒さ。
出かけるのも面倒で。
午前中だけ仕事。
息子も出てきて昼まで仕事。
  
チャック袋やOPP袋。
小ロット短納期。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

ファッション系小物

Img_0252
  
ミラーの裏にロゴ印刷。
この語、後加工で装飾。
安価な商品も豪華に変化。
  
ロットは50個。
3日で納品。
   
シルクスクリーン印刷
パッド印刷
極小ロットも可能
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

治具の作り方

0176
  
プラスチック製の植木鉢。
上の縁が水平になるような治具を作る。
  
この分は息子が担当。
私とはちょっと違う考え方の作り方。
その方が安定感があるみたいだ。
  
さて、先週から続いている回転印刷。
大量受注だが、掲載不可で残念。
商品はボトルで、箱出しと戻しが手間。
印刷時間より手間がかかる。
この土日も家族総出で取り掛かっている。
でも半日程度ですけど。
  
シルクスクリーン印刷・パッド印刷。
小物や極小ロットもお請けしております。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

今日からはフル稼働

Img_0223
  
3連休の間も午前中は仕事。
息子が大量のボトル印刷。
私は小ロットを手掛ける。
  
画像はファイルの背表紙。
ここに印刷するのだが。
既にラインが印刷されている。
この上に印刷が掛かってしまう。
  
ここをどうするのか指示はない。
仕上がりイメージにもないので。
PP製品だから消してあげる。
こういうところを理解していない。
そんな依頼者様なんですよ。
  
長い休みの方も多いようだ。
今日からは何処も動くだろう。
  
シルクスクリーン印刷・パッド印刷。
小物や極小ロットもお請けしております。
  
問い合わせはこちらから。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧