2019年9月19日 (木)

位置の問題は想定済み

4046
  
小鳥柄のバッグとポーチ。
バッグとポーチに小鳥柄を印刷したのではなく。
印刷した生地で作ってある。
  
見た目は同じ位置に入っているように見るけど。
印刷する基準の下端や両サイドから計るとバラバラ。
  
これはもう1個ずつ位置を確認しながら印刷するしかない。
少々手間は掛かるものの、位置はそんなにシビアじゃない。
と言うよりシビアになど刷れる物じゃないから。
  
まあ、ミリ単位の誤差は仕方ないところ。
見た目偏りすぎない程度で良し。
  
サンプルは1個ずつだったのでバラツキは判らない。
でもこういう商品はきっちり同じはずがない。
その点は量産になる前から考えてある。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

小ロットは一人で

4086
  
小ロットの不織布バッグは息子の担当。
  
ロットが100や200という少ない時は一人で刷らせる。
二人だとただ刷るだけで、仕上がり加減まで気が回らない。
と言うより、仕上がり具合は取り手が確認する。
刷り手はただただ速く刷るだけ。
 
その点一人だと、一刷り毎に確認しながら刷る。
100程度の小ロットでも、最初と最後ではインクの粘度が違ってくる。
粘度が違えば仕上がりもまた違ってくるのだから。
  
スキージーへの力加減での仕上がり具合もまた違う。
そういう点を、一刷り毎に確認しながら刷り経験を積んでいく。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

裏の段差に

4081
  
ポーチの蓋部分に名入れ印刷なのだが。
裏はマジックテープで、印刷部分がテープの端。
この段差のところに印刷しなきゃならない。
  
マジックテープはそれぞれ皆微妙に違う。
台の方で段差を補正する事をしても。
位置が微妙にズレてしまう。
  
なのでマジックテープの方で段差を補正する。
手間は掛かるがこの方が確実。
  
3連休も3日目になると。
貧乏性はついつい仕事をしなきゃという気分になる。
昨日は午後が雨予報だったのでこの件を手掛けた。
面倒な印刷は休日にゆったりした気分で取り掛かるのが良い。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

3連休前に

4079
  
17〜18日納品の分は全て昨日で終わり。
今日は20日納品分を手掛ける。
  
それにしても今週はスムーズに仕事が出来た。
極小ロットは少なく、200〜500ロットが多い。
中には800〜1000ロットもあり、当社としては多い数字。
  
ちょうど一月の中間だが、それなりに満足出来る売り上げ。
おかげで少し疲労感も感じている。
3連休はそこそこ趣味を楽しみながら休養だな。
  
画像の件は選挙用マグネット。
また請けるようになって2度目。
金額的にはそれほど喜べないところもあるので。
さらに効率よく出来るように工夫して行かなきゃ。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

米袋など

3903
  
にんにく販売用の袋と手提げ紙袋。
どちらもクラフト紙で米袋と同じ素材。
形は変わっているけど米袋と印刷法はほぼ同じ。
  
依頼者の農家さんは色んな袋を頼んでくる。
当社は100枚程度の少ない依頼も請けてくれるし。
欲しい時には直ぐに対応してくれるので頼みやすいと。
  
完成された袋などへの印刷は請けない業者が多い。
まして100枚など少なすぎる。
例え請けてくれたとしても納期は2〜3週間。
  
多くの農家さんはオリジナルの袋で売りたいでしょう。
でも何処へ頼めばいいか?
メーカーに問い合わせても小ロットは相手にしない。
  
印刷業者に問い合わせても、そういうのは請けていない。
袋に加工する前なら印刷出来るとか言われるそうだ。
そしてやっと当社にたどり着く。
  
もっと来て欲しいけど、これだけは待つばかり。
毎年1件ぐらいは続いてくれる依頼者様がある。
今年はまだ無いが、新米の季節になれば問い合わせもあるだろう。
  
米袋などの完成された袋への名入れ印刷。
小ロット特急納品が可能です。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

2年経って

4076
  
長男は昨日からまた選挙関係の小物印刷。
1件で4種類、1000枚近いのもあるので一日がかり。
今受注分は今日と明日でやっと終わる予定。
  
その後はおそらくパッド印刷の面倒な件が校了するだろう。
これは勉強になるだろうからしっかりやって欲しい。
  
長男もこの仕事を始めて2年になる。
当社で請けている案件は同じ物が続かない。
月に一度あるならまだ多い方で、年に一度というのも珍しくない。
仕事を覚えるのはかなり大変なこと。
  
とは言え、似たような印刷ならちょくちょくある。
ボールペンや米袋、画像の選挙関係商品など。
こういうのは印刷内容が違うだけで基本は同じ。
やはりこういうのは覚えが早いので黙って任せられる。
  
対して商品自体が違えば難しい。
その商品毎に刷り方を考えなくてはならないし。
治具なども考えて作らなきゃならない。
これは長い経験が必要だな。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

印刷後にレーザー加工

4040
  
アクリルに青と黒の印刷。
見えにくいが文字には青の小さな点がある。
この掛け合わせがシビア。
0.1㎜の角トンボでぴったり合わせる。
  
印刷後はレーザーで円形に抜く。
抜いてから印刷という話しもあったが。
円形にしてからでは極めて困難。
  
量も600個と結構あるので。
1枚のアクリル板に6個入れて100枚を印刷。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

台風に備え

昨日は仕事場の周りを片付け。
工場内は商品の雨対策。
  
今まで雨の被害など無いけど。
何しろ当社の建屋は古いから。
屋根のトタンが吹っ飛ばされる危険性はある。
雨漏りぐらいは対策しておかなきゃと。
  
今回の台風はかなり強いという予報。
そして台風は深夜に近づいたが、それほど強くは感じなかった。
  
今朝は早めに起きて報道を見ると各地で記録的な暴風とか。
当市内では一部で停電中だそうだ。
幸いに当社は何事もなく、いつも通り仕事を始められる。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

いつも速いけど

4043
  
急がなくて大丈夫ですと言われちゃった。
  
依頼者様は近所の方でもう20数年も取引がある。
搬入されたら余程のことがない限り。
いつも即日か翌日には印刷してしまう。
  
特別に優先している訳ではなくて。
20数年も手掛けている件なのだから。
ささっとセットアップして直ぐに取り掛かれる。
合間の時間などでも出来るからなのだ。
  
今回の分が持ち込まれたのは先週木曜日。
ちょうど月末納期やらで忙しかった。
  
今週も色々と急がされるのも出てきたりで後回し。
それでも火曜日には熱処理する件があったので。
一緒に処理してしまおうと印刷した。
水曜日には納品したけど、それでも早いんだろうな。
  
さて、9月は順調にスタート。
受注している多くは17日〜20日納期。
それは息子に託し、私は急ぎや面倒な案件を手掛ける。
  
ここまでトラブルもなく予定は順調に進み。
おかげで思った以上の仕事量が出来ている。
これなら明日明後日は安心して休める。
  
シルクスクリーン印刷、パッド印刷。
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

熱収縮チューブが続く

3901
 
月に2〜3件ほどしかない熱収縮チューブへのロゴ印刷。
先週からもう7件、さらにこれから3件。
  
毎月来るものもあれば1年振りも。
そして新規もある。
  
画像の件は一番最初に手掛けた。
もう何年前になるだろうか。
  
音響関係の方からパネルの印刷を請けていた時。
チューブにも印刷出来ないかと相談された。
その時のチューブは丸みが強い。
大抵の業者は出来ないと断るだろう。
  
当時はあまり忙しくない時でもあり。
こういう事には好奇心のある私だから。
取りあえず試してみましょうかと引き受けた。
  
勿論簡単には印刷出来ない。
色々と試行錯誤を重ねて何とか出来たけど。
やはり面倒で手間が掛かる。
  
普通、こういう商品にはお金が掛けられない。
このぐらいなら良いと言う単価に抑えなきゃ続かない。
  
取りあえず採算性は良くなかったけど請けてみた。
それから更に試行錯誤を重ねて。
1年後には何とか行けそうだとブログで営業開始。
  
直ぐに全国から依頼が殺到!
なんてことは全く無かったけど。笑
ポツポツと問い合わせは今でも続いている。
  
チューブの取引先は20社ほどか。
ほぼ毎月もあれば、年に数回、あるいは年に一度。
  
殆どが100本程度という小ロットの依頼。
たまに数百や千ロットが来ると、面倒ながらも嬉しい。
  
熱収縮チューブへのロゴ名入れ。
極細チューブにも可能です。
  
問い合わせは下記へ。
  
tel:0463-84-5541
mail:info@seagullhouse.net

| | コメント (0)

«アクリルもオーブンで