2020年10月10日 (土)

生餌を安く

5108
  
野良猫メジ1号と7号は固形餌があまり好きじゃない。
特に親の1号はかなり腹が減っているとき以外ほぼ食べない。
  
一番の好みは肉だろうけど、それはちょっと金銭的に無理がある。
魚も良く食うし、スーパーを探せば安いのが手に入る。
  
先日はコノシロが安く手に入った。
1パック12〜13匹ほど入って150円ほど。
これを冷凍保存しながら食べさせる。

5109
  
雨の中待っていた2匹。
相当腹が減っているのだろう、かなり苛立っている。
 
特に右の1号は何処かに仔猫が居るはず。
仔猫の為にも餌が欲しいだろう。
しばらくはコノシロを食わせてやろう。

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

産んだか

4966
  
2〜3日見えなかった1号。
お腹がスッキリして朝ご飯を待っていた。
  
春に産んだ子は全滅すると直ぐにまた孕む。
そして3ヶ月ぐらいで産んじゃう。
  
生き残っている野良は1号とその娘の7号だけ。
今度産まれた子は生き延びられるか。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

仔猫は?

4855
  
仕事場の軒下で雨宿りする7号。
  
雨宿りなら別に不思議じゃないけど。
昨日は一日中ここにいて、餌を運ぶ素振りもなかった。
今日も朝からずっとここにいる。
  
もしかすると仔猫はもういないのかも。
そう言えば先日、雄野良と一緒にいた。
その雄野良は数年前から繁殖の時に現れる。
  
仔猫はちらっと2回見ただけだったが。
全体が白にグレーが少し。
上品な感じに育ちそうだったけどなあ。

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

子は2匹

Imgp4834
  
今朝の7号。

昨日は7号の仔猫を2匹見た。
親の1号は子を亡くしたようだが。
7号はしっかり育てている。
  
でも、この餌をやる前にイワシをあげたら。
まず自分でバクバク食い、それから咥えて行った。
余程腹が減っていたのだな。
  
まあ、仔猫は無事に育っているので一安心。
早く慣れてくれないかな。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

子はいないかな

4810
  
今朝のメジ1号。
  
いつも朝は餌を待っている。
固形の餌は好まないから魚のアラをあげる。
  
この前まではかっさらうように咥えて持ち去っていたが。
このごろあまりガツガツしていない。
今朝も餌を前に座ったまま。
  
おそらく子がいなくなったのではないかと思う。
子がいれば直ぐさま餌を運ぶのだから。
  
近所のオネエサンが言っていた。
今年は2匹とも(1号7号)子は1匹みたいだと。
  
このブログを書きながらまた見に行くと。
今度はここで餌を食べている。
やはり、もう子はいないな。

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

仔猫は生きているようだ

4761
  
仔猫が生きていれば威嚇してくる。
切り身など与えると何処かへ咥えて行く。
多分、仔猫に与える為持ち去るのだろう。
  
元々固形の餌は好まない。
肉はもちろんだけど高くて買えない。
一番は魚のアラで、骨の無いのが望ましい。
  
昨夜はサメのアラが売っていた。
しっかりした切り身がかなりの量でアラには見えない。
そのまま調理して食べられる状態。
  
これなら仔猫でも安心して食べられる。

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

この餌より

4489
  
あっちの方が欲しいよな。
と、見ている方には魚が干してある。
その魚を捌いた時のアラをあげたのに。
  
この画像は2週間ほど前か。
右のメジ1号は腹が大きいけど。
今は産んだようですっきりしている。
  
左の7号も腹が膨らんでいるが。
こっちは親の1号より目立たない。
それでももうすぐ産むかな。

| | コメント (2)

2020年3月14日 (土)

また寒く

Imgp4521
  
春の暖かさが続いていたが今日は雨。
これから更に気温が下がるという。
  
メジ1号と7号はこのところ毎朝待っている。
今朝も仕事場に来ると濡れながら餌を待っていた。
  
腹に子がいるから栄養を取らなきゃならない。
朝に限らずちょこちょこ来てはねだっている。
  
今朝のメニューは昨夜捌いた魚のアラ。
固形の餌よりは魚や肉を喜ぶ。
子育てまでは食欲旺盛だ。

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

膨らんできた

4463
  
野良猫メジ1号は2代目。

初代メジは2008年の暮れあたりに現れ。
その姿が見えなくなったのは2011年3月頃。
大地震での計画停電があった頃。
  
それから1年半後の2012年11月に2代目が現れた。
おそらく2012年の春産まれで、間もなく8歳になるだろう。
  
2013年には親子そっくりな2匹が産まれ。
2014年にはなんと6匹産んでいる。
  
それから毎年生み続けているが。
ここ数年は生き延びる子がいない。
  
もう腹が膨らんできたけど。
今年はしっかり育てられるのだろうか。

| | コメント (2)

2020年2月22日 (土)

ニャンニャンニャンで

Imgp4450
  
今日はネコの日だとか。
  
ここの野良猫は、結局この7号と親の1号だけが残ったようだ。
7号は去年産んだのが4匹で、生き残ったのが1匹。
それは雄だったようで、もう旅に出たのかも知れない。
その内にふらりと現れて欲しいものだ。
  
強そうな野良猫も何匹か見かけていたが。
それも全く見かけない。
おそらく1号も7号も、もう身籠もっているんだろう。
  
そんな雌にはもう用がないだろうから。
また雌を求めて何処かをうろついているんだろう。
  
今日の餌はマグロのアラで、本マグロの血合いだぞ。
人間の雌は鉄分が必要だけど、猫の雌もそうかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧