« 雑魚介料理 248〜250品目 | トップページ | 雑魚介料理 251〜255品目 »

2016年11月28日 (月)

思わぬ大物が

土曜日の午後はまた釣りへ。
いつもの港へ着いたのは1時前。
先ずはコマセを撒きながら昼食。

やはり直ぐにウルメは回ってこない。
小メジナの群れも来ない。
あまり気にしていなかったが、何故か小メジナは少ないようだ。

5分ほどして底の方に、10数匹の魚の群れ。
小メジナとは動きが違う。
そして立て続けに。

9212

小メバルとウミタナゴ。
期待したがその群れは直ぐにいなくなり沈黙。
30分ほどして。

9213

ハコフグ。

ハコフグは岸壁際を良く泳いでいる。
でもなかなか釣れないし、釣る気もあまりしない。
でも釣れたからには持ち帰る。

さらにまた沈黙が続き、1時間半ぐらい経った頃。
鷗が急に騒ぎ出した。
これは来るかも!

9217

5分後、やはりウルメの群れが来た。
そこで勝負と、釣る方は息子に任せ私は外す方。
上手く回転したが、仕掛けがお祭り。
別に用意した竿で釣り始めたがまたお祭り。

10分位だったろうか。
その間に釣ったのは30匹ほど。
その後はトウゴロウばかり。

次の群れをまた待つが、今回は別の釣りパターンも。
トウゴロウを生き餌にヒラメ狙いだ。

小さめのトウゴロウをぶっ込んでおき30分ほど。
竿には何の変化もなく、餌を交換しようとしたところ。

根掛かり?
違う、何かが引いている感触はある。

だけど殆ど動かない。
ゆっくりと引けば、少し動いているような。
しかし、向こうもぐぐっと力強く引き戻す。
まるで綱引き。

ハリスは3号で結構強いが、底は慎重に慎重に。
そして綱引き15分ほど。
上がってきたのは。

9218

なんと、1mほどのダイナンウミヘビ!!!
この港でこれを見るのは初めてだ。
自分で釣ったのも初めて。
味はなかなか良いということなので持ち帰り。

その後もまたトウゴロウ餌のぶっ込み竿に変化。
食い込みを待ち、合わせると。

9219

今度は25㎝ほどのオオモンハタ。
今期3匹目で、結構居るんだな。
これは生き餌が有利かも知れない。

その後、いつもより遅く4時頃まで粘ったが。
ウルメの群れも来ないし、ぶっ込みも沈黙。
貰い物のジャリメで投げ釣りもしたが反応無し。

で、ダイナンウミヘビの味は。
これが結構美味い。

|

« 雑魚介料理 248〜250品目 | トップページ | 雑魚介料理 251〜255品目 »

コメント

ご無沙汰しています。
ダイナン海蛇は美味しいのですか?

西伊豆で入れ食いで、

でかいのを釣ったことありますが、

何時も蹴飛ばしていました。

凄い生命力で体がカラカラに乾いても

息があれば海に戻しても復活しますね。

投稿: moroko | 2016年11月28日 (月) 22時15分

生命力は凄いです。
頭を落としたのにしばらく経っても噛んで来ました。
結構美味しいんですが、下拵えが面倒なのと小骨が多い。
これは雑魚介料理で。
たまに釣れるのなら面白いけど、入れ食いじゃ困ったもんですね。笑

投稿: シーガルハウス | 2016年11月29日 (火) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑魚介料理 248〜250品目 | トップページ | 雑魚介料理 251〜255品目 »