« 水不足 | トップページ | 雑魚介料理 235〜237品目 »

2016年10月24日 (月)

堅実なところへ

9085

雑魚でも行けばそこそこ釣れるところが良い。
短時間で晩酌の肴が釣れるぐらい。
となるとやっぱりここか。

前回の釣りから2週間は仕事や所用。
息子も仕事で忙しいようだったが、土曜日はお互い休み。
それではちょっと肴釣りでも。

着いたのはいつもより早い午後2時頃。
岸壁の足下を見ると、何とシマイサキの群れ。
これはこれはと直ぐ竿を出すが、その時には何処かへ。

釣り方はトリック仕掛けの鈎を3本。
アオイソメをちょん掛けし、アミコマセを少し撒く。
10分ほどで小メジナの群れが寄ってくる。
が、何か動きが鈍く、活性は低いようだ。

底付近を狙うが、直ぐに餌が取られる。
まだカワハギは居るようだと期待するが、正体はキタマクラ。

9086

と、息子に大きなアタリ。
何とまたオオモンハタが釣れた。

前回より型が良く、でっぷり太って美味そう。
また釣れて欲しいとは思っていたが。
ホントに釣れるなんてビックリ!!!

9087

次は私に強い引きでカワハギ。
港内にしては良い型だが、このサイズはこれだけ。
それからポツポツ釣れたものの小さいのばかり。
シマダイはもう居なくなったようだ。

9088

ついでのちょい投げも活性が低く、餌も残ったまま。
アタリすら判らないようなハオコゼや小さいハゼ。
諦めムードのところへ良型のキュウセン。
ここでこういう型のキュウセンはかなり珍しい。
もう一つ珍しいヨメヒメジも1匹。

9089

2時間ほどの釣りはキタマクラに悩まされた。
それでも多彩な顔ぶれで、雑魚釣りとしては面白かった。
雑魚釣りは色んな魚が釣れるのが良い。

|

« 水不足 | トップページ | 雑魚介料理 235〜237品目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水不足 | トップページ | 雑魚介料理 235〜237品目 »