« ミニトマトが | トップページ | 雑魚介料理 211〜213品目 »

2016年6月13日 (月)

猫の餌釣り

土曜の午後はまた釣りへ。
家人は小サバの唐揚げを食べたいと言う。
群れさえいれば容易いことだが、居なきゃどうにもならない。

と、3時過ぎに港へ着いたのだが。
港にはヨットがいっぱい係留。
釣り人も数人居たが、小サバは釣れていない。

ならば近くの磯へと向かう。
磯に着くも、足下が深いポイントはイカ釣りばかり。
仕方なく、あまり良くないポイントで釣り始める。

8717

しばらくコマセを撒いてみるが、ここでも小サバは来ない。
ウジャウジャ集まるのはネンブツダイとベラ達。
底の方には小メジナも見える。

では仔猫の餌でも調達するか。
あわよくば私等の餌も釣れるかも。

釣り開始から約1時間。
小ベラ、ネンブツダイ、小メジナは入れ食い。
表層はネンブツダイで、中層には小ベラ類。

何とか手の平サイズの小メジナでも釣りたいと底を狙う。
でもその前にベラとネンブツダイの猛攻。

8718

今回珍しかったのはベニイシガニ。
ちゃんと釣れたんですよ。

イシガニ類は鋏が強く、捕まえるのは難しい。
手で言えば小指の付け根を掴むと良い。

そして約2時間。
コマセもなくなる頃大きなアタリが出だした。
小魚用のトリックはその度に鈎が切られる。

もしかすると。

やはり、手の平より大きな茶色い魚がゆらりゆらり。
なんとそれは3匹も見えた。

残念なことにそれ用の仕掛けも鈎も無い。
持って行かなかったのではなく、忘れたのだ。
残念と思いつつ次回に期待。

8719

息子と2時間ほどの釣果。
熱心さに欠けた釣りだったが、釣れる楽しさは味わった。
次回はこれにカワハギが乗っかる予定。 笑

|

« ミニトマトが | トップページ | 雑魚介料理 211〜213品目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミニトマトが | トップページ | 雑魚介料理 211〜213品目 »