« 元気そうだが | トップページ | ツクシが出た »

2016年3月 5日 (土)

豊杯

7956

故郷青森を出て間もなく46年。
ここ30年で行ったのは数回。
それも全て葬式で、1泊か2泊で慌ただしく帰る。

通夜告別式など非日常の世界。
常日頃の生活などそこでは全く分からない。

そんなところに、青森の通販業者と知り合った。
おかげで故郷の進展も知り、私は浦島さん状態を自覚している。
これからは故郷青森を味わいつつ、ここでも紹介していこう。

故郷を出たのは18歳の時。
親父は酒飲みだったが、私が19歳の時に逝った。

未成年だが一緒に飲んだ事はある。
が、酒の席に一緒だっただけ。
酌み交わすことなど無かったのが惜しまれる。

なので、親父の好みの酒は分からない。
安酒である事だけは間違いないが。 笑

覚えているのは桃川という酒。
葬式では酒を味わう場ではないし、他は全く知らなかった。

最近になって知ったのは田酒と言う酒。
酒の番組でも見る事があって、青森では流行っているらしい。
それは年越し正月で飲んだが、まあ、普通の酒という印象。

その後、通販業者から豊杯を頂いた。
これはかなり美味い。

丁度生家の甥からホタテや筋子、タラコが送られてきた時。
息子も、この酒にこの肴はもはや言う事無い。
確かにそう思いながら味わった。

因みに故郷の民謡でホーハイ節という唄がある。
ホーハイホーハイという節回しが面白い。

豊杯の由来はそれかと思っていたら、やはりそうだった。
子供の頃は変な唄だと思っていたんだけどね。 笑

おまけの話し。

木曜日の日本テレビ県民ショーを見たら。
津軽ではイガメンチが誰にも好まれているのだとか。

明治の頃からあると言うが、私が知ったのはつい最近。
故郷で暮らしていた頃は食べたことも聞いたこともない。

勿論それは美味いだろう。
見て想像しただけでも分かるから、今度作ってみよう。

|

« 元気そうだが | トップページ | ツクシが出た »

コメント

わたしも田舎の酒は美味しく感じます
体に水が合うのでしょうか
掛川市には開運というお酒があります

投稿: yamazaru | 2016年3月10日 (木) 00時15分

yamazaruさんお久しぶり。
“開運”とは良いネーミングですね。
水が合う。
なるほど、一理ありそうな。

投稿: シーガルハウス | 2016年3月10日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元気そうだが | トップページ | ツクシが出た »