« 雑魚介料理 118〜120品目 | トップページ | 雑魚介料理 121〜123品目 »

2015年7月16日 (木)

故郷だ

7151

火曜日の午後9時。
晩酌をしながらテレビを見ていたが、面白い番組はない。
あちこち替えていたら、青森で味噌バター牛乳カレーラーメンだと。

番組は三宅裕司氏が各地を訪ねる。
その日は青森市でそのラーメンを食べるのだとか。

故郷を出て既に45年。
前に帰ってからもう16年足が遠ざかっている。
そのラーメンは勿論知らないし、他も知らないことばかり。

それよりも、撮影は青森市がメインだったが、他に1ヶ所。
青森市の隣町、平内町にあるホタテ広場というところ。

実は私、その地で産まれ18歳まで過ごした。
画像は生家の直ぐ近くのはず。

“はず”という言葉を使うのは。
この地はその16年の間に大きく変化したから。

三宅氏が座っているところは海を埋め立てたところだろう。
後ろのバイパスも16年前はなかった。
遠方の島だけはそのまま。

因みにこの島は鷗島と書き、ゴメジマと呼ぶ。
鷗を北の地方ではゴメと呼び、英語ではシーガル。
なので、シーガルハウスの所以でもある。

7152

番組でのホタテ広場はラスト10分ほど。
ホタテの焼き物と刺身を食べている。

彼が食べているところは埋め立て地。
子供の頃は小さな海水浴場で、良く泳いだ頃が懐かしい。

でもその前に。

7153

1人の漁師に尋ねている場面。
おっ! この人は・・・

津軽弁で二言ほど応えた語り口は、従兄弟のトミオさん?
ちょこっとの場面だったので確信は持てない。

何しろ16年会っていないし、既に80歳を過ぎているはずだ。
大分老けてしまったようだが、間違いないと思う。

と、昨日この地の生家に住む甥に電話して確かめた。

ところが!
甥はそんな話聞いたことないと言う。
番組があることさえ知らなかった。

撮影は4月下句だったようだ。
ちょこっとカメラを向けられただけで、気にする程でもなかったか。

まあ、画像はおそらく本人だと思う。
今も現役漁師をしていることは間違いないそうだ。

頭が下がるなあ。
今度帰郷したら、会うのを楽しみにしております。
(いつになるか分からないけど)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これを書き終えてからホタテ広場のHPを見たところ。
何と何と!!
この件には全く触れていない!!!

|

« 雑魚介料理 118〜120品目 | トップページ | 雑魚介料理 121〜123品目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑魚介料理 118〜120品目 | トップページ | 雑魚介料理 121〜123品目 »