« 故郷だ | トップページ | 残っているのは »

2015年7月18日 (土)

雑魚介料理 121〜123品目

121
雑魚介料理121品目 小サバの塩焼き

小サバなんて焼いてもパサパサ。
評価は普通そんなところだろう。

ところがどっこい、この小サバは身がふっくら。
港内に居着き、コマセをたっぷり食べているからか。

ただし、全ての小サバがそうとは限らない。
太ったのを選ぶことです。
痩せたのはダメ。

122
雑魚介料理122品目 小サバの天麩羅

3枚におろし、大葉を巻いて天麩羅。
美味い。
痩せたのは油を使った料理が良い。

123
雑魚介料理123品目 小サバ素麺

天麩羅をのせるのは当たり前すぎる。
焼いてほぐした身をのせたのも美味い。
もちろん、太った小サバを選ぶ。

|

« 故郷だ | トップページ | 残っているのは »

コメント

はじめまして。釣り、ミミズと検索していたら、こちらのブログにたどり着きました。お住まいが同じだったもので親近感が湧き、書き込みしました。当方、近場の二ノ宮の堤防や、この前初めて岩漁港に行くぐらいの初心者です。爆釣と言ったらベラかネンブツダイぐらいしか経験がありません(笑)。真鶴にはまだ行ったことがないのですが、大磯港よりよさそうですね。せっかく伊豆に近い所に住んでいるので、これからフィールドを広げて行きたいと思っています。また、お料理がお得意なんですね。おいしそうです。私も出刃包丁も買ったのですが、生協でアジを買ってさばく練習したのみでなかなか使う機会がありません。ぜひ一度ご一緒させていただき勉強させていただきたいです。ブログこれからも拝見させていただきます。<(_ _)>

投稿: keitaro | 2015年7月18日 (土) 11時04分

あら、同じ市内ですか。
大磯港と真鶴港は小物でも対象魚がちょっと違うようですね。
あちこち行ってみるのが良いでしょう。
料理は上手と言うより、色々想像して楽しく作るというところです。
見た目も楽しく、美味しく食べ、食べさせてあげる気持ちが上達の近道かも。
雑魚で経験を積みましょう。

投稿: シーガルハウス | 2015年7月18日 (土) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 故郷だ | トップページ | 残っているのは »