« モッテノホカが咲く頃は | トップページ | 雑魚介料理 24~27品目 »

2012年9月24日 (月)

真鶴港で小物釣り

922_1
土曜日は久し振りに真鶴港で小物釣り。
やはり暑さも彼岸までか、晴れてはいたが過ごしやすい気温。
港の釣り風景はまったりと。

という事は釣れていない。笑
イワシの群れどころか、トウゴロウさえ見えない。
けど、取りあえず釣り開始。

今回は特に何も考えていない仕掛け。
市販のトリックサビキ5号5本鈎に、オキアミを小さく切ってつける。
アミコマセは使わない。

922_2
直ぐに釣れたのはフエフキダイの幼魚。
それからしばらく、アタリはあっても鈎にかからない。
移動しながら奥の堤防まで釣れない状況。

922_3
堤防では結構良い型のトウゴロウが群れていた。
簡単に釣れるが、直ぐに群れが居なくなる。
それでも10数匹は釣れたから良し。

922_4
堤防の足元ではカワハギ。

922_6
そしてカゴカキダイ。

922_7
さらにアイゴが表層近くで群れている。
が、鈎にかけるのはなかなか難しく、少々イライラしてくる事も。笑

922_5
気晴らしに底まで落とすとベラ類。
真剣に狙えば数が出るだろうけど、そこまでするほどでもない。
ちょっと型を見ただけ。

922_8
帰り際は観光船埠頭で少し竿を出す。
ここではメジナとイサキ。

野良猫が後ろでじっと見ているので小メジナをあげる。
何匹かあげていると、だんだん近くに寄ってきて催促しやがる。笑
久し振りに昼から夕方までのんびり釣りを楽しんだ。

922
釣果は、トウゴロウイワシ・カワハギ・カゴカイダイ・メジナ・イサキ。
さらにキュウセン・ササノハベラ・ホンベラ・フエフキダイ・アイゴ。
以上10種類。

小魚と言えど、釣ったからには必ず食べる。
後日、雑魚介料理で。

|

« モッテノホカが咲く頃は | トップページ | 雑魚介料理 24~27品目 »

コメント

こんばんは。なかなかの釣果ですね。かごかきだい、調理法を教えてください。

投稿: 涼&リッキー | 2012年9月24日 (月) 23時37分

カゴカキダイは結構美味しいですよ。
小さいから刺身は大変なので、煮付が一番ですね。

投稿: シーガルハウス | 2012年9月25日 (火) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴港で小物釣り:

« モッテノホカが咲く頃は | トップページ | 雑魚介料理 24~27品目 »