« カレイ | トップページ | 秦野の酒 »

2011年12月27日 (火)

アップルパイ

Rinngo_1
今年も故郷の叔母からリンゴが届いた。
リンゴと言えば当然生で食べる。
たまにワインで煮る事もあるが、食べ方はこれだけ。
でも、さすがにこれだけではと、アップルパイに挑戦してみた。

一応レシピを検索してみる。
概ねリンゴを茹で、パイ生地で包んで焼く。
いざ作ってみると、なんだ、意外に簡単ではないか。

ただし、甘い!
大方のレシピではリンゴに砂糖を入れて煮る。
私にはこれが問題だ。

そもそも、アップルパイが出来た当初のリンゴは甘くないはず。
だから砂糖を入れて煮るのだろう。

今のリンゴはとても甘く美味しい。(中には酸味の強いのもあるが)
その美味しいリンゴなのに、わざわざ砂糖を入れるなんて。
青森のリンゴサイトなら、是非とも砂糖は入れないと明記するべし。

Rinngo
と言う事で2度目は砂糖無し。

リンゴは皮をむいて切り、シナモンをかけレンジでチン。
冷めてからパイ生地で包み、卵黄を塗って焼く。
アップルパイだから、リンゴの形にしてみたつもり。笑

見た目に多少の問題はあるが、家族にも大好評。
これなら甘い物嫌いの私でも食べられる。

|

« カレイ | トップページ | 秦野の酒 »

コメント

こんにちは。綺麗に焼きあがってますね。美味しそうですね。今は紅玉、普通の八百屋、スーパーでは売っていませんからね。年内はもう釣りはされないのですか。僕は年明け、落ち着いてから熱海に行く予定です。良いお年を。

投稿: 涼&リッキー | 2011年12月28日 (水) 09時20分

私が子供の頃は紅玉が普通でしたねえ。
あれは酸っぱかった。

年内も色々する事が多く、釣りには行けません。
雑魚料理で正月・・・
考えてはいるんですけど。笑

涼&リッキーさんも良いお年を。

投稿: シーガルハウス | 2011年12月28日 (水) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップルパイ:

« カレイ | トップページ | 秦野の酒 »