« ミョウガの花丼 | トップページ | 根府川で釣る »

2011年10月 2日 (日)

久し振りの釣り

1001_1
昨日、息子と海で昼飯でも食べ、ついでに釣りをしようと真鶴港へ。
私等には珍しく、10時半頃到着。

連休後の週だからか、真鶴港は閑散。
覗いた海中にも、小メジナなどの魚もまた閑散。
3世代らしき家族に釣果を聞くと、イワシ・ヒラメ・・・

ヒラメ??!!!

1001_2_3
見せて貰うと、なんと40㎝ぐらいのヒラメ!
おお、ここでは初めて見る大物だが、実際にこんなのもいるのか。
もしかして、市場から水揚げ中に逃げた?

これを見て俄然釣り欲が沸き・・・
いや、こんなのを狙っても釣れる確率は天文学的に低い。
私等は晩酌の肴になる程度の小物で良い。

と、10日ほど前に買ったニベの腹に入っていたエビを餌に釣り開始。
息子はちょい投げにとジャリメを購入。

しかし、1時間経てどアタリは数回。
水面はトウゴロウイワシの活性が高いが、水中の小魚は低すぎ。

12時ごろに場所移動。
数ヶ月振りに海で食べる昼食は、お握りだけでも美味い。

1001_5
食べながら眺める海中にはトウゴロウイワシがウジャウジャ。
良く見ると結構型が良い。
ここで活性が低い小魚狙いは諦め、トウゴロウを釣ることに決定。

1001_7
コマセは持っていないがトリックサビキの空鈎で入れ食い。
そうなると1匹ずつ釣ってもつまらん。
今度は2匹・3匹がけを競い、5本鈎に4匹がけ。

1001_8
だが、息子はパーフェクトの5匹がけ。
私もパーフェクトを狙って釣っていたが、あまりにも釣れ過ぎ。
調理のことを考え、15分ほどで終了。

と、晩酌用の肴が確保できたらもう釣る気がなくなる。
しばらく網を持ってウロウロしたが、イシガニ1匹のみで貝は無し。
13時頃には、もう帰るかという気分。

そうだ、ジャリメが残っているし、帰り際に根府川でちょっと釣るか。
この後はまた次回。

1001_10
さて、持ち帰りは数十匹のトウゴロウとイシガニ1匹。
それからトウゴロウの調理に2時間。

1001
完成品はこの3倍ほど。
今回は皮付きで糸造りも試みたが、皮は剥いだ方が美味い。

刺身のコツ。
3枚に下ろして腹骨を取ったら氷水で洗い、良く拭いてから皮を剥ぐ。
大きな魚と違い、調理中に血や内臓などの匂いが着きやすいから。

|

« ミョウガの花丼 | トップページ | 根府川で釣る »

コメント

おひさしぶりです^^
トウゴロウおいしそうです^^/

ヒラメ・・
真鶴港でヒラメ釣れる!なんて思っちゃいそうですね

投稿: yamazaru | 2011年10月 2日 (日) 13時36分

あれだけトウゴロウがいれば・・・
ひょっとして港内には結構いたりして???
トウゴロウを放り込んでおくという感じなら、
もしかして釣れるかも?
今度ついでに、あくまでついでに放り込もう。笑

美味しかったですよ。
あっと言う間に食べちゃいました。
次は芽ネギで食べます。
芽ネギが生えたらまた行きます。

投稿: シーガルハウス | 2011年10月 2日 (日) 14時15分

こんばんは。トウゴロもきちんとおろせれば御馳走になるんですね。
でも....腹骨とったりするのも難しそう。皮ひきもすんごく難しそう。
でも一回挑戦してみたいな~。

ヒラメいいですね。前に入船横のスロープで20㎝級のをミノーで釣った事はあります。たまにチョイ投げやサビキの人に間違って?ヒラメが釣れてるのを見かけた事ありますが40㎝級は凄いですね。

投稿: ninomiya | 2011年10月 2日 (日) 18時09分

間違ったとしても40㎝級は凄いですよね。
しかも港内ですから。
今度は太仕掛けでちょい投げしときますか。
釣れる訳無いでしょうけど。笑

トウゴロウは割と簡単です。
皮は手で剥がせますよ。
必要なのは技術より根気。
梅沢なら型も良いでしょうし、お子さんと釣って
鮨にしてあげたら喜びますよ。

投稿: シーガルハウス | 2011年10月 2日 (日) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの釣り:

« ミョウガの花丼 | トップページ | 根府川で釣る »